8湯目 島根「立久恵温泉」



温泉津温泉の熱い温泉に入り、身体はまだポカポカしていますが、せっかく島
根まで来たのですから、もう一湯入ろうと思います。どこに行こうか迷ったの
ですが、ここは今迄とはがらっと変えて露天風呂からの眺めが素晴らしいとの
噂の立久恵温泉に行こうと思います。

9号線を東に向かい、出雲市辺りで県道を南下します。しばらく走ると、どこ
かで見た公園が。おぉ〜。間違いありません。私事になりますが、7年程前の
夏休みにこの公園で行われた盆祭りに遊びに来た事があります。その時は、近
くに住む、学生時代の友人宅に泊ったのですが。今回の旅行で、時間があれば
会いたいなあとは思っていましたが、こちらに来てからはすっかり忘れていま
した。それにしても、偶然です。急に顔が見たくなりました。

それでも、7年前に一度来ただけですから、自宅は覚えておりません。地元で
小さな鉄工所をやっていて、父親に代わって会社を営んでいるはずです。通り
すがりの人に聞きながら訪れました。温泉津温泉で買った地酒「開春」を御土
産にして。

懐かしい友人に会えました。相手は随分驚いておりましたが、私が温泉めぐり
をしている事を話すと、「なんだぁ、また温泉だかぁ、こっちは忙しいけん、
手伝わせちゃる、旋盤やっちぇけい」と呆れさせた様です。まあ、普通の人に
は、なかなか納得して貰えません。しばらく懐かしい話で盛り上がりましたが
、本当に忙しい様子なので1時間程で別れました。

話が逸れました、申し訳ございません。寄り道をしたせいで、予定が大幅に遅
れましたが、そこに温泉があるのに入らない訳にはいきません。国道184号
線まで出て南下します。途中で、一方通行になる所があるのですが、すぐに右
手に「立久恵温泉 御所覧場」の建物が見つかりました。

受付で入浴料金500円を払い、階下にあるという露天風呂に向かいます。男
湯と書かれたドアがあったので、開けてみると内湯でした。2〜3人が限度の
小さな浴室です。さて、どこかなと思っていると宿の人と会い、案内してくれ
ました。露天風呂は一度宿を出て、道を渡った向こう側にありました。

  
「露天風呂からの眺め」
 

おぉ〜。なるほど、なかなかの眺めです。奇岩・柱石がそそり立っています。
この眺めは、九州の深耶馬溪温泉からの眺めに似ています。後で、パンフレッ
トを見たら、ここは「山陰の耶馬溪」、「出雲の層雲峡」と呼ばれているそう
です。まあ、誰でも同じような事を考えます。

露天風呂は、結構広め(6m×4mぐらい)の岩組みの湯船と、2〜3人が入
れる湯船があります。まずは、広めの湯船に入りました。丁度良いお湯加減(
39℃)で、お湯は無色透明です。昨日から色つきの温泉ばかり入ってきまし
たので、すごく新鮮です。しばし、絶景の「出雲の層雲峡」を眺めながらの入
浴となりました。こういう所は、やはり一般受けする無色透明なお湯が良いか
も知れません。

次に、お湯が注がれている小さな湯船に入りました。少し熱めです。(41℃
)こちらのお湯がオーバーフローして、大きな湯船に流れ込む様になっていま
す。注がれているお湯を口に運びます。僅かな苦味と塩味がしました。

この後はやはり大きな湯船に移り、入ったり湯船の縁に腰を掛けたりしながら
、1時間程貸し切りの露天風呂を楽しみました。

  
「露天風呂の湯船」

さて、これからは、9号線をひたすら東に向かいます。
最後の温泉は七釜温泉にするつもりでしたが、米子の時点で18:00。七釜
温泉の営業が21時迄ですから、とても無理と思い断念しました。

このまま帰るのも心残りなので、最後の温泉となるに相応しい温泉を色々と考
えました。時間を気にしなくても良い最高の温泉を見つけました。「三朝温泉
河原風呂」です。

詳細は以下の通りです。

温泉名:立久恵温泉
施設名:御所覧場
所在地:島根県出雲市乙立町5269
交通  :山陰本線出雲市駅から一畑バス須佐行き約25分
    展望台入口下車すぐ
照会先:0853・45・0211
泉質  :含砒素石膏食塩泉
泉温 :31.8℃
営業時間:7:00〜22:00
入浴料金:500円
 

HOME7湯目 島根「温泉津温泉」9湯目 鳥取「三朝温泉」