東北



峩々温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
宮城県柴田郡川崎町峩々
交通
JR東北本線白石駅よりバス約1時間、送迎車10分
照会先
0224・87・2021
コメント
開湯百年、胃腸病の名湯として知られる温泉です。
建物の外観は、湯治場の面影を残していますが(駐車場には冬場使用すると思
われる錆びれたボンネットバスが停まっています)、部屋,お風呂等、増改築
されたのでしょう。すごく立派です。

お風呂は、内湯(男女別)と露天風呂(混浴)があります。
内湯は、温泉館,家族風呂,桧の間です。

温泉館には、桧の湯船が2つあり、ぬる湯(42度)とあつ湯(44〜46度
)があります。

ぬる湯からは渓谷が一望でき、なんとも幸せな気分になりました。
ふと、大分県の深耶馬溪温泉の一目八景を思い出しました。

あつ湯は、半身入浴(3分)→かけ湯(10分)→半身入浴(3分)が昔なが
らの入り方だそうです。ここで言うかけ湯とは、湯船の側に木枕があるのです
が、そこに頭をのせ仰向けに寝ます。そして、木のコップでお湯をすくい、お
腹にかけると言う事です。なんとも恥ずかしいカッコで、人がいたらできない
でしょう。

露天風呂は、渓谷を眺めながら入れます。



旅館名
峩々温泉
おすすめ度
●●●●○
料金
15000円
料理
夕食は会席料理です。けっして量は多くないのですが、一品一品ていねい
に作られています。山菜ごはん・すまし汁など出すタイミングも良く、お
いしく戴けました。
コメント
家族旅行で、良い温泉に入り、ゆっくりくつろげる所をお探しの方には、
お勧めです。ただ、料金は15000円と少し高い様に思えます。

HOME地域別温泉情報


不動湯温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
福島県福島市土湯温泉町
交通
JR東北新幹線福島駅より土湯温泉行きバスで約30分
照会先
0245・95・2002
コメント
ここの温泉は、土湯温泉から4キロ程入った所にあります。ただし、歩いて行
く場合は、近道を使うと1.2キロ程です。

不動湯温泉は、山の中にある湯治場といった感じです。

お風呂は、内湯が4つと露天風呂(混浴)があり、それぞれ泉質が違います。
内湯は、婦人風呂が2つと常盤の湯,羽衣の湯(どちらも混浴)があります。
常盤の湯は、単純炭酸鉄泉でぬるめです。羽衣の湯は、単純泉で透明なお湯で
ちょうど良い湯加減でした。

露天風呂は、常盤の湯から長ーい階段(40mぐらい)を降りた川沿いにあり
ます。湯船は小さく4人ぐらいしか入れません。お湯は白濁色で、ぬるめです
。ただし、長湯するには申し分ありません。露天風呂で御一緒した静岡から来
られたおじさんと、久しぶりにゆっくりと東北の温泉の話をしました。

夜も電灯があるので入れます。ただ、原生林に囲まれている為、木々の隙間か
ら辛うじて星空が見える程度です。



旅館名
不動湯温泉
おすすめ度
●●●●○
料金
10000円
料理
料理は、お部屋でゆっくりいただけます。夕食は、鯉のあらい,山菜のて んぷらが美味でした。
コメント
部屋には、テレビ,電話,冷蔵庫,ストーブ,扇風機等があり、とても山
間の温泉宿とは思えません。
部屋良し、料理良し、温泉良しの三拍子揃った、山間の静かな温泉をお探
しの方には、絶対お勧めです。

HOME地域別温泉情報