7湯目 島根「温泉津温泉」



温泉津温泉は、以前から一度は入りたいと思い続けていた温泉です。
その温泉にいよいよ入れるかと思うと、ハンドルを持つ手にも力が入りますが
、気持ちを落ち着かせてゆっくりと9号線を西に向かいます。

幾つかトンネルが続いた後、温泉津の案内に従い右手に曲がります。すぐに左
手に温泉津駅が見えてきました。ここからは、徐行しながら進みます。

焼き物屋などがある商店街を抜け少し進むと、がらっと風景が変わります。港
町の雰囲気が漂ってきます。この海を見ながら少し進みますと、温泉津温泉街
で、細い路地の両脇に温泉宿が建ち並んでいます。

しばらく進むと、右手に温泉宿「長命館」の看板が見えました。元湯はこの宿
の前のはずです。ありました、何ともレトロな建物です。前の駐車場に車を止
め、早速入ろうと思います。

  
「温泉街と元湯外観」
 

建物正面に番台があり、年配の女性が座っています。ここが、元湯である事を
確かめ中に入りました。脱衣場は、地元の公衆浴場の雰囲気そのままの所です
。前にある「松の湯」と書かれたドアが気になりましたが、左手のドアから浴
室内に入ります。

先客が4人入られていました。皆さん地元の人の様で、ご老人ばかりです。湯
船は2つあり、左手の湯船の手前に座られていました。私は、右手の湯船のお
湯で掛け湯をしたのですが、「熱い!」、あまりの熱さで声が出てしまいまし
た。隣りで座っていたご老人の一人が、「まずはぬるい方に入ってから」と声
を掛けてくれました。

気分を取り直して、ぬるい方へ入ります。「う〜ん」こちらも結構熱い様な気
がします。お湯は、緑白っぽく濁っており、湯船や床に張り付いた茶褐色の結
晶物が、歴史を感じさせます。お湯自体は、すべすべした・・・、とにかく熱
くてあまり良くわかりません。

それにしても、他のご老人は床に座ったまま動きません。私も出て、しばらく
ご老人達にならって床の上であぐらを組みます。郷に入れば郷に従えです。

しばらく休んだ後、意を決して熱い湯の方へ入ります。片足を入れただけで、
停まってしまいます。しかし、ここで諦めては男がすたる。先程、私の目の前
で、ご老人の一人が5分程は入られていました。一気に身体を沈めます。足の
先から一気に痺れが伝わってきます。我慢しながら、なるべくお湯が動かない
様に源泉口に移動し、注がれている源泉を口に運びました。しょっぱさと苦味
、そして鉄っぽい味がし金属臭がしました。

う〜ん、限界です。我慢できなくなり上がりました。何とか2分ぐらいは入れ
たでしょうか。見る見る内に、全身が真っ赤になります。これは尋常ではあり
ません。

しばらく休憩してから、今度はぬる湯の方へ入りました。やはり、こちらの方
が良いですね。浴室内に設置されている温度計を見た所、ぬるい方は42℃で
、熱い方は46℃でした。熱いはずです。熱い方寄りに移動すると、熱い方と
の境の下の方からもお湯が流れ込んでいるが解りました。

先程、話をしてくれたご老人によれば、もっと熱い日もあるとの事。ここは、
源泉がそのまま注がれているはずですから、日によって源泉の温度も変わると
言う事でしょうか。ご老人は、足に水がたまっていたのが治ったとその足を触
って見せます。霊験あらたかな温泉ですね。

よくよく見ると、ぬるい方は白く濁っているのに対し、熱い方はそうではあり
ません。熱い方に源泉が注がれ、それがぬるい方に流れ込む仕組みですが、ぬ
るい方に湯の華が多いので、その様に見えるのでしょうか。
2〜3度ぬる湯に浸かり、元湯を出ました。

  
「飲泉場と斜め前にある薬師湯外観」

さて、温泉街をぶらぶらしようと思いますが、駐車場には3台の車が止まって
います。温泉街の外れに第2駐車場があるので、そちらに止めようと思い番台
のおばさんにお願いしますと、どうぞどうぞ一日中でもゆっくりして貰ったら
良いと言って下さいました。さすがに一日歩き回る事はできませんが、丁寧に
お礼を言い止めさせて貰いました。

細い路地の左右に温泉宿が建ち並び、中には木造の温泉宿も見られます。年配
の人が多いですが、思ったよりも人の往来が多く、寂れている風ではありませ
ん。途中、元湯前の飲泉場で温泉を頂きます。
こちらは温度が低めです。説明文によると、どうも温度は24℃という事でし
た。

  
「温泉津湾と砂浜」

温泉街を抜け、入り江の方に向かいます。石見銀山の積み出し港として栄えた
という入り江を見ながら砂浜のベンチに腰をかけ、一休みします。しばらく眺
めていましたが、この眺めは絵になりますね。今でもはっきりと印象に残って
います。

次に、駅方面に少し戻り、野口雨情の歌碑を見に行きました。この辺りは、潮
の良い香りがします。前に造船所が見られますが、今でも使われているのだろ
うか・・・。この後、駅の方へ行こうかとも思いましたが、少し距離がありそ
うなのでやめました。お土産物屋で地酒(開春)を買い、車に戻ります。

結局、温泉津では2時間30分の滞在となりましたが、この時間ではこの温泉
津の良さは半分も解らなかったのではと思います。夜の温泉街の雰囲気、街の
人達との会話、周辺の観光、温泉津の歴史、それらを知って初めてここの良さ
を知る事ができるのではと思いました。もう一度、来ようと思います。

詳細は以下の通りです。

温泉名:温泉津温泉
施設名:元湯 泉薬湯
所在地:島根県邇摩郡温泉津町
交通  :山陰本線温泉津駅から温泉津温泉行きバス約10分
    (徒歩の場合は約30分)
照会先:0855・65・2052
泉質  :含石膏弱アルカリ泉
泉温 :49.5℃
営業時間:5:30〜21:00 木曜日休み
入浴料金:200円
 

HOME6湯目 島根「小屋原温泉」8湯目 島根「立久恵温泉」