関東 ・ 中部



白骨温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
長野県安曇郡安曇村白骨温泉
交通
松本電鉄上高地線新島々駅よりバスで1時間
照会先
0263・93・3251
コメント
白骨温泉の野天風呂(男女別)は、30m程の階段を降りた所にあります。自
動券売機で500円の切符を買い、受付に渡そうとしたが、いくら呼んでも出
てこないので、そのまま入ってしまいました。(もっとまじめにやってよ!)

入りにいくと、どういう訳か誰も入っていません。駐車場付近は混雑していた
ので、意外でした。円形の湯船は小さく、10人ぐらいでいっぱいでしょうか
?お湯は白色で熱めでした。しばらく入ってから、側にあるベンチに座り渓流
を眺めていたのですが、突如、落ち葉が舞い上がる程の風が吹き抜けました。
なにやら、晩秋の趣きがあります。


HOME地域別温泉情報


地獄谷温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
長野県下高井郡山の内町地獄谷温泉
交通
長野電鉄湯田中駅よりバスで15分、徒歩30分
照会先
0269・33・4376
コメント
お風呂は、内風呂(男女別、家族風呂)と露天風呂(混浴、女性用)がありま
す。
まず、内風呂に入ったのですが、先客が一人いるはずなのに姿が見えません。
おそらく、左手にあるドアの外に露天風呂があるのだろう。とにかく、内風呂
にゆっくり入ろうと思い入りかけた所で、先客のおじさんが戻ってきました。

挨拶を交わすと、おじさんは、なにやら興奮しているのです。
「露天風呂は、そちらですか?」と聞くと、
「最高や、なかなかないで、星がよう見えとるわ」と言います。
おじさんの只ならぬ気配が気になり、早速露天風呂に向かいました。

一瞬、背筋がぞくぞくときました。
まさに、別世界のようです。これだけの満天の星空を見るのは、いつ以来だろ
う。おもわず考えてしまいます。急いで湯に浸かり、寝ながら星空を眺めまし
た。熱めのお湯に、冷たい風が心地よく、川のせせらぎが情緒を高めます。申
し遅れましたが、満天の星空を眺めながらの入浴は初体験でした。

たぶん今の自分の姿は、先程のおじさんと同じなんだろうなと思います。



旅館名
後楽園
おすすめ度
●●○○○
料金
11000円
料理
山菜料理
コメント
宿の人から前もって行き方を聞いていたのですが、夜になるとなかなか解り図
らいものです。

簡単に説明しますと、渋温泉街を川に沿って突き当たりまで行きます。そこか
ら、約2キロの林道を登ると地獄谷温泉の駐車場に着きます。ここから、川沿
いの山道を500m程登った所が一軒宿の後楽館です。

私は、真っ暗闇の中、懐中電灯片手に山道を歩きました。小学校の時のキャン
プでの肝試しを思い出しました。


HOME地域別温泉情報


馬曲温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
長野県下高井郡木島平村
交通
長野電鉄木島駅よりタクシーで15分
照会先
0269・82・4028
コメント
雪が少し心配だったのですが、意外と広い走りやすい道で、案内板も頻繁にあ
って問題なく行けました。

馬曲温泉には、内湯と「望郷の湯」という露天風呂があります。湯船からは、
遠くの山々と、のどかな田舎の風景が見渡せます。また、時折吹いてくる風が
心地よく感じました。

平日の昼下がりなのに、結構混んでいました。ほとんどが地元の人らしくて、
(方言が似ていたので)戦時中の話などしていました。


HOME地域別温泉情報


別所温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 2000年1月中旬
所在地
長野県上田市別所温泉
交通
JR信越本線上田駅から上田交通別所線に乗り換え、別所温泉駅徒歩10分
照会先
0268・38・2020(別所温泉旅館組合)
コメント
上田駅からは、終点別所温泉まで30分程です。ワンマン列車で、もっとの
んびり乗れるかなとも思っていたのですが、途中に長野大学もあり結構若い
人が多く満員でした。

別所温泉のある塩田平は、「信州の鎌倉」と呼ばれ鎌倉から室町時代にかけ
ての歴史的価値の高い建築物が多く残されています。また、別所温泉は信州
最古の温泉と言われ、清少納言の枕草子では、好ましい湯として「七久里の
湯、有馬の湯、玉造の湯」と書かれ、この七久里の湯が別所温泉だと言う事
です。

別所温泉には3つの共同浴場があります。大師湯と石湯と大湯です。
大師湯は、比叡山延暦寺の座主円仁慈覚大師が訪れ好んで入浴した事が由来
だという事です。石湯は、真田幸村公隠しの湯と言われ天然の岩間をそのま
ま浴槽にしたものです。大湯は、日本武尊の東征の折発見されたと伝えられ
、木曽義仲が愛妾葵御前を連れて逗留したと「新平家物語」に書かれていま
す。

私は、外湯がある大湯に入りに行きました。
駅から歩いて10分程の所にありました。入浴料は100円です。一瞬10
00かなと見間違えた程です。安いですね。

建物は瓦屋根が立派で、左手に葵の湯の石碑がたっていました。
湯舟は6人も入ればいっぱいの大きさです。外湯も同じくらいの大きさです
。ただ、前面がガラス張りで天井も高いので、そんなに狭く感じません。お
湯は、ちょうど良い湯加減でした。お湯が注がれている所は、少し熱く感じ
ました。泉質は単純硫黄泉で、泉温は51℃という事です。

詳細は以下の通りです。

施設名:大湯(葵の湯)
所在地:長野県上田市別所温泉
交通 :上信越自動車道 上田菅平I.C.〜R144〜R143〜県道
上田菅平I.C.から約15km
日帰り入浴料金:100円
日帰り入浴時間:6時〜21時30分
定休日:第1・3水曜日
泉質 :単純硫黄泉
泉温 :51℃

施設名:大師湯
日帰り入浴料金:100円
日帰り入浴時間:6時〜21時30分
定休日:第1・3木曜日

施設名:石湯
日帰り入浴料金:100円
日帰り入浴時間:6時〜21時30分
定休日:第2・4火曜日

HOME地域別温泉情報


小谷温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 2000年1月中旬
所在地
長野県北安曇郡小谷村中土小谷温泉
交通
JR大糸線南小谷駅から小谷温泉行きバスで約30分※冬期は田中下まで約20分、田中下から送迎車で7分
照会先
0261・85・1221
コメント
ワンマン列車はうなりを上げ姫川沿いの線路を登って行く。
2年前に来れなかった小谷温泉。今回は、初めて列車での温泉の旅です。
大阪から糸魚川までは雷鳥5号で、糸魚川からは大糸線で南小谷まで行く所です


青春18キップの期限ギリギリまで待っての今回の旅の目的は、雪見風呂に入る
事です。その夢は叶わないかも知れません。
列車に乗っているのは、10人程の地元の人。都会から帰ってきたと思われる若
者に、4人掛けの座席の上に正座をして居眠りをするおじさん。この先、温泉地
はいくつかありますが、この時期の平日ともなると泊りに行く人も少ないようで
す。

さて、向かう先は雪が降っているだろうか。列車は平岩駅に到着します。ふと窓
の外を見ると、露天風呂が。ホテル白馬荘の露天風呂らしい。姫川沿いにあるこ
の露天風呂からの眺めは、たぶん壮快でしょう。しかし、列車からは丸見えです
。帰りに時間があれば、入ろうと思います。

南小谷からは田中下行きバスで20分程です。
このバスにも地元の人が5〜6人乗っているだけです。終点に近づくにつれ少な
くなり、とうとう私一人だけになりました。辺りの山肌には残雪が見られますが
、路上には雪は見られません。

田中下には、私一人の為に宿の車が迎えに来てくれていました。ここからは6〜
7分ですが、次第に路上の雪が増え始め、宿に着く頃には、立派な雪化粧に。
細雪も降り始め、嬉しくなりました。
今夜泊る山田旅館は、温泉ガイド本の写真で見ていた通り、湯治場の雰囲気のす
る良い感じの宿です。

早速、公共の露天風呂さがしに出かけました。ここからは、中谷川上流に歩いて
行きます。冬期は通行止めの道です。遥か下を流れる中谷川の眺めは素晴らしく
なんて空気がうまいんだろう。雪道を歩くこと15分、雨飾荘に到着しました。
ここは、冬期は休業しています。宿はすっかり冬支度を終え、強烈な雪に備えて
います。ここから、5分程の所に露天風呂はありました。雪を掻き分け看板の方
へ向かいましたが、湯気が昇っていません。露天風呂は雪に覆われていました。

小谷温泉は1555年頃発見されたそうで、ドイツで開催された温泉博覧会に、
日本を代表する四大温泉(別府、登別、草津、小谷)の一つとして出品されたそ
うです。そして、出品したのがこの宿の17代当主だと言う事でした。

小谷温泉の泉温は45.8℃ですが、ここの宿の浴室へは、ちょうど入浴に適し
た温度になる様にうまく導かれているそうです。何でも、浴室の設計をしてから
部屋などの設計をしたようです。浴室には、湯が2mの高さから落ちる打たせ湯
に寝湯があり、湯舟は3×2.5mぐらいです。
泉質はナトリウム・炭酸水素塩温泉(重曹泉)で無色透明です。飲用した所、少
し炭酸味を感じました。

お風呂は、この元湯の他、増改築されたばかりの別館の方に健康館浴室(内湯、
露天風呂)があります。ただし、この日はお湯が入っていませんでした。

夕食は、食堂の方で戴きました。
冷奴、酢の物、焼き魚(ぶり)、天婦羅、ぜんまい、野沢菜、シチュー、刺し身
(海老、マグロ)、団子、味噌汁 等です。味の方は、まあまあでした。

お部屋は、江戸時代に建築されたという本館に泊りました。12畳一間で隣部屋
とは障子1枚です。すごく歴史を感じさせる古い部屋でした。暖房は炬燵と石油
ストーブだけでしたが、寝る時は布団だけでも寒くはなかったです。

宿の周りには、雪を溶かす為の池(温泉)があります。雪が解ける時期になると
土で埋められるそうですが、良く考えています。

帰りは、現在の当主に送ってもらいました。

詳細は以下の通りです。

旅館名:山田旅館(日本秘湯を守る会 会員)
交通 :長野自動車道 豊科I.C.〜R147〜R148〜県道
豊科I.C.から約75km
宿泊料金:11000円(サ込・税別)
泉質 :ナトリウム・炭酸水素塩温泉(重曹泉)
泉温 :45.8℃

HOME地域別温泉情報