四国



ふいご温泉 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1998年12月末
所在地
徳島県麻植郡山川町
交通
JR徳島本線阿波山川駅タクシー5分
照会先
0883・42・4700
コメント
あの赤い屋根が印象的なふいご温泉ですが、宿の方に着いたのが6時すぎで
辺りは真っ黒。ぽつんぽつんと連なる小さな提灯を確認しながら長い坂道を
ゆっくりと下りていきました。

6時間程運転しっぱなしだったので、今夜泊る「ふいご荘」」の玄関から零
れる灯かりを見た時には、ほっとしました。何とかたどり着いたという安堵
の気持ちとようやく温泉に入れるという気持ちです。

ふいご荘は木造の建物でずいぶんと鄙びておりますが、部屋や廊下などきち
んと清掃されており、湯治場的な良い雰囲気を出しています。

食事の前に、急いでお風呂場に向かいました。
浴室に入るやいなや、地元のおじさんから話しかけられました。なんという
気さくな土地柄なんでしょう。後で分かった事ですが、私以外のお客さんは
ほとんど地元の人と思われるおじさんおばさん達でした。

お風呂場はというと、全面がガラス張りになっていて眺めが良さそうです。
湯船は中央にあり20人ぐらい入れるでしょうか。両脇にカランが5つずつ
あります。シャワーもあり、石けんも置いてあります。

お湯は薄く緑がかっており、すべすべした感触、においから鉄泉でしょうか
。タオルが黄色く変色しました。

食事後、もう一度入りに行きました。入浴時間が9時までなので、8時すぎ
に行ったのですが、この時は誰も入っていませんでした。

最初の時は気が付かなかったのですが、窓から鮮やかなお月さんが眺められ
ました。山間の鄙びた温泉宿、静寂の中、ゆっくりと物思いにふけると言い
たいのですが、妙にボコボコという音が気になります。湯船の底から気泡が
出ているのです。

湯船は深くないですし(膝までの深さ)、足の裏が刺激を受ける様に湯船の
底はぎざぎざになっていますし、湯船には手すりが2ヵ所取り付けてありま
す。高齢者にやさしい温泉ですね。

四国での最初の温泉として十分納得しながら眠りに付きました。

旅館名:山川町営保養センターふいご荘
交通 :徳島からR192湯立交差点(案内板あり)左折3キロ
料金 :5000円
料理 :山菜料理
泉質 :緑ばん鉄泉
泉温 :18℃


HOME地域別温泉情報