8湯目【島根】千原温泉



今回の湯めぐり3日目のメインは千原温泉です。

千原温泉の場所はだいたい解るのですが、周辺の細かい道は解らなかったので辿り着けるのかなと思っていました。
しかし、意外にも県道に入ってからも要所要所に案内板がありスムーズに着けました。

千原温泉は山奥の川沿いにある一軒宿で、濃い温泉がこんこんと湧き出いてます。

縁側が受付の様になっていますが、誰も居られません。中に向かって声を掛けますと、すぐにおばさんが出て来られました。
すぐに、私が県外者と解った様で、「初めてですか?どちらから来られました?」と聞かれました。
「神戸からです」とは答えたのですが、あまり驚かれてはいないようです。結構、あちらこちらから来られているんでしょうね。
どうも、この様に聞くのは、ここの昔からの慣習のようです。

少しお話をしてから、奥のお風呂場に向かいます。お風呂場の入り口の右手前に簾が掛かっており、ここが男性用の脱衣場になっています。
ちょうど、おじさんが上がられた直後だったので解りました。「良い温泉のようですね」って聞いた所、「それはもう肝臓に良いです」と言葉少なです。
いいから、まあ入ってみてという事でしょうか。

入り口を開けますと、下りになっており、すぐに右手に釜風呂があります。お湯は入っていませんでした。その先はカーテンが閉められており、右手にもドアがあります。
果たしてどちらが男湯だろうか?とりあえず、脱衣場まで戻り、先程のおじさんに教えて貰います。カーテンの向こうが男湯という事でした。

カーテンを開けますと、すぐに黄褐色のお湯を満たした湯船が間近にあります。思っていたよりは広く感じました。5人ぐらいは入れそうです。
濃い温泉で湯船の底が見えないので、ゆっくりと入ります。お湯はやや温めで、見た目ほど濃くはありません。

座ってると、お尻の辺りから、するする〜と上がってくる気泡の感触が何とも言えません。これぞ、大地の恵みと言えます。
泉源の上に湯船が造られており、これ程新鮮な温泉もあまりありません。

   
 川沿いにある一軒宿  泉源の上にある湯船


しばらくお湯の状態を楽しんでいたのですが、子供連れの女性が隣りに入られました。
男湯とは境の板を挟んですぐ隣りが女湯なので、会話は良く聞えます。お子さんはアトピーの様で、湯治に来られている様です。1時間おきに入られている様で、ここの温泉が湯治場である事が伺えます。

その後、夫婦連れが来られましたが、皆さん温泉を楽しむというよりは、やはり湯治に来られている様に見えました。
途中からはまぶたを閉じ、じっくりと底から湧き出る温泉を肌で感じながら入りました。1時間と少し入り、挨拶をしてから上がりました。

入浴後は、川沿いにある飲泉所の見学です。分析表を見ますと、泉温は31.8℃となっています。湯船の方の泉温は34.5℃となっていたので別泉源かも知れません。
飲んでみた所、臭いは三瓶温泉、味は小屋原温泉の方が強いように感じました。

   
 川沿いにある飲泉所  源泉が掛け流されています


車に戻り出ようとした所で、2台の車が入ってきました。結構、賑わっているようです。

詳細は以下の通りです。

温泉名:千原温泉
施設名:千原温泉
所在地:島根県邑智郡邑智町大字千原
交通  :JR三次線沢谷駅から約5キロ
照会先:0855・76・0334
泉質  :含二酸化炭素・ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
泉温 :34.5℃
営業時間:8:00〜18:00 無休 
入浴料金:500円

(2005年6月に再訪した時の感想は、
こちらをご覧下さい)

おまけ

この後は、昨年行けなかった石見銀山に行ってきました。
1時間ぐらいで周れる観光コースがあるのかなと思っていたのですが、名所が点在していて、歩いて周るには広範囲すぎます。
仕方がないので、石見銀山資料館を中心にその周辺を見学しました。街並みは、まあまあ趣があるかなという感じです。

昼食は、事前に調べていた「そば処 朝日庵」で戴きました。店内は、しっとりと落ち着いた雰囲気で気に入りました。14時すぎという事で、お客さんが一組だったという事もあると思いますが、とても静かです。
アルバイトのような二十歳前後の女の子が注文を聞きに来ましたが、なかなか礼儀正しいので感心しました。お勧めはありますか?と聞きますと、「そば膳」(1300円)という事でしたので、それを注文しました。

料理は5〜6品で、ニ八蕎麦、十割蕎麦、山菜、玄米ご飯などが出ました。また、器が凝っていて観ても楽しめます。ここは、結構お勧めです。

 
 「そば処 朝日庵」の「そば膳」

HOME7湯目【島根】三瓶温泉 亀の湯9湯目【島根】下谷温泉