最後の湯「花山温泉」



花山温泉も本町温泉と同様、和歌山市内の街中にある天然温泉です。本町温泉
がJR和歌山駅の西側にあるのに対して花山温泉は駅東にあります。アクセス
は、駅東口から秋月経由バスが出ており秋月下車徒歩10分です。
私の場合、夜道をぶらぶら歩いて行きました。徒歩30〜40分でしょうか。

駅前で食事の際飲んだビールの酔いが覚めかけた頃、花山温泉に着きました。
外観は温泉旅館といった趣きで、駐車場にはかなりの車が停まっています。玄
関は開け放たれ人が行き交っており、周りが静かなだけ余計に賑やかに思えま
す。それにしても、20時を過ぎているというのに、これから入ろうとしてい
る人が何人かいます。私もそうですが。(^^;

自動販売機で入浴券(600円)を買い受付に渡します。この日は、風呂の日
(毎月26日)という事で次回入浴時の半額割引券を貰いました。ただし、
期限が11月25日なので使い様がありませんが。

さて、お風呂場ですが、手前から水風呂・ジェットバス・打たせ湯(壁にパイ
プが2本取り付けられた簡単な物)などありますが、ずんずんと奥に進みます
。おぉ〜、ありました。赤褐色のお湯がなみなみと注がれている湯船が2つ、
でんと横たわっています。

左手の湯船には5〜6人、右手の湯船には2〜3人入られています。ここでは
、この両湯船に人が集中しています。まずは、右の空いている方に入りました
。少し熱めのお湯に肩まで浸かっていると、濃厚なお湯の匂いが鼻を刺激しま
す。独特な匂いです。右手奥に湯溜りがあり、そこから熱いお湯が流れ込んで
います。それにしても、何と言おうかこの造りは豪快ですね。

少しして左手の湯船が空いてきたので、そちらに移りました。

うぅ〜。冷たい!こちらが源泉の様です。表面に油の膜が所々に見られます。
そして、こちらの方が濃厚そうです。2〜3分我慢して浸かっていると、すぐ
に慣れてきました。長湯には、こちらの方が良さそうです。ただし、こんな濃
厚なお湯に長湯はしたくありませんが。

飲泉場があったので飲んでみました。一言で言うと、えぐい。とても飲める代
物ではありません。しょっぱさ、苦味、酸味、渋み、色んな味が混ざっていま
す。匂いは、鉱物臭と金気臭がします。

旅行後HPで調べた所、成分は以下の通りでした。

ナトリウム806mg、マグネシウム1635mg、カルシウム3612mg
、鉄U45mg、炭酸水素3875mg、
成分総量21574mg/kg

本町温泉と比べ、マグネシウムと鉄分が多い分、えぐい味になっていると思わ
れます。

この湯船の隣りがガラス張りになっており、外に出られる様になっていたので
、もしかと思い出てみると露天風呂がありました。5〜6人が入れる湯船と小
さな庭があり、椅子が置かれています。湯船には赤褐色のお湯が張られていま
す。誰もいなかったので、こちらでゆっくりしました。
この後、何度か濃厚なお湯を楽しみ上がりました。

風呂上りに牛乳を飲みながらロービーでくつろいでいて、ふと時計を見ると、
いつのまにか22時前になっていました。のんびりしすぎて、1時間の遅刻で
す。これから家に帰れるでしょうか。半分諦めながら駅に向かいました。

結局、22時50分発天王寺行きに乗れ、最終の神戸線の電車に間に合いまし
た。v(^^;

南紀源泉湯めぐり紀行、これで完結です。
拙いレポートではありましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうござい
ました。

それにしても、和歌山の温泉、個性のある温泉が多いですね。私の中では株が
上がりました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:花山温泉
施設名:花山温泉会館
所在地:和歌山市鳴神
交通  :JR和歌山駅東口より(秋月経由)バス、秋月下車徒歩約10分
照会先:073・471・3277
泉質  :含二酸化炭素・鉄・カルシウム・マグネシウム−塩化物・炭酸水素塩泉
泉温 :24.6℃
PH :6.4
湧出量:118リットル/分
営業時間:8:00〜22:00 第2・4木曜休み
入浴料金:1000円(17:00〜21:00は600円)

HOME9湯目「本町温泉」