関東 ・ 中部



青木鉱泉
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
山梨県韮崎市清哲町青木
交通
JR中央本線韮崎駅よりタクシーで1時間(送迎車あり)
照会先
0422・51・2313
コメント
青木鉱泉、関西人にはなじみがないのですが(私だけかも)、・・鉱泉と言っ
ても、温泉です。関東には、他にも・・鉱泉と言う温泉地があった様に思いま
す。

ここに行くのには、結構苦労しました。国道20号線から、10キロ程入った
所にあるのですが、まず入り口が解りにくかった。前もって、宿の人から××
ハウスの側の道に入ってと聞いていたのですが、入っていくと××ハウスの工
場があり、トラックが停まっていて前に進めません。一見どう見ても、工場の
敷地内です。仕方なく、枝道を迂回して暫くすると基に戻ってきます。もしや
と思い、トラックと建物の僅かな隙間をすり抜け進めると、一般道に出ました


ほっとするのも束の間、舗装されていると疑わなかった私が愚かでした。今
回の旅行の初ダートです。おまけに、どう考えても堤防と思われる道を通った
りと、十分開き直って楽しめました。ただ、着いたときに真っ白になったボデ
ィーを見て、現実に戻りましたが・・・(こりゃー洗車しないとなぁー 1500円の
でいいか〜)

ここでも、どういう訳かお客さんは、私と千葉から来たというおじさんの2組
みでした。夕食は、同じ時間帯になったので、ハイキングや温泉の話で盛り上
がりました。ただ、宿の外は真っ暗で、ひっそりとしています。食堂には、こ
れからのシーズンの準備でしょうか、大きな櫓こたつが上座に設けられていま
した。



旅館名
青木鉱泉
おすすめ度
●●●●○
料金
15000円
料理
山菜料理ときのこ鍋
コメント
お風呂は内風呂だけですが、脱衣場も浴室も電灯の薄明かりの中だったので、
はっきりいって、怖かったです。

私がここを選んだ理由の一つに、山奥の宿に不釣り合いな落ち着いた雰囲気が
ありそうに思えた事ですが、その点は満足できました。

二つ目に、青木鉱泉という緑礬泉に入ってみたいというのがありました。こち
らの方は、私の経験不足という事でしょう。うまく表現できません。

湯船に浸かりながら色褪せた木造の天井ながめていると、ふと、何十年もここ
でこうして登山者達が入っていったんだなあと思ったりしました。


HOME地域別温泉情報


大滝温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
静岡県賀茂郡河津町梨本
交通
伊豆急行河津駅よりバスで40分
照会先
05583・5・7711
コメント
天城荘の温泉天国という看板に引き寄せられました。なにやら、今はやりのパ
ラダイスの類いでは?と思ったが、入ってみる事にしました


受付のおばーちゃんに、1000円払い更衣室の方に向かいかけると、おばー
ちゃんが呼び止めます。
「パンツで入るの、裸で入るの」と聞いてきます。
単なる露天風呂と思っていたので、
「普通、お風呂は裸で入るものでしょう?」と素直な気持ちで言ったのですが
、おばーちゃんは頷くばかりでした。

しばらくここの温泉について、おばーちゃんの話を聞いている最中に、女子更
衣室から、ぞろぞろと20歳前後の女の子が出てきたので、なるほどと思いま
した。

前置きが長くなりました。

温泉天国は、この受付から30m程降った渓谷の中に点在しています。ここが
全て天城荘さんの敷地とは信じられない程の広さです。

天城荘さんで貰って来た資料によると、次の通りになっています。

女性大浴場1つ(伊豆の石風呂42℃)
男性大浴場4つ(天城の岩風呂42℃、天城の冷泉15℃ 他)
女性内風呂1つ(玉の湯30℃)
男性内風呂2つ(薬草風呂42℃、見張の湯38℃)
女性野天風呂2つ
男性野天風呂1つ
ここまでが、宿泊客専用です。

ここからが外来客も入れる渓谷の中の露天風呂です。

・秘湯穴風呂(男女別)37℃
いわゆる洞窟風呂ですが、深さが1m程あり、奥行きも30m程あります。
十分サウナ効果があります。

・河原の湯5つ(混浴)36℃〜42℃
大滝を眺めながら入れます。ここでは一番の景観でしょう。

・かたたたきの湯(混浴)40℃

・25m温水プール(混浴)28℃〜32℃

・五右衛門風呂(混浴)40℃
五右衛門風呂が7つ並んでいます。それぞれの風呂から顔だけが出ている眺
めは、ユニークです。

・道祖神の湯(混浴)36℃

・水車の湯(女性用)40℃

・霊泉蛇湯(混浴)33℃

・子宝の湯(混浴)42℃
ここも洞窟風呂。ここのお湯かげんが一番気に入りました。

外来客は17時30分までだったので、半分ぐらいしか入れませんでしたが、
17時頃は空いていました。帰る頃には、宿泊客で込みはじめました。

女性は比較的若い人が多く、皆水着で入っていました。
男性は半々ぐらいです。

露天風呂で、水着で入っている所に裸で入るのは良い気分ではないですが、こ
こでは仕方ないでしょう。


HOME地域別温泉情報


熱海温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 2001年1月中旬
所在地
熱海市上宿町5−26
交通
JR東海道本線熱海駅から徒歩10分
照会先
0557・83・6021
コメント
いや〜、熱海温泉って良いですね。
駅前の雰囲気、温泉街の街並、旅館の佇まい、
久しぶりに本格的な歴史のある温泉にやってきた気がします。

昨晩、東名高速を飛ばして、熱海に着いたのは午前9時前です。
駅前右の商店街を抜けると、熱海温泉街に入ります。

休憩も兼ねてゆっくりできる様な温泉を探します。
まず、目に入ったのは、「南明ホテル」入浴1500円。あまりにも大型ホテ
ルなので、一応パスします。

少し歩く内に、大湯間欠泉なるものがある事がわかり、そちら方面に向かいま
す。途中、温泉たまごが作れる様な所があったり、湯煙がもうもうと立ち上が
っている所があったりと良いですね。

大湯間欠泉は、止まっていました。
なにやら説明書きがありましたが、通り過ぎようとした瞬間、轟音と共に噴き
上がりました。あたりをキョロキョロしました。まるで、誰かが様子見してい
てスイッチを押したかの様な絶妙なタイミングでした。
説明書きを見ると、大正初期までは定期的に噴出していたが、徐々に噴出しな
くなったそうです。しかし、昭和37年に工事を行ない復元させたという事で
す。現在は4分ごとに3分間噴出しています。

大湯間欠泉の先、湯前神社の隣りに日帰り入浴可能な所があるので行ってみる
事にしました。「日航亭 大湯」です。

老舗の温泉宿の様な感じです。
玄関を入ると、若い娘さんが応対に出てこられました。若女将かどうかは分か
りませんが、礼儀正しい言葉使いに関心しました。

まっすぐ進んだ所が男湯という事でした。
暖簾をくぐり、脱衣場に入ります。
あれっという感じでした。小さめの脱衣場には人がおりません。
下駄箱には2組の履き物があったので、先客がいるものと思っていたのですが


脱衣場に比べ、内湯は広めでした。
もうもうと湯気がたち込めています。そして、お湯が注がれています。
温泉は、こうでなくっちゃ〜。お湯加減も丁度良い。
前面の中庭?がもう一つですが、そんなの関係ありません。
湯船の中でうつらうつらしてしまいました。

露天風呂も同じ様な構造です。ふと横を見ると、怪しげな小屋があります。
サウナでした。屋外にあるサウナなんて初めて見ます。

露天風呂も良いですが、やはり内湯の方が落ち着けますね。
1時間30分程、貸し切り風呂を堪能しました。

玄関と男湯との中間付近に家族風呂というのがありました。スリッパが2足揃
えてあったので、中は確認できませんでした。

玄関を出た所で、10人程の団体さんと1組のカップルとすれちがいました。
やはり、貸し切り風呂はラッキーだった様です。

入浴後は川沿の道を下り熱海海岸へ。なかなか良い眺めです。

帰ってきてから、インターネットなどで調べてわかったのですが、熱海温泉で
は、「七湯めぐり」または「万歩計6000歩」で熱海温泉宿泊券などが当た
るキャンペーンを実施しているそうです。
七湯とは、昔の源泉の場所7ヶ所の事で、大湯・風呂の湯(水の湯)・佐治郎
の湯(目の湯)・河原湯・小沢の湯(平左衛門の湯)・清左衛門の湯・野中の
湯の七湯です。

私が見た温泉たまごが作れる所は、小沢の湯でした。
この事を知っていたら七湯めぐりしていたのですが、残念!

詳細は以下の通りです。

旅館名:日航亭 大湯
交通 :小田原厚木道路 石橋I.C.〜R135〜県道
石橋I.C.から約20km
泉質 :ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
営業時間:8:00〜21:00
入浴料金:1000円


HOME地域別温泉情報