2002年下半期に見た映画の中で、なかなかやるなと思った映画ベスト10

1位 少林サッカー
   とにかく傑作。でぶっちょが空とんだり、鉄の頭のおっさんがいたり、脇役も凝っている。

2位 アザーズ
   何も予備知識なしで見に行ったので、なかなか良かった。オチは最後までわからず。

3位 ブラック・ホーク・ダウン
   ソマリア紛争から撤退する事になった米軍の作戦。ほとんどがノンフィクションの様な作品。

4位 トレーニング・デイ
   麻薬課に移動した新任の初日の出来事。実に一日が長い。

5位 サウンド・オブ・サイレンス
   精神科医の娘が人質にとられ、ある少女から過去に記憶された数字を聞きだすというストーリー。
   捻りのない展開だが、素直に楽しめる。

6位 ブレイド2
   バンパイヤとブレイドの戦い。アクションはなかなか。

7位 ニューヨークの恋人
   ラブコメとして、まあまあ楽しめる。ヒロインが簡単に過去に行ったのには・・・。

8位 トータル・フィアーズ
   旧イスラエルの不発弾がアメリカで爆発。一気にロシアとアメリカの緊張が高まる。
   こんなに簡単に全面戦争に突入してしまうの?という感じ。

9位 ハイ・クライムス
   ある日突然、弁護士クレアの夫トムが逮捕される。まあまあ楽しめる。ヒロインが気丈。

10位 タイムマシーン
   小説を映画化したもの。タイムマシンから見た世界は素晴らしい。
   ただ、あまりにも簡単に別の女性に惹かれるというのは、あれっと思った。


2002年下半期に見た映画の中で、期待はずれと思った映画ワースト3

1位 ジーパーズ・クリーパーズ
   予告編とコッポラで期待していたのですが、途中からのデタラメさに信じられない思い。
   久しぶりに、頭にきた!

2位 ザ・ワン
   期待しすぎた。B級SFものといった感じ。

3位 パニックルーム
   もう一つ、スリル感がない。あれでは、只の隠し部屋では。後半、警官を帰したのも分からないし、
   危険を冒してまで、歯向かう必要があったのか?また、途中で犯人の一人が帰ろうとしたのも解らない。

HOMEプロフィール