10湯目【島根】小浜温泉



時刻は19時。この時間で入れる温泉は。しゃっきとする熱めの温泉でできれば掛け流しで空いている温泉は、ここしかありません。
ちょうど帰る途中という事で、小浜温泉に決めました。

国道9号線を温泉津温泉の案内板に従い左折します。JR温泉津駅を通り過ぎ、すぐにある商店街に小浜温泉はあります。
昨年にリニューアルし綺麗な建物になっていました。どこかに車を停めようと思いましたが、路上に停めるのは良くないと思い、結局温泉津温泉街手前の無料駐車場に停めました。
暗闇の中、5分ばかり来た道を戻ります。

小浜温泉は地元の共同浴場という雰囲気でしたが、見た目随分と立派になっていました。玄関脇で椅子に座っていたおじいちゃんがここの経営者でした。入浴料金は220円でしたが、500円しか持って来ていなかったので、とりあえず払います。

脱衣場も綺麗でした。まず、目に留まったのが壁に飾られた看板です。こちらも鄙びたイメージを持っていたのですが、ひかり輝いています。(^^;

 
 脱衣場の看板


さて、浴室ですが、中央に半円形の湯船があり、右側にカランがあるシンプルなレイアウトです。地元のおじさんが一人入られていました。
早速、湯船に浸かります。思ったとおり、少し熱めの良いお湯です。左奥のパイプからお湯が注がれています。また、左側に小さく区切られたスペースがあって、ここで蒸気により加熱されているように見えます。
10分程浸かり、湯船の縁で休憩します。ボイラーの音が時折大きな唸り声を上げています。

小浜温泉は、確か営業時間が夕方からだったはず。という事は、今日訪れたのは良い選択だったかもしれません。そんな事を考えながら、黄褐色の温泉を楽しみました。

入浴後、先程のおじいちゃんから釣銭を貰いました。少し話を聞こうかなと思ったのですが、これが予想外の事に。
このおじいちゃん、結構おしゃべり好きで、リニューアル前の薪でお風呂を沸かしていた頃の苦労話やリニューアル後の経営難の話や隣近所のお年寄りの話などなど・・・。
30分ぐらいお付き合いさせて貰いました。昨年気になっていた裏の造船所の社長さんまで紹介してもらい、社長さんもきょとんとされていましたが。

そんなこんなで、小浜温泉を出たのが20時頃。もうこの時間では、さすがに友人宅に寄る事はできません。明日の午前中をめどに、ゆっくりと帰る事にします。
帰りは、おじいちゃんに思いっきり手を振りながら、車を走らせました。良い思い出になりました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:小浜温泉
施設名:小浜温泉
所在地:島根県邇摩郡温泉津町
交通  :山陰本線温泉津駅から徒歩3分
照会先:0855・65・2065(温泉津町観光協会)
泉質  :含二酸化炭素・ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
泉温 :28.2℃
駐車場:玄関脇に2台程停められます。
営業時間:16:30〜20:30 月曜日休み
入浴料金:220円

HOME9湯目【島根】下谷温泉11湯目【鳥取】三朝温泉 河原の湯