9湯目 鳥取「三朝温泉」



三朝温泉に着いたのは、19時30分頃でした。辺りはすっかり暗くなり、河
原風呂に入るには丁度良いかも知れません。

ここに来るのは何年ぶりだろうか。少なくとも15年は来ていないと思います
。それにしても、全然変わっておりません。河原風呂の前に居酒屋ができてい
るぐらいでしょうか。隣りにあるお食事処は当時のままです。

河原風呂には、5〜6人が入られていました。皆さん、三朝温泉に泊まられて
いる方達の様です。皆さん手前の湯船に入られていたので、私は向こうの湯船
に入ります。少し熱いですが、温泉津で修行してきたのでへっちゃらです。

湯船は2つあり、私の入っている方に源泉が注がれ、手前の湯船に流れ込む様
になっています。これ以外にも、橋寄りに小さな湯船がありますが、ここは橋
から丸見えなのと、ぬるいので誰も入っていません。


「三朝温泉の夜景」
 

注がれる源泉を口に運びます。ほとんど無味無臭です。
三徳川にぼんやりと映る街灯を眺めていると、当時の事が思い出されます。こ
の眺めは全然変わっていません。15年もの間、この露天風呂に数多くの人が
入り、それぞれの人達がそれぞれの思い出・印象を心に残していると思うと、
とても素晴らしい事だと思います。

これからもこのままでいてほしいという願いを込めて、今日新たな思い出を心
に残し、三朝を後にしました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:三朝町有配用混合泉
施設名:河原風呂
所在地:鳥取県東伯郡三朝町三朝
交通  :山陰本線倉吉駅から三朝温泉行きバス約20分
    三朝温泉下車
照会先:0858・43・0431
泉質  :含弱放射能泉・ナトリウム−塩化物泉
泉温 :66℃
営業時間:24時間
入浴料金:無料

おまけの報告です。
この後、東郷温泉「寿湯」の場所確認に行きました。松崎駅の前で、場所はす
ぐに確認できました。時間が遅いのか、灯かりは消えていました。また、すぐ
近くには、「極東温泉組合」という地元専用の浴場があり、中から賑やか声が
聞こえて来ました。

次に、一般に公開されている露天風呂があると言う「宝喜温泉」を探しに行き
ましたが、暗闇の田園風景から見つけるのは無理だと判断し諦めました。
 

HOME8湯目 島根「立久恵温泉」岡山・島根・鳥取温泉リスト