1湯目【京都】木津温泉 しらさぎ荘



今回の湯めぐりの第1湯目は、この温泉と決めていました。
神戸から六甲トンネルで有馬に抜け、国道176号線をひたすら北上します。
舞鶴自動車道を使えば、すんなり行けるのでしょうけれども、のんびり旅に高速は不要です。
しかし、木津温泉までは遠かった。(^^;
途中、弥栄あしぎぬ温泉の場所を確認したり(立派系の日帰り温泉施設でした)、お昼休憩を取ったりしましたが、約4時間程かかりました。

   
 弥栄あしぎぬ温泉  木津温泉 しらさぎ荘


木津温泉は、国道178号線沿いにあり、木津温泉駅の手前に数軒の温泉宿が建ち並んでいます。
今回訪れたのは、日帰り入浴可能な「しらさぎ荘」です。

某温泉フォーラムでは有名な温泉で、たくさんの方が紹介されていて絶賛されている温泉です。

「しらさぎ荘」は、すぐに解りました。見覚えのある建物に引き寄せられるように敷地内に車を乗り入れます。
そこは、静寂とした空間が広がっていました。大袈裟に言えば、昭和初期の時代にタイムスリップした様な感覚。
お屋敷、レトロな温泉棟、広々とした庭、正に時が止まっている様な感じです。

   
 受付のある建物  温泉棟正面


木津温泉に関しては予備知識は十分であったはずですが、見える物・聞こえてくる物が、それらを無としてしまいました。
しばらく外観を眺めてから、お屋敷の方に入浴のお願いをしに行きました。すぐにロマンスグレーのおじさんが出てこられました。
入浴料金300円を払い、温泉棟に向かいます。

   
 下駄箱から脱衣場へ  脱衣場前の空間


玄関・下駄箱から脱衣場に向かう寂れた廊下、脱衣場前の空間、脱衣場、寂れていますが、良く手入れされていて独特な空間を造っています。
浴室は、中央に楕円形の湯船が横たわり、正面の湯口から透明なお湯が注がれています。入り口から差し込む太陽の光が湯面を照らし、光と影がもう一つの世界を作っています。

   
 楕円形の湯船  湯口から注がれる源泉


それらの空間を十分に味わった後、ゆっくりと湯船に入ります。なめらかなお湯に触れた時に、ようやく落ち着いてきました。
お湯は、少しつるつるとした感触で、わずかながら泡つきもあります。湯口から注がれるお湯を口に運びます。少し甘みのある飲みやすいお湯です。
温めのお湯が大量に注がれ、湯船を溢れさせる。湯船には、透き通る様な新鮮なお湯が満たされています。温めのお湯ですが、今日の様な残暑の厳しい日には好都合で、いつまでも入っていたい温泉です。
しばらく、お湯の注がれる音・お湯の溢れる音・蝉時雨を聞きながら、まぶたを閉じ、時間を忘れてゆっくりと入りました。

   
 脱衣場  木津温泉の看板


その後、脱衣場で休憩しながら浴室・湯船や脱衣場の写真を撮りました。浴室の壁は、かびで黒っぽくなっていますが、全くかび臭くありません。
そして、もう一度、湯船へ。静かにゆっくりと時間が流れていきます。

結局2時間程、木津温泉を堪能し、今夜の宿・東郷温泉に向かいました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:木津温泉
施設名:しらさぎ荘
所在地:京都府竹野郡網野町字木津195
連絡先:0772−74−0005
交通  :北近畿タンゴ鉄道木津温泉駅下車すぐ
お風呂:内湯、家族風呂(別料金)
その他:内湯湯口での湯温34.8℃、内湯湯船での湯温34.6℃
泉質  :アルカリ性単純泉
泉温 :40.2℃
湧出量:約1400リットル/分
営業時間:9:00〜21:00 無休
入浴料金:300円、家族風呂は1000円(30分)
 

HOME2湯目【鳥取】東郷温泉 ふじつ荘