関東 ・ 中部



沢渡温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
群馬県吾妻郡中之条町上沢渡
交通
JR吾妻線中之条駅よりバスで30分
照会先
0279・66・2011
コメント
沢渡温泉へは、草津温泉から日本ロマンティック街道を通り行きました。昔の
峠の街道の面影が残る道らしいのですが、通ったのが7時頃でしたから、ただ
の真っ暗な道でした。(^^;)

私は、「まるほん旅館」に泊まりました。
ここのお風呂は、内風呂のみで大浴場(混浴 女性専用の時間帯あり)と家族
風呂と婦人風呂があります。

大浴場は、木造の建物で、昔の温泉場の良い雰囲気があります。
ぎしぎし音がする階段を降りて行くと板場の脱衣場があります。そこから一段
下がった所に桧の洗い場と湯船が2つあります。

お湯は、なめらかでちょうど良い湯加減です。
「じょぼじょぼじょぼ」単調なお湯のそそがれる音を聞いている内に、うとう
としてしまったみたいです。
隣りの湯船に入っているおじさんも、どうやら寝込んでしまった様です。

秋の夜長、この様な長湯も良いものです。



旅館名
まるほん旅館
おすすめ度
●●●●○
料金
15000円
料理
山菜料理
コメント
到着が遅くなったにもかかわらず、お風呂を優先してもらい、食事を部屋でい
ただきました。宿の人の対応には感激しました。部屋もりっぱで、おすすめの
旅館です。


HOME地域別温泉情報


四万温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
群馬県吾妻郡中之条町大字四万
交通
JR吾妻線中之条駅よりバスで40分
照会先
0279・64・2336
コメント
草津温泉からは、日暮峠を越え沢渡温泉の先を四万川に沿って北上します。

日本最初の国民保養温泉としての四万温泉は、四万川に沿って「温泉口」、「
山口」、「新湯」、「ゆずりは」、「日向見」と続きます。
立寄り湯としては、清流の湯(温泉口)、上の湯(山口)、河原の湯(新湯)
、御夢想の湯(日向見)があります。

四万温泉は、鄙びた宿があるかと思えば、近代的な大型旅館があったりします


私は、四万温泉の奥、日向見薬師堂近くの「中生館」に泊まりました。ここの
宿は、まさしく山間の鄙びた温泉宿の雰囲気を漂わせています。

川のせせらぎを聞きながら、窓の外の晩秋の風景を眺めていると、心が洗われ
ます。

お風呂は、内湯が2つ(混浴、女性専用)と露天風呂があります。

「月見の湯」と呼ばれる露天風呂は、渓流沿いにあり、3人も入ればいっぱい
になります。この湯船の真ん中に平たい岩が置かれあり、この岩が邪魔になっ
て足が伸ばせません。邪魔だなぁと思っていたのですが、もしやと思いその上
に寝てみました。なるほど、ちょうど体全体が湯に浸かって月見ができます。
「ははぁー」と一人納得しながら入りました。

さらに、ここから小橋を渡った所に「かじかの湯」があります。2m四方の岩
風呂が2つあり、野趣満点です。



旅館名
中生館
おすすめ度
●●●●○
料金
10000円
料理
山菜料理
コメント
とにかく静かな所です。川のせせらぎ以外、何も聞こえません。
親切な美人女将が印象に残りました。

HOME地域別温泉情報


草津温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 2000年1月中旬
所在地
群馬県吾妻郡草津町
交通
JR吾妻線長野原草津口駅よりバスで30分
照会先
0279・88・3131(草津町観光商工課)
コメント
湯の平温泉から草津温泉までは、日本ロマンチック街道で8.5kmです。
ただし、この路線はバスが走っていないので、一度長野原草津口駅に戻り、
草津温泉行きバスに乗り換えなければいけません。

待ち時間も合せると1時間40分かかる事になります。そこで、天気も良い
事だし、草津まで歩く事にしました。

2年前一度車で通っていますが、夜だったのであまり良く覚えていません。
湯の平温泉を出てすぐの橋の所から白砂渓谷が一望できました。白砂川の清
流の青さが綺麗です。

最初は緩やかな上り道でしたが、R405との交差点からぐねぐねした上り
道が続きます。3km程でしたが、結構きついものがありました。それでも
、1km10分のペースで歩き続けました。

途中、上州湯ノ湖という所があったのですが、時間がないのでパスしました
。後で旅情報誌(ぐんまMOOK)で調べたのですが、「同湖は草津温泉か
ら流れる強い酸性の湯害をふせぎ、水質を改善する役割を持つ中和生成物の
沈殿池としてできた人造湖で、石灰石を多く含んでいる為、乳白色がかった
エメラルドグリーンの湖面が美しい」そうです。
次回は、是非見に行こうと思います。

長い上り道が終わった所に諏訪神社があったので、休憩する事にしました。
神社はすごく寂れていました。辺りにはあまり民家がなく、忘れ去られた様
な感じです。草津の地図を見ながら15分程休んでいましたが、先程かいた
汗が冷たくなって来たので出発する事にしました。

ここから先、遠くに見える草津の町を見ながら一歩一歩歩いて行きました。
草津温泉に入りすぐの所に「大滝乃湯」がありました。ここまで、1時間3
0分程かかりました。

昨日までは、「西の河原露天風呂」に入ろうと思っていたのですが、1度入
っているので、こちらの方に入りました。草津出発のバスに乗るためには、
1時間20分しかありません。

大滝の湯は、結構大きな温泉施設です。お風呂は、大浴場・サウナ・打たせ
湯・露天風呂・あわせ湯とあります。早速、大浴場に入り人心地つきました
。この後、露天風呂に入りましたが、やはり物足りないものがあります。

次にあわせ湯に入りました。あわせ湯は、自然冷却方式の100%ピュアな
温泉で、源泉が5つの浴槽を順にめぐっています。手前の2つの浴槽が熱い
のでしょうか、誰も入っていないので入りました。確かに熱いですが、入れ
なくもありません。3分程入ってから、他の2つに入り出ました。

時間は後50分しかありませんが、やはり「西の河原露天風呂」に入ろうと
思います。草津の湯を実感できるのは、あそこしかないという気がします。
大急ぎで着替え、湯畑通り過ぎ、西の河原通りを進みます。温泉まんじゅう
の呼び掛けを振り切り急ぎました。

西の河原公園を通り抜け、西の河原露天風呂に飛び込みました。入浴料50
0円を払い、脱衣場に向かいます。先客が3人いましたが、私と入れ違いに
出て行きました。なんと、私一人になってしまいました。雪がちらほらして
いて良い感じです。

もうもうと立ち上がる湯気。この酸性泉のにおい。広々とした露天風呂。思
わず泳ぎだしていました。こんな温泉、一人占めにして良いのでしょうか。
しかし、残念ながらあまり時間がありません。この眺め、温泉を実感しなが
ら入りました。とりあえず、記念撮影を済ませバスターミナルに向かいまし
た。

なんとか、発車3分前に乗り込む事ができました。

詳細は以下の通りです。

施設名:大滝乃湯
交通 :関越自動車道 渋川伊香保I.C.〜R17〜R353〜R145
渋川伊香保I.C.から約60km
日帰り入浴料金:800円
日帰り入浴時間:9時〜22時(6/1〜9/30)※最終入館21時
9時〜21時(10/1〜5/31)※最終入館20時
※12/1〜15は休館日(詳細はお問合せ下さい)
照会先:0279・88・2600

施設名:西の河原露天風呂
露天風呂面積:500u
日帰り入浴料金:500円
日帰り入浴時間:7時〜20時(4/1〜11/30)※最終入館19時
9時〜20時(12/1〜3/31)※最終入館19時
照会先:0279・88・6167
泉質 :酸性−硫酸塩・塩化物温泉
泉温 :95℃

HOME地域別温泉情報


尻焼温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
群馬県吾妻郡六合村入山
交通
JR吾妻線長野原草津口駅よりバスで40分
照会先
0279・95・3111
コメント
尻焼温泉は草津の北東部、長笹川の上流にあり、山間の鄙びた温泉地の雰囲気
があります。

共同露天風呂は、この長笹川の河原にあります。
まず、上流に向かって右手に小さな木造の建物があり、この中に小さな湯船が
ありました。お湯は、源泉がそのまま注がれていて、熱くて長く入る事ができ
ません。
また、左手にはビニールシートで作った露天風呂がありました。こちらの方は
ちょうど良い湯加減でした。

10時頃入りに行きましたが、見物人が何人か来た以外、入ろうとする人はい
ませんでした。

有名な「川の湯」が目当てだったのですが、やはり入る事ができませんでした



HOME地域別温泉情報


湯の平温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 2000年1月中旬
所在地
群馬県吾妻郡六合村湯の平
交通
JR長野原草津口駅から花敷温泉行きバスで約25分
照会先
0279・95・3221
コメント
湯の平温泉へは、長野原草津口駅から花敷温泉行きバスで25分程でした。
バス停から少し下った所に湯の平温泉の入口があります。ここから宿までは、
10分程歩く必要があります。長い下り坂を降りて行くと、白砂川に架かる吊り
橋があります。50m程の長さで、渡る時には少し揺れます。ここからの白砂渓
谷の清流の青さには素晴らしいものがあります。

吊り橋を渡ると、宿までは上り道が続きます。途中、左手に露天風呂が見えまし
た。渓流沿いに湯煙が上がっており、なかなか良い感じです。

宿は白砂渓谷の斜面に張り付く様に建っており、周りは原生林に囲まれています
。木造平屋建ての本館と、渡り廊下でつながった新築の2階建ての別館がありま
す。この日の泊まり客は2組で、別館の方で泊りました。

部屋は、8畳一間でベランダ、トイレ、洗面所が付いていて、すごくきれいです
。窓からの眺めは、原生林に覆われているので、あまり良くはありません。

夕食の前に、お風呂に行きました。外は暗くなりかけているので、内湯の方に行
く事にします。浴室は、右手がガラス張りになっており、眺めは良さそうです。
湯舟は、6×2mの湯舟と3×2mの湯舟の2つに分かれています。大きい方が
湯温が高く、ちょうど良い湯加減でした。小さい方は温めでした。

泉質はナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物温泉です。川原湯温泉と同じで
すが、硫黄臭はしませんでした。飲用した所、少し苦味を感じました。

夕食は、食堂で戴きました。
ぼたん鍋、てんぷら、鯉のあらい、岩魚の塩焼き、山菜のうに味噌和え、酢の物
、松茸のお吸い物、みかん 等でした。
もう1組のお客さんは、年輩の御夫婦で4人連れでした。少し話をしましたが、
この宿は、お客さんどうしが気軽に話しができる雰囲気があります。

夕食後は、露天風呂に入りに行きました。
結構長い階段を降りて行きます。渓流沿いに露天風呂がありました。
8×4mぐらいの岩風呂です。お湯は少し温めでしたが、中央にある2つの岩の
片方の下からぷくぷくとお湯が湧き出ていました。この辺りは、ちょうど良い湯
加減です。

先週テレビで2度ここの露天風呂が紹介された様ですが、人気があるのが解かり
ます。この様なシチュエーションの露天風呂はなかなかありません。山間の一軒
宿の渓谷の露天風呂。バスが近くまで通ってなかったら、正しく秘湯中の秘湯で
しょう。

本当に静かです。川のせせらぎとポフポフという音。星は見えません。時折、上
の方で車のヘッドライトが行き過ぎていきます。すごく静かで、時間がゆっくり
過ぎていきます。いくらでも、時間をぜいたくに使っても良い温泉の様な気がし
ます。

何時眠りについたかは覚えていませんが、明け方寒さで目が覚めました。暖房を
入れて、もう一眠りしました。結局、7時すぎまで寝てしまいました。いつもは
朝一番にお風呂に入りに行くのですが、8時から食事なので食後にもう一度露天
風呂に入りに行きました。

夜中の露天風呂も良いですが、朝の露天風呂も良いものです。朝日が湯面に漂う
湯気を照らす中、自然を実感しながらの入浴。露天風呂の醍醐味です。

詳細は以下の通りです。

旅館名:松泉閣(日本秘湯を守る会 会員)
交通 :関越自動車道 渋川・伊香保I.C.〜R17〜R353〜R145
〜R292
渋川・伊香保I.C.から約57km
宿泊料金:12000円(サ込・税別)
泉質 :ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物温泉
泉温 :74.9℃

HOME地域別温泉情報


川原湯温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 2000年1月中旬
所在地
群馬県吾妻郡長野原町川原湯
交通
JR吾妻線川原湯温泉駅から徒歩約15分
照会先
0279・83・2591(川原湯温泉組合)
コメント
川原湯温泉では1時間30分程ありますが、行く先はもう決まっています。
2年前に訪れた際、時間がなく諦らめた「聖天様 露天風呂」です。
その時は、もう入れないかも知れないと諦らめていたのですが、ダム完成は
まだまだ先の様で、今回入る事ができました。

駅からは国道をまたいですぐのゆるやかな坂道を15分程歩きます。左手に
温泉街の案内板があり、すぐ先の階段を上がって行くと、ありました。

先客は3人です。若いおにいさんと良くしゃべるおじさん、そして「超秘湯
」の著者の坂本さんにそっくりなおじさん。(本人かも知れません)挨拶を
してから中に入らせてもらいました。

お湯は少し熱めです。源泉が注がれ、ホースの水で調整されています。
それにしても、ここからの眺めも絵になります。先程降りた川原湯駅周辺が
見渡せます。結構歩いて来たのか、駅に入って来る電車が小さく見えます。

そして、心地よい風が吹いてきます。5分程入っては、少し涼み、また入り
ます。30分程入っていましたが、地元の人が2人来られました。さすがに
、6人が限度の広さです。明日の「湯かけ祭り」の話など聞きました。
この後15分程で、地元の人に感謝しつつ、この無料の露天風呂を後にしま
した。

まだ少し時間があるので、川原湯神社に参りに行きました。共同浴場の「王
湯」前には、明日の「湯かけ祭り」の準備をしていました。毎年1月20日
の早朝に、裸で温泉をかけ合うイベントです。

川原湯神社内に源泉の出ている所があり、温泉たまごを作っていました。地
元のおにいさんに聞いた所、白身よりも黄身が柔らかくなるという事でした
。その時は、そうかと思っていたのですが、良く考えてみると普通の半熟卵
なのでは?

川原湯温泉の泉質は、カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物温泉という
事ですが、硫黄臭がしました。泉温は、78.9℃です。

詳細は以下の通りです。

施設名:聖天様 露天風呂
交通 :関越自動車道 渋川伊香保I.C.〜R17〜R353〜R145
渋川伊香保I.C.から約40km
日帰り入浴料金:寸志
日帰り入浴時間:8時〜21時
泉質 :カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物温泉
泉温 :78.9℃

HOME地域別温泉情報


法師温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 2000年1月中旬
所在地
群馬県利根郡新治村永井650番地
交通
上越新幹線上毛高原駅から猿ヶ京温泉行きバスで約35分、ここで乗り換え法師温泉行きバスで約25分
照会先
0278・66・0005
コメント
越後湯沢からは新幹線で上毛高原まで向かいました。そして、上毛高原から
は、猿ヶ京温泉行きバスで猿ヶ京まで行き、そこからは法師温泉行きバスに
乗り換えます。

猿ヶ京温泉行きバスでは、やはり地元の人が5〜6人乗っているだけです。
終点では、私一人になっていました。

待ち時間が30分あったので、共同浴場を探しに行きました。
国道を逸れ脇道を歩くこと15分、「村営いこいの湯」がありました。
結構新しい木造の建物です。入口のドアは開いていましたが、誰もおりませ
ん。営業していない様な感じです。

法師温泉行きバスでは、私一人でした。
国道から法師温泉に行く細い道に入ったとたん、10数匹の猿に出くわしま
した。そうか猿ヶ京です。猿がいてもおかしくはないか。バスの運転手さん
が「たくさんいますよ」と楽しく話しかけてきました。
20分程で法師温泉に着きました。

法師温泉の印象は、少しばかり思っていたのと違いました。もっと鄙びた感
じだと思っていましたが、鄙び系というより歴史のある湯治場という感じが
しました。明治8年に建てられた本館は、旅篭の雰囲気のする良い感じの建
物です。乳頭温泉郷の鶴の湯温泉と共通する所があります。

宿に到着すると、番頭さん他女中さん6〜7人が出迎えてくれました。
玄関を入った所には、昔の宿の写真や柱時計、句歌、墨跡、年季の入った囲
炉裏などが見られます。廊下には、映画「眠る男」の写真などが飾られてい
ます。

部屋は、6畳一間にベランダ付きの小さな部屋でした。ただ、ベランダから
の眺めは気に入りました。川のせせらぎ、川向こうの木造の建物、良い雰囲
気です。

早速、お風呂に入りに行きました。
思っていたより全体的に小さく感じました。ただ、薄明かりの中、このお風
呂はすごく落ち着けます。明治28年に完成されたという鹿鳴館風の浴場。
湯舟は4つに区切られ、それぞれには杉の丸太で2つに区切られています。
湯舟の底には、玉砂利が敷き詰められています。

30分程入っていましたが、他に1人入っているだけです。ここのお風呂は
会話不要の様に思います。その様な雰囲気があります。
この雰囲気を感じるには、泊りでの入浴をおすすめします。

手前の2つの湯舟の湯が「旭の湯」で、奥が「寿の湯」だったと思いますが
、手前の方がちょうど良く、奥の方は温く感じました。
泉温は43℃、泉質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉(石こう泉)です。
飲用してみた所、ほんのりとした苦味がありました。

この湯は混浴で、湯舟の両側の窓の下に脱衣場があり、女性は入りにくいか
も知れません。

湯上がり後は、重曹泉ではないのでお肌ツルツル身体ポカポカという事はあ
りませんが、浴場の雰囲気が静かなので、のんびりとした感じになりました


夕食は、部屋の方で戴きました。
鴨のバター炒め、鯉こく、鯉のあらい、岩魚の塩焼き、煮物、茶碗むし等で
す。結構、美味でした。
朝食も、部屋の方で戴きました。

夕食後、もう一度お風呂に行きました。
先客が2人いました。左奥のぬる湯が開いていたので、そちらに入りました
。天井が高く、アーチ型の窓が歴史を感じさせます。窓から湯気がにげる様
になっているのでしょう。ぼんやり漂っている湯気は、湯面から2m程でな
くなります。湯面には行灯の灯りが鮮やかに照らされ、いくつにもなって見
えます。ふと瞼を閉じてみました。聞こえてくるのは、川のせせらぎとお湯
が湯舟に注がれる音のみ。静かです。

お風呂は、この内湯の他に女性専用の内湯があります。午前7時〜8時は、
男女入替となっていました。こちらの方の浴室は新しく、湯舟は2×5mぐ
らいでしょうか。

法師温泉では、現在新しい内湯と露天風呂を建築中です。今春、完成するそ
うです。広さは、現在の内湯と同じぐらいに見えました。

詳細は以下の通りです。

旅館名:長寿館(日本秘湯を守る会 会員)
交通 :関越自動車道 月夜野I.C.〜R17〜県道
豊科I.C.から約25km
宿泊料金:13000円(サ込・税別)
泉質 :カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉(石こう泉)
泉温 :43℃

HOME地域別温泉情報


猿ヶ京温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 2000年1月中旬
所在地
群馬県利根郡新治村猿ヶ京121番地
交通
上越新幹線上毛高原駅から猿ヶ京温泉行きバスで約35分
照会先
0278・66・1221
コメント
法師温泉を9時15分に発ち、猿ヶ京温泉行きバスに乗り込みます。
猿ヶ京温泉からは沼田センター行きバスで後閑駅まで行く予定ですが、1本
遅らせて猿ヶ京温泉で一風呂浴びようと思います。

出発までには1時間30分程ありますので、まずは温泉街をぶらぶらする事
にしました。

神明神社から民宿が立ち並ぶ温泉街を抜け、猿ヶ京ホテル・長生館といった
大型旅館が立ち並ぶ方面に向かいます。三国路紀行文学館は休みでした。
長生館を過ぎた所に吊り橋があったので、渡ってみましたが、結構良い眺め
でした。この辺りでは、バンジージャンプが出来る様です。この後、国道へ
出て猿ヶ京温泉入口まで戻って来ました。

三国街道の中でも難所と言われた三国峠を往来する旅人達の疲れを癒したの
が、街道沿いの奥平・法師・川古・猿ヶ京・湯宿の温泉で、それらは猿ヶ京
三国温泉郷と総称され、その代表的な温泉が猿ヶ京温泉だという事です。

ただ、猿ヶ京温泉というのは、昭和33年に相俣ダム建設のため赤谷湖へ沈
んだ湯島湯温泉と笹の湯の2つの温泉が移りできたそうです。

ところで、猿ヶ京という名前は、戦国時代、この地に陣を張った上杉謙信が
名付けたとされています。

永禄三年(1560年)、上杉謙信が三国峠を越えて当時宮野と呼ばれてい
たこの村にやってきた時のこと、奇妙な夢を見たそうです。
謙信が宴のごちそうを口に入れたとたん、前歯が八本ぞろりと抜けて手の中
に落ちてしまうというものでした。
大声をあげ目を覚ました謙信は、「戦の前に嫌な夢を見てしまった」とつぶ
やきました。すると家来が、「殿様、それは不吉な夢どころか良い夢でござ
います。かたっぱしから関八州を手中にするという夢です」と夢占いをして
みせたそうです。
その話に機嫌を良くした謙信は、「それはめでたい。それなら今日は庚申の
年、申の月、申の日、我も申の年生まれじゃ。この土地を申ケ今日と改める
ぞ」と言い、以来この地は申ケ今日が訛り、猿ヶ京と呼ばれるようになった
といいます。

さて、話が横道に逸れました。
猿ヶ京温泉入口の信号を左折して5分の所に、ホテル湖城閣があります。
もと城跡の高台に位置する好立地とユニーク風呂で有名だという事です。猿
ヶ京温泉では、長生館の露天風呂かここのユニーク風呂かで迷ったのですが
、こちらを選びました。

私が訪れた時は、大浴場は清掃中で混浴の露天風呂の方だけOKでした。
売店のおねえさんに案内され、露天風呂へ向かいました。

さすがに、ユニーク、立派なものです。
赤谷湖を見渡せる露天風呂、大樽風呂、美人大釜風呂、長寿年輪風呂、寝湯
年輪風呂、五右衛門風呂とあります。とりあえず、一通り入って見ましたが
、やはり赤谷湖を眺めながらの露天風呂が一番です。温度的には大樽風呂が
ちょうど良い湯加減でした。30分程入っていましたが、もちろん訪れる人
は誰もおりません。

猿ヶ京温泉を満喫して、沼田センター行きのバスに乗り込みました。

詳細は以下の通りです。

旅館名:ホテル 湖城閣
交通 :関越自動車道 月夜野I.C.〜R17
豊科I.C.から約15km
日帰り入浴料金:800円
日帰り入浴時間:8時〜14時
泉質 :カルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物温泉
泉温 :42℃〜64℃

HOME地域別温泉情報


湯の小屋温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 2000年1月中旬
所在地
群馬県利根郡水上町藤原字湯の小屋6158
交通
JR水上駅から湯の小屋温泉行きバスで約60分
照会先
0278・75・2211
コメント
水上駅からは湯の小屋温泉行きバスで1時間程です。待ち時間が30分程あ
りますので、駅前のお土産やさん&喫茶でコーヒーを戴きました。喫茶と言
ってもここでコーヒーを飲む人は少ないのでしょうか、居間のような所で戴
きました。

この店のおばあちゃんの話を聞きながら、暖めてくれた温泉まんじゅうを戴
きました。隣りにおじいちゃんもいましたが、テレビの水戸黄門に夢中です
。地方に旅行に行った時には、こういう一時が一番嬉しいですね。

水上駅から4時40分発の湯の小屋温泉行きのバスに乗り込みました。乗客
は、5〜6人程です。舗装された道をどんどん上って行きます。次第に窓の
外は暗くなり、乗客も少なくなっていきます。路上には雪は積もっていない
様です。今朝から日本海中心に大寒波が来ており、長岡市内にも積雪があっ
た様ですが、この辺りは降っていません。路肩に残雪がある程度です。

まもなく終点です。窓の外はもう真っ暗です。はたして、すぐ宿を見つけら
れるだろうか。心配していた所で、運転手さんが、「洞元荘で降りられる人
はおりませんか」と教えてくれました。どうやら降りる所は終点ではなさそ
うです。しかも、バス停の前には大きな洞元荘の石造があり、宿はすぐわか
りました。運転手さんにお礼を言い、宿に向かいました。

宿はもう立派なものでした。秘湯系の宿だと思っていましたが、全然違いま
す。受付はフロント形式で、都会のホテル並みです。館内には、音楽(琴)
が流れており、すごくリラックスさせます。また、廊下が広く取られており
、すごく贅沢な飾り付けがしてあります。

部屋の方も綺麗でした。12畳半一間で広めのベランダにバス・トイレ・洗
面所付きです。ベランダの厚めのカーペットや2種類のお茶(緑茶、烏龍茶
)を用意している所などなかなか細かい所に気を使っています。

食事の前にお風呂に行きます。とりあえずは、大浴場に行きました。
脱衣場も綺麗に整理整頓されています。浴室は前面がガラス張りになってお
り、20人程が入れる大きさです。カランは16あり、シャンプー・ボディ
シャンプーもあります。洗い場も広く取られていました。
泉質は単純泉で、ちょうど良いお湯加減でした。

食事は部屋の方で戴きました。
鍋物、天婦羅、刺し身、岩魚の塩焼き、茶碗むし、山菜 等です。
料理は、種類も味もOKです。ただし、最初に全て出てくる点がもう一つで
す。料理は、熱い物は熱く、冷たい物は冷たくが基本だと思いますから。人
件費などもありますから難しいかも知れませんが。他が完璧なだけに気にな
りました。まあ、団体客も来るそうですから、これで良いのかも知れません


食後は疲れもあったのか、一眠りしてしまいました。22時頃起き窓の外を
見ますと、なんと雪が降っていました。しかも結構積もっています。先程、
内風呂に行った時には積もっていなかったのですが、外は雪景色に変わって
いました。

露天風呂は明日の朝に入ろうと思っていたのですが、雪の中入ってみたくな
り、出かけてみる事にしました。ひっそりとしているフロントを横目に、露
天風呂へ向かいます。外の寒さはそれ程でもありませんが、裸足に下駄で行
けるだろうか。20pは積もっているだろう。たぬきだと思われる足跡が微
かに残っているのみです。露天風呂はどこだろう。

左手にそれらしい看板が見えます。じっとしていると、どんどん浴衣が白く
なっていきます。それよりも、足が冷たい。少し階段を降りて行くと、あり
ました。ガイド本などで見ていた露天風呂です。

早速、飛び込みました。実際、雪がしんしんと降っている中で入るのは、初
めてでした。周りの木々、岩肌はほとんど白く雪化粧しています。正面にラ
イトアップされている部分が鮮やかです。今迄、暖冬で降らなかったのがウ
ソの様にひっきりなしに降っています。しばらく、あずまやの方で見とれて
いたのですが、雪の降る中に入ってみました。すぐに肩や頭に雪が積もりま
す。すぐそばの雪で雪玉を作って投げたりしました。すぐ解けてしまいます
。枝に積もっていた雪がどさっと落ちてきてびっくりしました。

どのぐらい時間がたっただろうか。雪はしんしんと降っています。
少し寂しいが、今回の旅で求めていた光景にようやく出会えた様に思います
。すごく満足しました。ただ、帰り道の足の冷たさを思うと出たくありませ
ん。はたしてこのまま降り続いて、明日帰れるだろうか心配になってきまし
た。

その夜は熟睡しました。

そして次の朝、もう一度露天風呂へ。雪はまだ降っています。
今度は、靴下をはき、ズボン姿で行きました。新雪が50p程積もっていま
す。

なんと、豪快で贅沢な光景だろうか。風が山裾の方からと川の方から吹き込
んできおり、それに合せて雪と湯気が移動していくかとおもうと、突然舞い
上がり、一瞬前が見えなくなります。雪をすくって舐めてみました。全然苦
くありません。昨夜ライトアップしていた所がほとんど見えなくなっていま
す。この光景は、決して見飽きる事はないだろう。

ずいぶん入っていましたが、誰も訪れる人はいません。
この雪の中では、誰も入りに来る人はいない様に思います。まだ、除雪もさ
れていないのだから。来年も必ず今の時期に来ようと決意し、露天風呂を後
にしました。

詳細は以下の通りです。

旅館名:洞元荘
交通 :関越自動車道 水上I.C.〜R291〜県道
水上I.C.から約30km
宿泊料金:13000円(サ込・税別)
泉質 :単純泉
泉温 :75℃

HOME地域別温泉情報