6湯目【島根】小屋原温泉



三瓶山を周遊(ドライブ)してから、小屋原温泉に向かいました。
昨年に、この辺りを何回か周りましたので、もう迷う事はありません。郵便局から曲がるコースは通行止めになっていたので、池田小学校の方から進みます。
しばらく走ると、木の案内板があり、左折するとすぐに小屋原温泉に到着です。

小屋原温泉は、昨年の4月に引き続き、2回目の宿泊になります。昨年、初めて訪れまして、すごくリラックスでき一年の疲れを癒せるのはこの温泉でしかないと思いました。
そして、今回、宿泊する事ができてラッキーでした。前日は、心配になって、宿に予約の確認の電話を入れたほどでした。

5時過ぎ、予定よりも早く到着です。宿の雰囲気は昨年のままで、何も変わっていません。そして、娘さんも。
さすがに私の事は覚えていませんでしたが、2回目という事で、お風呂場の説明などは無しです。(^^;

さて、まずは食事前にお風呂です。今回は、一番のアワアワである手前から2番目の浴室に入る事にしました。
析出物に覆われた湯船、注がれる源泉、排水溝に流れる音、ここも全然変わっていません。

まずは、ゆっくりとアワアワを楽しむ事にします。
おや、昨年入った時に比べると泡付きが弱いのでは。湯口からの湯量も少ないように感じます。
季節によって違うのか、天候のせいか、解りませんが、少し残念。しかし、このぐらいでここの温泉の評価は下がりません。

日中、残暑が厳しかったからでしょうか、湯船の湯温は高めでした。計測した所、38.8℃ありました。
夕食の時間までの1時間、まずはこの温泉を身体に馴染ませます。

この日の宿泊は私一人という事で、食事は1階の8畳間で戴きました。料理は、山菜などを含めた物です。
手打ち蕎麦は、麺がうどんの様に平べったくなり、娘さんは謝っていましたが。(^^;
どうやら一人分だった為、失敗したらしい。

夕食後、すぐに2回目のお風呂に行きます。次は、一番奥の浴室です。泉源が1番目の浴室と2番目の浴室の間にあるので、ここは一番泉源から離れている事になります。
そういう事もあるのかどうか解りませんが、飲泉してみて2番目の温泉よりは金気臭・鉄味共薄い様な気がしました。
ここでも、コオロギの鳴き声を聴きながら、1時間程ゆっくりしました。

部屋に戻り、明日の計画などを考えながら1時間程寛いだ後、最後のお風呂に行きます。今度は、一番手前です。昨年訪れた時に、一番気に入ったお風呂です。

湯船の縁に頭を乗せ、思い切って身体を延ばします。昼間は蝉時雨、夕方はコオロギの鳴き声、そして今は川の音。この時間に入る温泉が一番のんびりできます。
川の単調な音を聞いていると、うつらうつらしてしまいました。

あまり遅くなるのも悪いかなと思い上がりました。食堂前にある冷蔵庫から缶ビールを一本戴き部屋で飲みますと、心地よい眠りに就きました。

翌朝は7時までゆっくり眠り、朝風呂に向かいます。最後は、3番目の浴室です。ここが、一番入りやすい様に思いました。湯船や湯船の底が比較的滑らかでざらざらしていません。
朝日が差し込み、昨晩までの浴室の落ち着いた雰囲気はありません。いつもそうですが、朝風呂は別れの入浴になるんですね。寂しくもあり、また来ようと思う気持ちにもなります。

   
 朝食  食事を戴いた部屋


1階の8畳間で朝食を戴き、部屋で少し休んだ後、9時に宿を出ました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:小屋原温泉
施設名:小屋原温泉 熊谷旅館
所在地:島根県大田市三瓶町小屋原1014−1
交通  :山陰本線大田市駅から三瓶行きバス約30分新池田停留所下車 徒歩約30分(宿泊の場合、停留所から送迎あり)
照会先:0854・83・2101
泉質  :含塩化土類食塩泉
泉温 :37.6℃
営業時間:9:00〜19:00
入浴料金:400円
その他:温泉犬がいます。
宿泊料金:8000円(1泊2食)
入浴時間:6:00〜23:00
温泉の由来:古文書によると、寛政年間(1789年〜1800年)に発見され、大森代官もたびたび利用した。とある。

小屋原温泉の湯船の画像

HOME5湯目【島根】出雲湯村温泉 河原の湯7湯目【島根】三瓶温泉 亀の湯