中国



大久野島温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1998年12月中旬
所在地
広島県竹原市忠海町大久野島
交通
JR呉線忠海駅より徒歩5分〜フェリー15分
照会先
0846・26・0321
コメント
私が忠海港に着いたのは午後4時前でした。閑散とした港でした。港といって
も、形ばかりのフェリーの発着場があるだけです。駐車場に車を止め、車の中
で30分程時間を潰しました。

忠海港からは小型フェリーで島へ向かいました。お客は私以外に2組乗ってい
るだけです。15分程の船旅ですが、丁度真ん丸い夕日が彼方の山に沈む頃で
水平線がオレンジ色に染まってきれいでした。

島に着くと、早速うさぎ達が出迎えてくれました。10匹ぐらいいたでしょう
か。うさぎ以外、動く者はありません。もちろん、車など走っていません。こ
こは、周囲4キロの小島です。左手に海、右手に山が迫ります。まっすぐに伸
びる道を歩いていくと、山肌に防空壕の跡らしいものが見られ、ぞくっとしま
した。ずいぶん遠くの離島に来た様な錯覚に陥りました。気が付くと、周りに
人の姿がありません。他の2組みは、さっさと歩いていってしまった様です。
私も急ぎました。周りは次第に薄暗くなって来ています。

旅館は歩いて15分程の所にありました。鉄筋4階建の立派な建物です。どう
見ても休暇村という雰囲気ではありません。大型リゾートホテルといった感じ
です。フロントでの対応もホテル並みでした。

私の部屋は2階の東寄りの和室でした。お部屋は、それはそれは立派なもので
した。思わず畳の数を数えたりしました。窓からは瀬戸内の島々が見渡せます


ここのお風呂は、建物の東側にある「大沓の湯」と西側にある「小沓の湯」が
あります。私が泊まった日は、夜は「大沓の湯」、朝は「小沓の湯」となって
いました。西側の「小沓の湯」は、展望風呂になっているので、本来なら夕日
を眺めながら入浴できると思います。

「大沓の湯」は、思っていたより広くはありませんでした。正面はガラス張り
になっていて、瀬戸内の島々が見渡せます。湯船は20人ぐらい入れる大きさ
で、お湯は弱放射能冷鉱泉です。湧出量は20リットル/分ですから、なみなみと
いった感じではありません。

夕食は1階の大広間で戴いたのですが、この部屋も豪華でした。
私は、元祖タコパックという料理を戴きました。名前の通り、たこ料理のオン
パレードです。つみれ鍋、たこのもろみ焼、たこの刺し身、たこの酢の物、た
こ飯、茶碗蒸し、たこのから揚げ、えび団子のすまし、フルーツと出ました。
配膳など若い女性が行なっていましたが、礼儀の正しさに好感が持てます。

夜はとにかく静かです。物音一つしません。夕食後、すぐに眠りにつきました


次の日は、朝6時に起き「小沓の湯」に入りに行きました。「大沓の湯」より
は小さめです。前面がガラス張りになっています。窓の外がぼちぼち薄らいで
きています。7時頃まで、一人でぼんやりと浸かっていました。

9時30分すぎに旅館を出ました。フェリーの時間が10時10分でしたが、
一本遅らせて、ひょうたん島が見られるという展望所に登る事にしました。少
し歩いた所の休憩所でうさぎの写真を撮っていると、多くのうさぎを引き連れ
たおばさんが近くに来ました。どうも、餌をやっている内にこれだけ集まった
という事でした。嬉しそうでもあり、悲しそうでもあります。

展望所まで結構かかりました。本当は乗るはずであったフェリーが島に近づい
て来るのが見えます。双眼鏡があったので、周囲の島々を眺めました。
ふと足元を見ると、2匹のうさぎがズボンを引っ張っています。こんな所にも
いるんだなぁと思って、何か餌をやろうと思ったのですが何もありません。

しばらくじゃれあっていたうさぎは、お腹が空いたのか土の表面に出ている木
の細かい根っこをかじり出しました。なかなか逞しく生きています。

その後、島をぶらぶらしてから帰りのフェリーに乗り込みました。



旅館名
大久野島休暇村
おすすめ度
●●●●●
料金
8500円(料理によって異なります)
料理
タコパックの他にも色々あります
コメント
今回初めて休暇村に泊まりましたが、こんなに良い所だと思いませでした。
ここは、特に良いのかも知れませんが・・・
HP... http://www.sphere.ad.jp/qkamura

HOME地域別温泉情報


田原温泉5000年風呂
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1998年12月中旬
所在地
広島県山県郡大朝町
交通

照会先
0826・82・3888
コメント
浜田自動車道大朝ICから10分の所にある温泉が、今回紹介する田原温泉
5000年風呂です。大きな道路標識があるので迷う事はないと思います。

ここの温泉は、田原小学校跡に建てられた比較的新しい温泉です。外観は、大
型レストランの様な感じです。

入浴料は6時までが700円で、6時以降は400円となっています。また、
タオル,ロッカーの使用は入浴料に含まれています。

更衣室は広々としていたのですが、浴室はそれほどでもありません。
しかし、寝湯,全身浴,部分浴,打たせ湯,サウナバス,水風呂といろいろ楽
しめます。また、正面がガラス張りになっていて明るい感じです。

お湯は、なめらかな弱放射能泉です。
私は、一人でゆっくり田原温泉5000年風呂を楽しみました。
入浴後気が付いたのですが、薬草湯があったらしく、この日はハーブ湯でした


入浴後は、休憩室で休む事にしました。この休憩室は、田原小学校の講堂を利
用したもので広々といています。畳が敷いてあって、中央にはストーブが置か
れています。部屋の片隅には、農産物があったり郷土資料が置かれています。

そんな中、地元の人達がごろんと寝転んでいます。私も仲間に入れてもらいま
した。壁に掛かった昔の写真など見ながら、のんびりと雨宿りをしました。

そうして暫く休んだ後、外に出てみると、すっきり雨はやんでいました。


HOME地域別温泉情報


湯の山温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1998年12月中旬
所在地
広島県佐泊郡湯来町和田
交通
山陽新幹線広島駅よりバス1時間
照会先
0829・83・0111
コメント
正午前に忠海港に着き、今回の旅行で二つ目の立寄り湯「湯の山温泉館」に向
かいました。

湯の山温泉は、広島から国道2号線で10キロ〜国道433号線で25キロの
所にあります。

国道から少し入った所に2軒の旅館がありました。共同浴場は、ここから少し
登った所にあるはずです。私は駐車場に車を止め、石畳の坂道を歩いていきま
した。少し行くと湯の山神社がありました。どうやら、この中に共同浴場があ
りそうです。この辺りは、古い民家が建ち並び鄙びた温泉街の良い雰囲気があ
ります。都会では見られなくなった円筒形の赤いポストがありました。

急な階段を登っていくと、すぐ左手に共同浴場がありました。
入口で300円払いお風呂場に入っていくと、たくさんの人が入っていました
。10人ぐらいの人が入っており、満員御礼と言った感じです。

湯船は5〜6人ぐらい入れる大きさで、丁度肩まで浸かれる深さでした。お湯
は少し熱めの弱放射能泉です。浴室は湯治場の共同浴場の様な感じで歴史が感
じられます。

私は早速、湯の山温泉名物の滝打たせに行きました。浴室から外に出られる様
になっています。

「ひぇー。」なんと4mの高さから水が勢い良く落ちてきます。温かい温泉だ
と思っていたのですが。しかし、30秒もすれば慣れてきました。隣りのおじ
さんは、仰向けに寝て太股に当たる様にしています。患部に当てれば治るので
しょうか。私は5分程打たれて浴室に戻りました。以降、これを3回程繰り返
して上がりました。

入浴後、参道を上り温泉神社に参りました。この時解ったのですが、共同浴場
の山側には、江戸時代に広島藩主浅野家の湯治場として使われた当時の湯殿が
残っていました。この湯殿の中の岩壁から噴出している霊泉が打たせ湯として
流れ落ちているという事です。

隠れ湯の様な湯の山温泉を十分満喫してから、今夜の宿である湯来ロッジに向
かいました。

施設名 湯の山温泉「湯の山温泉館」
料金 300円
開館時間 9時〜19時


HOME地域別温泉情報


湯来温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1998年12月中旬
所在地
広島県佐泊郡湯来町
交通
山陽新幹線広島駅よりバス1時間20分
照会先
0829・85・0111
コメント
湯来温泉は、広島から国道2号線で10キロ〜国道433号線で25キロの所
にあります。

湯来温泉には、旅館が4軒と民宿が1軒あります。
私は、民宿「湯来ロッジ」に泊まりました。湯来温泉では、一番規模が大きい
建物です。

お部屋の方は少しせまい和室でした。先日まで豪華な部屋に泊まってきたせい
か、6畳の部屋がすごくせまく感じました。

お風呂は大浴場のみですが、こちらは広々としています。浴室には、中央に全
身浴・部分浴の湯船があります。この他にも、歩行湯、すわり湯、寝湯、打た
せ湯、水風呂、サウナバスとありました。
お湯はさらっとした単純弱放射能泉です。湧出量が1750リットル/分という事
ですから、これだけの施設もうなずけます。

夕食前に入りに行った時は、日帰り入浴のお客さんも来ているらしく、大勢の
人が入っていました。

夕食は部屋の方でぼたん鍋を戴きました。湯来では、「いのししを食べずにう
まいものを食べたというな」と言われているそうです。この他には、山ふぐ(
こんにゃくを薄くスライスしたもの)が美味でした。

就寝前、もう一度お風呂に行きました。この時には誰も入ってなくて、寝湯で
うつらうつらしてしまいました。

翌朝、温泉街にある無料の露天風呂(混浴)に行きました。川沿いにあって、
目隠しの囲いがしてあります。湯船は2つあり、お湯が注がれています。ただ
、時間が早かったのか、浅くて入れそうにありません。お湯も温く、この時期
は、辛いかも知れません。(泉温27℃、湧出量750リットル/分)



旅館名
湯来ロッジ
おすすめ度
●●○○○
料金
9500円
料理
ぼたん鍋 他
コメント
400円で日帰り入浴できます。

HOME地域別温泉情報


宮浜温泉 Photograph
秘湯度
●●○○○
取材時期 : 1998年12月中旬
所在地
広島県佐伯郡大野町
交通
JR山陽本線大野浦駅よりバス15分(送迎車あり)
照会先
0829・55・0030
コメント
宮浜温泉は、広島岩国道路の大野ICから国道2号線で10分程の所にありま
す。

今夜の宿「旅館かんざき」に着いたのは4時頃でした。少し早い気もしました
が、長旅だったのでゆっくり休もうと思い宿に入りました。

料亭を思わせる玄関を開けると、あちらこちらから「いらっしぃませ」の挨拶
が聞こえます。大型旅館で見られる玄関先に並んでの一斉の挨拶とは違います
が、なかなか活気のある挨拶でした。

私の部屋は、南側2階のきれいな和室でした。窓からは庭園が望め、その先に
は瀬戸内海が広がっています。この辺りは、ウォータースポーツが盛んなので
しょうか、水上バイクを楽しんでいる人がいます。

私は早速、お風呂に入りに行きました。別棟にあるお風呂場は’93年に全面
改装されたそうで、更衣室,浴室ともきれいでした。浴室は、前面と右手が全
てガラス張りになっていて明るい感じです。ただ、目隠しの簾のせいで立派な
庭園がほとんど見られないのが残念です。

湯船は10人ぐらいが入れる大きさです。お湯は少し温めの放射能泉です。泉
温が27℃ですから、少し加熱しているのでしょう。入浴後は、お肌がすべす
べ体はポカポカしました。私は、じっくりと一番風呂を楽しみました。
浴室には子供用のおもちゃが置かれており、細やかな気遣いが窺われます。

部屋に戻り窓の外を眺めると、遠く岩国の街並みに深くかぶさっている雲が夕
焼け色に染まり、しだいに黒ずんできます。

夕食は部屋で戴きました。海の幸が中心ですが、この時期は何と言ってもカキ
です。カキの土手鍋,カキフライが出ました。あまりに美味しかったので、カ
キフライを追加注文しました。(一皿10ヶ程で千円)その他にも、ナマコが
こりこりしていて美味でした。

夜は意外なほど静かでした。近くに国道,JRが走っているはずなのですが、
全然気になりませんでした。まあ、飲みすぎたせいもあるでしょうが・・・
深い眠りにつきました。



旅館名
旅館かんざき
おすすめ度
●●●●●
料金
11000円〜15000円
料理
瀬戸内の魚介料理
コメント
本当は、今年の1月に大学の新年会で泊まる事になっていたのですが、3日前に欠席者が多数出た為キャンセルする事になりました。その時の旅館の電話の対応がとても良かったので今回訪れる事にしました。

どの様な話だったかというと、直前に本人や家族がインフルエンザにかかった人が続出しその旨伝えると、気持ち良くキャンセルをOKしてくれて、ていねいな御見舞の言葉まで戴きました。実際泊まってみた感想ですが、思っていた通り一人一人のお客さんを大事する様な宿でした。
帰宅した翌日には、お礼のはがきが届きました。
HP... http://www.urban.or.jp/home/kanzaki/kanzaki.htm
旅館の案内の他、周辺の観光案内、関連リンク等充実しています。

HOME地域別温泉情報