中国



そうづ峡温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1998年12月中旬
所在地
山口県玖珂郡錦町深川
交通
錦川清流線錦町駅よりバス15分
照会先
0827・73・0236
コメント
そうづ峡温泉は、岩国から国道187号線で40キロ〜国道434号線で5キ
ロの所にあります。

そうづ峡温泉は、錦川沿いの山間にありました。旅館が2軒と共同浴場があり
ます。共同浴場「憩の家」は、国道から逸れ、少し坂を登った所にありました
。鉄筋2階建ての立派な建物です。ここには、お風呂の他、食堂もあります。

私は早速、お風呂に入りました。更衣室は、最近改装されたのか真新しく広々
としています。浴室は、湯気がもうもうと立ち込めています。湯船も広く、お
湯がなみなみと注がれています。ラドン含有量世界第2位と言われているお湯
は、なめらかな感じがしました。昼時のせいか、先客が一人入っているだけで
す。私は、ゆっくり、のんびり、山間の湯を楽しみました。

入浴後は食堂の方で、「錦寿司」(押し寿司と赤だしのセットで650円)を
地元の人の会話の中、戴きました。ここの献立には、ぼたん鍋,きじ鍋,すっ
ぽん鍋などがありました。ここは、村の人にとっては正しく憩の家なのでしょ
う。

施設名 そうづ峡温泉「憩の家」
料金 300円
休館日 第2・第4木曜日
開館時間 8時〜18時


HOME地域別温泉情報


柚木慈生温泉
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1998年12月中旬
所在地
山口県佐波郡徳地町柚木
交通
JR山口線徳佐駅よりタクシーで5分
照会先
08355・8・0430
コメント
柚木慈生温泉は、中国自動車道鹿野ICから国道315号線で15分程の所に
ありました。

鉄筋2階建ての建物で、2階は湯治客用の部屋になっている様に見えます。
玄関を開けると、そこは村の診療所の待合室の様でした。よくよく見ると、受
付の奥のカウンターらしき所で、御老人が3人うどんを食べています。

唖然としている私に向かって、若いおねえさんが「500円」と声を掛けてく
れました。私は、用意してあったお金を払い、風呂場に向かいました。

ドアを開け、まず目にしたのは、
「初めて入る人は、10分以上入らぬ事」
という注意書きです。
この様な注意書きを目にしたのは、霧島温泉郷の新湯温泉以来です。

湯治場の雰囲気のする浴室には、5人も入ればいっぱいの湯船が1つあります
。お湯はというと、群青色した凄そうなお湯です。お湯に入ると、すぐに全身
に小さな気泡が付きま始めます。これほど炭酸水素の濃度が高い温泉に入った
事は初めてです。

少し開けている窓から、心地よいそよ風が入ってきます。
10分程入り、体を洗った後、また10分程入りました。

入浴後は、のどかな田舎の風景を眺めながら昼食を取りました。体がポカポカ
し、手のひらは少しひりひりしました。肌の弱い人は、要注意です。

施設名 柚木慈生温泉
料金 500円
時間 10:00〜20:00
休館日 毎月5日、18日
泉質 含二酸化炭素−カルシウム・ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物
・冷鉱泉


HOME地域別温泉情報


湯田温泉
秘湯度
●○○○○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
山口県山口市湯田温泉
交通
JR山口線湯田温泉駅より徒歩10分
照会先
0839・20・3000
コメント
ここの温泉は、中国自動車道を小郡インターでおり、国道9号線を15分程走
った所にあります。大型旅館、ホテルが建ち並び、にぎやかな所です。
私は、「ホテル梅乃屋」に泊まりました。
この宿のお風呂は、大浴場、サウナ風呂、露天風呂があります。
お湯は、温泉とは思えない程、特色がありませんでした。
露天風呂は、大浴場の外側にあります。
こちらも、外にあるという程度の露天風呂でがっかりしました。
 <ホテル梅乃屋> おすすめ度 ●○○○○
  料理...会席料理
  料金...15500円

HOME地域別温泉情報


湯本温泉
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
山口県長門市深川湯本
交通
JR美祢線長門湯本駅より徒歩5分
照会先
0837・22・5533
コメント
ここの温泉は、中国自動車道を美祢インターでおり、国道316号線を20
km程北上し、脇道に入った所にあります。さびれた静かな温泉街といった
感じです。
山口県では、温泉といえば湯田・湯本ぐらいしか知らなかった私は、もっとに
ぎやかな所と思っていました。温泉街の中心を音信川が流れており、旅館はこ
の川の両岸に点在しています。私は、「原田屋旅館」に泊まりました。
この宿のお風呂は、大浴場です。大きめの湯船に、透き通った熱めのお湯が
たっぷり入っています。
私は、一人でゆっくり入りました。近くには、恩湯という共同浴場があります
。宿の人からの勧めで、お湯のきれいな朝風呂に行きました。
恩湯は、歴史を感じさせる外観でした。外観からは以外な感じがする程、湯船
は小さく感じました。10人入れる程度の湯船が2つありました。
お湯は、ぬるめでなめらかです。
礼湯という共同浴場は、閉鎖されていました。
 <原田屋旅館> おすすめ度 ●●●○○
  料理...会席料理
  料金...14000円
  注目...音信川(おとずれがわ)沿いには、赤ちょうちんがぶら下がっ
ており、上品な温泉情緒が漂っています。おとずれがわの由来は、恋しい人
からの便りを待って文を川に流した所から名付けられたそうです。
宿の窓辺から、赤ちょうちんの明かりを写した清らかな流れを 見ていると、
幻想的な気分になりました。

HOME地域別温泉情報