3湯目「ゆりの山温泉」



雲取温泉を出る頃には、辺りはもう真っ暗でした。
まだ、19時前のはずですが、日が暮れるのは早いですね〜。

ゆりの山温泉は、22時までやっているので、入る前に夕食を取る事にしまし
た。あらかじめ決めておいた、「竹原」というマグロ料理屋に向かいます。
JR紀伊勝浦駅の裏側の商店街という事でしたが、すぐに見つかりました。

カウンターのみの10席ほどの店ですが、ほとんど埋まっていました。旅行客
と見られる5人連れと地元の常連客です。丁度、テレビでは日本シリーズが放
送されていたので、即席近鉄応援団という感じで、すぐに解けこむ事ができま
した。

料理は、とりあえず「マグロ定食(1500円)」を注文します。マグロの刺身が
メインですが、ぶつ切りの中トロが何と言っても美味しかった。
この後、心臓(一皿700円ぐらい)と胃袋(一皿600円ぐらい)の辛味噌和
えを戴きました。心臓は、生姜とポン酢で戴きます。これらは珍味でした。

さて、前置きが長くなりました。
1時間程、休憩した後、「ゆりの山温泉」へ向かいました。
JR紀伊勝浦駅から、約5分程です。R42を串本方面へ進みます。すぐに、
大きな看板があるので、そこを右折して1〜2分です。

ここは、昔懐かしい温泉宿といった感じです。
お風呂場と思われる方から、子供のはしゃぐ声が聞こえてきます。地元の人達
の銭湯がわりかなと思いました。

玄関を入りますと、正面の受付にいる宿主と思われるお兄さんと目が合いまし
た。とりあえず、時間も時間なので、日帰り入浴させて貰いたい旨伝えますと
、結構ですよという、穏やかな答が返ってきました。
何となく嬉しいですね。よし、ゆっくり入るぞという気持ちになります。

玄関のすぐ右手がお風呂場です。脱衣場は、結構狭いです。先客が1人なので
助かりました。さて、浴室に入ります。左手に10人程が入れる湯船があり、
右手に洗い場があるだけのシンプルな作りです。

まず、目に付いたのは、湯船に豪快に注がれる源泉です。湧出された源泉が、
そのまま注がれている様に見えました。

深めの湯船に入ります。お湯加減は、結構温めです。注がれているお湯を両手
で受け止め、口に運びます。かすかに硫黄臭がしました。なめらかな、くせの
ない味です。

先客は、お父さんと小さな子供2人です。私が入るまでは湯船で潜っていた様
ですが、私が入ってからは、おとなしく首まで浸かっていました。なかなか、
きちんと教育されています。感心しました。ここのお湯は温めなので、子供達
にもお気に入りの様です。

しばし、注がれる源泉の音に耳を傾けながら、まぶたを閉じました。
それにしても、豪快です。これぞ、温泉でしょうか。

さて、体でも洗おうと洗い場に行き、カランをみてびっくり。
蛇口がありません。お湯が出っ放しです。横の蛇口もその横も・・・。いや、
全部です。呆れるばかりの贅沢さ。こんなの初めてです。
和歌山の温泉、なかなかやるな〜、と感心しました。

ここでも、1時間程ゆっくりしましたが、もう1湯行こうと思います。
次は、「勝浦温泉 はまゆ」です。

詳細は以下の通りです。

温泉名:ゆりの山温泉
施設名:ゆりの山温泉
所在地:那智勝浦町ニ川
交通  :JR紀勢本線湯川駅から徒歩約15分
照会先:0735・52・5106
泉質  :硫化水素泉
泉温 :38.5℃
営業時間:9:00〜22:00 毎週金曜日休み
入浴料金:300円
 

HOME2湯目「雲取温泉」4湯目「勝浦温泉はまゆ」