11湯目【鳥取】三朝温泉 河原の湯



道の駅大山で3時間程仮眠を取り、灯りの少ない国道9号線を飛ばします。時刻は夜中の1時を周っています。もうこの時間になると、遠距離トラックしか走っておらずゆっくり走らせていると追突されかねません。(^^;

小浜温泉で最後にしようと思っていたのですが、この時間でも入れる温泉があります。三朝温泉の河原の湯です。少し寄り道になりますが、一風呂浴びようと思います。

三朝温泉に着いたのが2時30分頃。驚いた事に、河原の湯にはたくさんの人がいました。どこかの学生グループで10人程が集まっています。(私の後輩かも知れません)
脱衣場手前の湯船には、トレパン姿の女の子が足を浸けています。露天風呂に入れずに可哀想な気がしましたが、それでも結構気に入っている様でした。

メインの湯船には、4〜5人が入っています。河原に向かって仁王立ちしているものや、奥の湯船に入ろうとして「あちち」と声を上げているもの。よく見る風景ですが、今日は悪い気もしませんでした。私が入る頃になると、少し大人しくなったとい事もありますが、何となく懐かしい様な気がしたからです。

私は、いつものように奥の温泉が注がれている熱めの湯船に入ります。5分程入っては湯船の縁に座り、川面に浮かぶオレンジ色の灯篭の灯りを眺めます。
この風景は全く変わっていません。30分程、この眺めを楽しみ、三朝温泉を後にしました。

この後は、走りなれた道。
神戸へ。

詳細は以下の通りです。

温泉名:三朝町有配用混合泉
施設名:河原の湯
所在地:鳥取県東伯郡三朝町三朝
交通  :山陰本線倉吉駅から三朝温泉行きバス約20分
    三朝温泉下車
照会先:0858・43・0431(三朝温泉観光協会)
泉質  :含弱放射能泉・ナトリウム−塩化物泉
泉温 :66℃
営業時間:24時間
入浴料金:無料

山陰湯めぐり紀行、全ての報告を終えました。
相変わらずの拙い文章で読みづらいと思われた方もおられると思います。ここで、改めてお詫びいたします。また、ここまで読んでいただいた方には、感謝いたしております。
ありがとうございました。

HOME10湯目【島根】小浜温泉