7湯目【島根】三瓶温泉 亀の湯



三瓶温泉には、2つの共同浴場(薬師湯,亀の湯)と日帰り入浴可能な「さんべ荘」、「湯元旅館」等があります。
どれも入ってみたい温泉ですが、はしご湯が苦手なので、今回は一湯だけとし一番地元に密着していると思われる「亀の湯」にしました。

まずは、三瓶温泉街を車でゆっくり走りました。湯元や薬師湯は確認できたのですが、亀の湯が見つかりません。案内板も見つからず、おかしいなと思いながらもう一往復。(^^;
それでも解らなかったので諦め、千原温泉方面に行こうと思って入った路地にありました。温泉街とは離れた所にあるんですね。

   
 地元の共同浴場の雰囲気  脱衣場


亀の湯は、いかにも地元の共同浴場といった建物でした。斜め前の駐車場に車を停め、玄関を潜ります。
先客が一人入られていました。楕円形の湯船に、薄い茶褐色のお湯が満たされています。そして、奥のパイプからは透明なお湯が大量に注がれています。

   
 楕円形の湯船  大量のお湯が注がれています


先客に挨拶をしてから、ゆっくりと入ります。先客は地元の64歳のおじさんでした。
最初は温泉の話などしていて良かったのですが、途中からリストラや年金の話など重い話をしだし、もう勘弁してという感じに。(^^;

ゆっくり温泉を楽しむ事ができません。また、あろうことか、このおじさん、土色に変色したタオルを湯船のお湯で絞り、顔をごしごしと拭うではないですか。
新鮮なお湯が濁っていく様に感じ、怒りを通り越して悲しくなりました。地元の人ですから、注意はしなかったのですが。
その内、下ネタの話をしだしたので、お先にという感じで上がりかけますと、さすがに気が付いたのか黙って先に上がられました。(^^;

何か、どっと疲れてしまい、程なく私も上がりました。

入浴後、斜め前の酒屋さんで飲料水を一本購入。そこのおばさんは、「亀の湯初めてですか?」と声を掛けてくれて、少し気が楽になりました。

さて、この後は千原温泉に向かいました。ここから南下する道は工事による通行止めだったので、一度国道375号線に戻り向かいました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:三瓶温泉
施設名:亀の湯
所在地:島根県大田市三瓶町志学
交通  :山陰本線大田市駅から三瓶行きバス約40分三瓶温泉停留所下車徒歩すぐ
照会先:0854・82・2555(大田市観光協会)
泉質  :ナトリウム−塩化物泉
泉温 :38.2℃
営業時間:8:00〜21:00(16時以降は加熱湯)
入浴料金:100円

おまけ

道中、瓜坂にある小林鉱泉の調査に出かけました。小林鉱泉というバス停留所の裏にある民家がそうでした。
庭には、源泉槽があり、朽ち掛けた小林鉱泉という看板も見られます。しかしながら、家主は留守でした。
丁度、隣家のおじいちゃんが庭掃除をされていたので、少しお話を聞きました。
何でも病気で娘さんの所に行っているという事で、もう入れんでしょう、という事でした。

   
 小林鉱泉の源泉槽  地面は錆色に変色しています

HOME6湯目【島根】小屋原温泉8湯目【島根】千原温泉