東北



黄金崎不老ふ死温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
青森県西津軽郡深浦町艫作
交通
JR五能線艫作駅より徒歩で約15分
照会先
01737・4・3500
コメント
8:30室蘭発 15:30青森着のフェリーに乗り、青森からは国道7号→101号で
行きました。青森から2時間もかからないと思っていましたが、意外と車の量
が多く3時間程かかりました。

宿(本館)に着いたのが6時30分でした。さっそく、夕日を見ながら露天風
呂に入ろうと思いましたが、女将さんから7時までに食堂に来て下さいときつ
く言われたので急いで入りに行きました。しかし、・・・

露天風呂の周りに、カメラやマイクを持った人達がいました。湯船を見ると、
ぽっちゃり太った一人のおじさんが入っていました。たぶん、地元では有名人
なのでしょう。そういうシチュエーションの中、御一緒もできないので、諦め
るしかありませんでした。

次の日の朝、4時30分に起き入りにいきましたが、ちょうど女性の4人連れ
と一緒になりました。仕方なく遠慮して、10分程近くの海岸をぶらぶらしま
した。そして、そして、やっと入る事ができました。

乳白濁色のぬるめのお湯です。潮風に吹かれながら、波音を聞いていると時間
が達つのも忘れてしまいます。30分程ゆっくり入れました。

また、本館の内湯からの眺め(日本海)も最高です。

泉質... 食塩鉄泉
泉温... 45度



旅館名
黄金崎不老ふ死温泉(旧館)
おすすめ度
●●●○○
料金
10000円
料理
磯料理
コメント
とにかく新鮮な海の幸がいただけます。

HOME地域別温泉情報


酸ヶ湯温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1993年8月中旬
所在地
青森県青森市八甲田山中
交通
JR東北本線青森駅よりバスで1時間
照会先
0177・38・6400
コメント
酸ヶ湯温泉は、八甲田山の中腹に位置しています。

私は、早速、有名な千人風呂に入る事にしました。

脱衣場は男女別に分かれており、あまり広くありません。
さて、浴室はと言うと、発ちこめる湯気で奥の方は良く見えませんが、とにか
く老若男女たくさんの人が入っています。広々とした湯船がいくつかあります
。また、打たせ湯もあります。

私は手前の湯船に浸かりましたが、お湯はそう熱くないのですが、湯気と熱気
でぐったりしてしまいました。

湯上がりに、旅館の2階で郷土料理を戴いたのですが、その頃には丁度外気が
心地よくなり、美味しく戴けました。

ここから歩いて10分ぐらいの所にある「ふかし湯」もおもしろかったです。

<泉質> 含石膏食塩酸性硫化水素泉


HOME地域別温泉情報


鶴の湯温泉 Photograph
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
秋田県仙北郡田沢糊町田沢
交通
JR田沢湖線田沢湖駅より乳頭温泉行きバスで約50分、徒歩40分
照会先
0187・46・2139
コメント
着いてすぐ、私は時代劇の主役になった様な気分でした。
関所?を抜けると、通りの両側には長屋が。私は通りをゆっくりと進みました
。行き交う人は、ほとんど浴衣を着ています。私だけが、どうも溶け込んでい
ない様に思えます。
通りの突き当たりに、これまた意味不明な事務所なるものがあります。私は、
ふらふらと事務所の中に入りました。

私がこの時代に戻ってこれたのは、事務所に飾ってあった有名人たちの写真を
見た時です。正直、この時まで頭の中はボーとしてました。(風邪のせいかも
?)

実は、ここに来ようと思ったのは1週間前で、観光ガイドの写真から山間の鄙
びた温泉宿のイメージを抱いていました。

ここは、鄙びた温泉宿の良い所を残しつつ、温泉を中心に料理であるとか建物
であるとか、近代的(大袈裟かも)な所が随所に見られる、居心地の良い所で
す。たとえば、部屋にはテレビがなくカギもないのですが、エアコンが着いて
います。また、様式トイレがあるのには、びっくりしました。

実際、たくさんの有名人も来ているみたいですし、若い女性のグループから外
人さんの姿も見かけました。

お風呂は、内湯(男女別)が3つと露天風呂(混浴)があります。確認してい
ませんが、この他にも女性専用の露天風呂が2つあるそうです。(^^;

内湯は、中の湯,白湯(酸性泉),黒湯(アルカリ泉)で、湯船は広くありま
せん。露天風呂は、広々とし眺めも良くゆっくりと入れます。

もう一度来てみたいと思える温泉でした。できれば、冬の季節に来てみたいと
思います。



旅館名
鶴の湯温泉
おすすめ度
●●●●○
料金
9000円
料理
山菜料理
コメント
夕食は、別棟の本陣という所でいただいたのですが、ランプの灯りの中、
囲炉裏で焼いたイワナ,そして山の芋鍋がやはり美味です。

HOME地域別温泉情報


黒湯温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
秋田県仙北郡田沢糊町田沢
交通
JR田沢湖線田沢湖駅より乳頭温泉行きバスで約1時間、徒歩20分
照会先
0187・46・2214
コメント
黒湯は、駐車場に車を停め、そこから少し下った所にあります。徐々に見えて
来る風景は、これぞ正しく湯治場の温泉という感じです。あちらこちらから湯
煙が立ち上がり、茅葺き屋根の建物が引き立ちます。

お風呂は、内湯(男女別)と露天風呂(混浴)が1つあります。それから、打
たせ湯がありますが、ぬゆめのお湯でもう1つでした。
内湯,露天風呂とも乳白濁色で少し熱めでした。

山間の湯煙を眺めながら、一人ゆっくりと黒湯を楽しみました。


HOME地域別温泉情報


孫六温泉 Photograph
秘湯度
●●●●●
取材時期 : 1997年7月初め
所在地
秋田県仙北郡田沢糊町田沢
交通
JR田沢湖線田沢湖駅より乳頭温泉行きバスで約1時間、徒歩20分
照会先
0187・46・2224
コメント
孫六湯は、黒湯からもう少し下った所にあります。こちらは、正しく鄙びた温
泉宿のイメージです。

お風呂は、内湯(混浴)と露天風呂(混浴)がそれぞれ2つずつあります。
全て混浴ですが、内湯の1つを除いて他のお風呂には女性専用の時間帯があり
ます。

内湯は唐子の湯・石の湯で、どちらも透明な、なめらかなお湯でした。久しぶ
りに透明なお風呂に入れて、ゆっくりできました。

渓流沿いにある露天風呂は、周りが開けているせいか、入っていて爽快な気分
になりました。また、打たせ湯も砂地になっていて気持ちの良いものでした。


HOME地域別温泉情報