1湯目「奥熊野温泉」



神戸からJRで紀伊田辺まで行き、レンタカーで奥熊野温泉に向かいました。
途中、道の駅で翌日の楽しみのため、さつまいも(一袋、小さいのが10個入
って100円はお得です)を購入します。生卵は1パック(10個入り)が
300円もするので、パスしました。

さて、奥熊野温泉ですが、R311を走っていると、でっかい看板が出ている
ので見逃す事はないでしょう。田辺方面からですと、R311を左に逸れ5分
ぐらいです。

前もって、ボロホテル、怪しい建物という情報を持っていましたが、予想以上
の佇まいです。何も知らなければ、入るのに勇気がいるかも知れません。それ
よりも、廃屋と思い帰ってしまうかも知れません。(少し言い過ぎました。宿
主及び関係者の皆様、ごめんなさい)

恐る恐る建物に入り、受付で声をかけます。すぐに、お馴染みの白髪の老人が
現れました。入浴させて貰いたい旨説明し、500円払いました。受付の中で
かごで飼われている鷹、枝に乗っかっているオウムは健在の様です。

浴室は、すごくシンプルです。正面に10人程が入れる湯船があり、手前両脇
に洗い場があります。左手奥にあるパイプからお湯が注がれています。
 


「奥熊野温泉の内湯」 一見普通のお風呂に見えますが・・・
 

先客はなし。今回の旅行で一番入りたかった温泉を楽しむ事にします。
まず、お湯を手のひらで、すくってみます。さらっとした感じです。匂いは、
かすかに硫黄臭がします。かけ湯をしてから、湯船に浸かります。

「何なんだ、これは!」

愕然としました。
体全体に、さっと膜が付いた感じです。つるつる、ぬるぬる、ねとねと、この
種のお湯には色々な表現があるが、思い浮かばない。強いていえば、サラダ油
を全身に浴びた様な感じです。

重曹泉のつるつるとした感じでもないし、石油臭のあるお湯の様に湯面に油分
が浮いている事もないし、温泉いや泉質の奥深さをまざまざと見せ付けられた
思いです。

奥熊野温泉、噂に違わぬ凄い温泉です。
ただし、一般受けはしないでしょうね。重曹泉が好きな私ですが、ここのお湯
よりは、龍神温泉のお湯のつるつるさの方が好きです。カランの普通のお湯が
すごく新鮮に感じました。

湯船のお湯は、少し温めでしたが、正面の窓が閉められていた事もあって、入
浴中もポカポカしていました。
1時間程、貸切のお湯を堪能し、上がりました。宿主のお話も聞きたかったの
ですが、奥に入られていたし時間もなかったので、あいさつだけして出ました。

でも不思議です。1時間も入っていたのに、肌につるつる感が全くないんです
。うぅ〜ん。帰ってから考える事にしよう。

ここから、車で5分程にある「野中の清水」で喉を潤し、次の温泉「雲取温泉」に
向かいます。

詳細は以下の通りです。

温泉名:奥熊野温泉 女神の湯
施設名:ホテル アイリスヒルズ
所在地:西牟婁郡中辺路町近露
交通 :JR紀勢本線紀伊田辺駅からバス近露下車約15分
照会先:0739・65・0331
泉質 :ナトリウム−炭酸水素塩泉
営業時間:8:30〜21:30
入浴料金:500円

HOME2湯目「雲取温泉」