関東 ・ 中部



駒の湯 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
新潟県北魚沼郡湯之谷村駒の湯
交通
JR上越線小出駅よりバスで30分、タクシー10分(送迎車あり)
照会先
02579・5・2126
コメント
駒の湯には、一軒宿の駒の湯山荘があります。
関越自動車道の小出ICから352号線で30分程です。

宿には電気が来ておらず、昔からランプの宿として知られています。部屋の灯
りもお風呂場の灯りも全てランプです。3年程前までは灯油だったのですが、
安全の為、今は全て豆電球になっています。

食事を戴いて部屋に戻り、ぼんやりと灯っているランプを眺めていると、6時
すぎだというのに、眠り込んでしまいました。そして、12時前まで寝ていた
のですが、夕方降っていた雨もあがっていたので、露天風呂に行きました。

ここのお風呂は、内湯(混浴、男女別)と露天風呂(混浴)が2つあります。
源泉が33℃という事で、全てのお風呂にぬるま湯の湯船と沸かした熱湯の湯
船があります。

熱湯に入った後ぬるま湯に入ると、さすがに冷たく感じます。ただ、5分も入
っていると慣れてきます。そして、体中に小さな泡がつき毛穴を開け血行を良
くするという事です。
筋肉性のリハビリには良いという事です。

私は、渓流沿いにある屋根付きの露天風呂に1時間程入ってから、部屋に戻り
また眠りにつきました。



旅館名
駒の湯山荘
おすすめ度
●●●●○
料金
11000円
料理
山菜料理
コメント
ここには、かわいいワンちゃんがいます。私が宿に着いた時、スリッパを片方
咥えて出迎えてくれました。女将さんがやってるのを見て、覚えてしまったそ
うです。


HOME地域別温泉情報


燕温泉 Photograph
秘湯度
●●●●●
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
新潟県中頚城郡妙高村燕温泉
交通
JR信越本線妙高高原駅よりバスで40分
照会先
0255・82・3136
コメント
燕温泉には、2つの無料露天風呂があります。
温泉街の突き当たりの左の石段を登った所には、「黄金の湯」があります。大
きな岩に囲まれた眺望の良い露天風呂です。朝8時頃入りに行ったのですが、
昨夜からの雪の為、ぬるくてすぐに出てしまいました。

黄金の湯は混浴ですが、脱衣場は男女別になっており、湯船も2つあります。
ただ、浅くて肩まで浸かる事ができません。また、湯の華が凄くって慣れてい
ない人は嫌がるかもしれません。

ここから山道を5分程登った所に吊り橋があり、渡って左へ少し登った所に「
河原の湯」があります。谷の奥まった渓谷にあり、なぜか落ち着けます。

河原の湯は、約5m四方の岩の湯船で、深さは60cmぐらいでしょうか。十
分、肩まで浸かる事ができます。お湯は、白濁色の含土類石膏泉です。

私が入りに行った時には、先客が2名いました。横浜から来ているおじさんと
、気管支炎の湯治の為、来ている地元のお兄さんでした。このお兄さんとは、
この後、延々3時間程御一緒しました。

ぬる湯の為出るに出られなかったのと、次から次へと来客があり、まるで我が
家へ向かい入れる様な気分で、楽しかったからです。朝4時に出て名古屋から
来られた2組のアベックさん、小学生の女の子達、山岳チームのお兄さん方、
いろんな人達と温泉話ができて、久しぶりに良い時間を過ごせました。



旅館名
ホテル花文
おすすめ度
●●●●○
料金
13000円
料理
会席料理
コメント
ホテル花文は、外観はあまり良くはありませんが、部屋は立派で食事も質量共
申し分なくおすすめの旅館です。


HOME地域別温泉情報


北温泉 Photograph
秘湯度
●●●●●
取材時期 : 1997年10月後半
所在地
栃木県那須郡那須町大字湯本
交通
JR東北本線黒磯駅よりバスで1時間、徒歩15分
照会先
02877・6・2008
コメント
駐車場に車を停め、宿まで300m程歩きます。ちょうど夕闇が迫る頃で、彼
方にぼんやりとした灯りが見えた時には、「ああー山の宿だぁー」と嬉しくな
りました。

宿の近くまで来ると、温泉の湯気の匂いがします。これかぁー、宿の右手に、
あのでっかい露天風呂(千人風呂)がありました。

宿に着き、早速入りに行きましたが、この時間私以外に入る人はいません。昨
日、初雪が降ったという、山肌に残る雪を見ながらの入浴となりました。

次に、露天風呂の手前にある「すすぎの湯」に入りましたが、こちらは湯治場
のお風呂という感じで、なぜか落ち着けます。薄明かりの中、川のせせらぎに
耳を傾け、湯治場の湯を味わいました。

他にもいろいろなお風呂があるので、簡単に紹介します。

「天狗の湯」(混浴)
迷路のような廊下の突き当たりにあります。すだれが掛かっているだけの開放
的なお風呂です。ランプの薄明かりの中、でっかい天狗がこちらを睨んでおり
、ぞくっとさせます。湯船には勢い良くお湯が注がれていて、あまり落ち着け
ません。こんな荒々しい内風呂は、他に経験がありませんでした。

「笹の湯」(家族風呂)
湯船は5人ぐらい入れる大きさで、お湯はちょうど良い湯加減でした。鉄泉な
のか、湯船は錆び色をしていました。

「河原の湯」(男女別)
食堂の先、鉄のドアを開けると、桧の真新しい良い匂いがしてきます。ここは
、他のお風呂と違い、湯治場の雰囲気はありません。真新しい休憩室もありま
す。お風呂は、屋根付きの露天風呂で、川沿いにあり、5段連なる滝を眺めな
がら入れます。冬の季節は、良い景色になると思います。

「目の湯」(女性専用)

「湯滝」(混浴)
天狗の湯の裏側にあります。熱めのお湯が勢い良く落ちて来ます。とにかく効
きます。1分も打たれていると、肩が真っ赤になるのでは?

「ぬる湯」(混浴)
湯滝の先にあります。名前の通り、ぬるめのお風呂です。手すりも付いている
ので、お年寄りでも安心して入れます。

以上です。

入りに行った時間帯もあるのでしょうか、いろいろなお風呂に入ったのですが
、どこのお風呂も私以外入っている人がいませんでした。湯治客との会話を楽
しみにしていたので、少し残念でした。



旅館名
北温泉
おすすめ度
●●●●○
料金
10000円
料理
山菜料理
コメント
食事は別棟の食堂でいただいたのですが、廊下に江戸時代からの農具・民具
やら勲章やら昭和天皇の写真やらが飾られています。
まるで民俗館に来ている様で、その方面に興味のある私としては、大満足でし
た。


HOME地域別温泉情報