2001年上半期に見た映画の中で、なかなかやるなと思った映画ベスト10

1位 13DAYS
   キューバ事件を扱った映画。アメリカだと、これが良い映画になるんですね。

2位 クレイドル・ウィル・ロック
   大不況の真っ只中。ミュージカルを上演する演劇人の苦悩を描いた映画。
   勇気づけられました。

3位 U−571
   第2次大戦、荒波の大西洋で繰り広げられる熾烈な戦いを描いた映画。
   なかなかの大作です。

4位 ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
   一度は海を見たい。病院を抜け出した若者2人はとんでもない事件を起こしながら・・・
   ばかげてはいるが、見終わった後の爽やかさはなぜ?

5位 バッファロー’66
   孤独な若者と一人きりの娘。乱暴な出会いのあと二人の心は少しずつ寄り添う。
   映画の原点を見た気がしました。

6位 アート・オブ・ウォー
   国連所属のエキスパートが影で動いていた。サスペンス・アクションものとしては
   十分楽しめます。

7位 シュリ
   カリも含め、韓国映画もここまで来たか、という感。南北朝鮮統一を企む北朝鮮第8部隊、
   完成度は高い。銃撃シーンのカメラアングルが悪く、気分が悪くなった点はマイナス。

8位 マルコヴィッチの穴
   あなたは15分間ジョン・Mになれる。奇想天外な商売を始めた男女。奇想天外な映画です。

9位 バーティカルリミット
   k2を目指すクリマーもの。登山の映像のみであるが、なかなかの見ごたえ。

10位 クリムゾン・リバー
   優れた知能と鍛えぬかれた肉体の持ち主から生まれた子供。すべてはそこから始まった。


2001年上半期に見た映画の中で、期待はずれと思った映画ワースト3

1位 リプレイスメント
   アメフトの臨時雇いの映画。 キアヌリーブス主演であるが、全ての面で物足りない。

2位 追撃者
   弟の死に疑問を抱き故郷に戻るが。S・スタローン、M・ローク、M・ケインと役者は揃うが、
   もう一つ物足りない。

3位 ザ・ウォッチャー
   キアヌ・リーブスが連続殺人鬼の役に。存在感は見せるが、物足りない。
   マトリックスの反動でしょうか。

HOMEプロフィール