8湯目「白浜温泉崎の湯」



この方面に来た場合、やはりここの湯は外せません。西日本では、数少ない
大自然を満喫できる温泉だからです。

崎の湯を目指してR42を進みます。しかし、時間は十分にあります。
途中、「志原海岸」という道の駅で昼食にする事にしました。

偶然入ったのですが、駐車場が広くて大海原が見渡せて、食事を取るには最高
の場所です。防波堤に乗っかってみると、ほぼ180度、太平洋が見渡せます
。右手には砂浜があり、その向こうには千畳敷があります。千畳敷と言えば、
白浜ですが、もしかしてここは穴場かも知れません。

天気も良くのどかな平日の昼下がり、最高の景色の中食事を取ります。
お昼のメニューは、さつまいもと茹で玉子です。(^^;
それから、デザートにみかん。これも、前日一袋8個入り100円で買ったも
のです。少しでも荷物を少なくしないと。食事の後、少しうたた寝をし、出発
です。

平日という事もありスムーズに白浜・崎の湯に着きました。崎の湯の駐車場に
は10台程の車が停められますが、2台停まっているだけです。
タオルを肩に引っかけて崎の湯へ向かいます。

おぉ〜。思い描いていた通りの景色が飛び込んできました。
広々とした青空に、雄大な海、波は穏やかでキラキラと輝いています。そして
、荒々しい岩場にある露天風呂。お湯は透明のはずですが、薄く水色に光って
見えます。湯船の底に付着した温泉華と青空の加減でしょうか。
3年前と何も変わっていない事が何よりも嬉しいですね。

湯船の前にある簡易脱衣場(木の棚があります)で着替え、ゆっくりと岩の窪
みの様な湯船に浸かります。個性の強い湯が、じわじわと身体に染み込んでく
る感覚です。湯船の底に白い物が付着しており、見た目は硫黄泉の様な気がし
ますが、ここのお湯は重曹系の食塩泉なんですよね。大自然の中、しばし時を
忘れてのんびりと浸かりました。

次は、湯口の方へ移動します。(一段と深くなる部分があるので注意が必要で
す)ここら付近になると、さらに熱さは増します。熱めのお湯を手に濡らし舐
めてみます。潮の香りと塩辛い味は全然変わっていません。

源泉が流れ落ちる部分には、広範囲に温泉華が付着しています。一部、剥がさ
れている部分がありました。一瞬、今年起きた夏油温泉の石灰華が壊されたニ
ュースが頭をよぎりました。どこにでも不心得者がいるものです。
 


「白浜温泉崎の湯」 源泉の湧出口 温泉華がびっしり
 

その後は、おきまりの波打ち際に出ての仁王立ち。(とりあえず、エチケット
として腰にタオルは巻いています)ここまで来ると、さらに眺めは良くなりま
す。身体が冷えてきたので、また湯船へ。熱めのお湯なので長湯できないのが
辛い所。2度目の仁王立ちをと思った所で、人が多くなってきたので上がる事
にしました。

日本最古と言われる温泉であり、絶景の露天風呂でもある崎の湯。この温泉に
無料で入れる事を地元の管理している人々に感謝しつつ、白浜を後にします。
(ちなみに、日本三古泉は有馬・白浜・道後です)

この後、レンタカーを返し「田辺温泉」に行く予定だったのですが、待ち時間
が2時間程できる様になった為、予定を変更して和歌山市に行く事にしました

次は、和歌山市内の町中にある温泉「本町温泉」の紹介です。

詳細は以下の通りです。

温泉名:行幸温泉
施設名:白浜温泉 崎の湯
所在地:西牟婁郡白浜町白浜温泉
交通  :JR紀伊本線白浜駅よりバス15分、湯崎下車徒歩5分
照会先:0739・42・2215(白浜温泉旅館協同組合)
泉質  :ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
泉温 :83.2℃
PH :7.8
営業時間:8:00〜17:00(ただし、水曜日は13:00〜17:00)
     第4水曜休み
入浴料金:無料

HOME7湯目「えびね温泉」9湯目「本町温泉」