2001年7月〜2002年6月に見た映画の中で、なかなかやるなと思った映画ベスト10

1位 トラフィック
   3つの話題が同時進行し、やがて共鳴していく。映画の原点イントレランスを思い出した。

2位 キッス・オブ・ザ・ドラゴン
   ジェット・リー主演のアクション映画。これだけアクション満載の映画は久しぶり、堪能できます。

3位 スパイゲーム
   レッドフォードとブラピの競演。CIA物だが、テンポも良く、なかなかの出来映え。

4位 プルーフ・オブ・ライフ
   テロとの交渉人の映画。さすが、ラッセル・クロウといった所。

5位 スターリングラード
   ソビエトの若きスナイパーの戦場の恋、というよりもやはり見せ場は狙撃の場面か。なかなかの出来映え。

6位 レ・ベラメ
   とにかく、火災に対する消防隊の姿を丁寧に撮っている。いまいちストーリーが分らなかった。

7位 スコア
   モノクロの旧きよき時代の・・・

8位 スィート・ノヴェンバー
   キアヌリーブスもこの路線に定着してきた?

9位 コレリ大尉のマンドリン
   戦時中のオランダの孤島の話。大学時代のマンドリン部(合コン部)を思い出した。

10位 ソードフィッシュ
   ハッキングした金でテロ撲滅を図ろうという組織。いろいろと裏があります。


2001年7月〜2002年6月に見た映画の中で、期待はずれと思った映画ワースト4

1位 ハンニバル
   全体的にすっきりした部分がない。ラストも気分が良くない。

2位 猿の惑星
   初期の作品とは別物、期待しすぎた。

3位 沈黙のテロリスト
   セガールのアクションシーンも少なく、物足りない。何となくキレも悪い。

位 アンブレイカブル
   期待していたが、途中から間延びしてしまった。ラストへの繋ぎ、盛り上がりがない。

HOMEプロフィール