6湯目 島根「小屋原温泉」



赤来温泉を出てから45分。帰りは早く帰れました。
小屋原温泉行き方マップ

さて、2日目のメイン「小屋原温泉」に到着です。今日は、この宿に泊ります

ここは、三瓶山の麓、山の中の一軒宿で部屋が5つしかない温泉宿です。
この小さな宿を通常は、娘さんとその母親が切り盛りしている様子です。

まずは、食事の前に温泉へ。
一通り、娘さんから説明して貰います。

1階に4つの2〜3人が入れる浴室があります。娘さんが言うには、どれも一
緒です、という事ですが、微妙に違います。特に温泉を追求する人間にとって
は。違いは、後々述べる事にします。

まずは、一番奥の浴室に入ります。あえて、それ以外の浴室は見ませんでした
。脱衣場・浴室共、趣きがありますね〜。湯船・床全体が温泉の結晶物で覆わ
れています。
なるほど、お湯は長湯にぴったりのぬる湯です。湯口から源泉が注がれていま
す。口に運びますと、う〜ん「池田ラジウム鉱泉」のお湯に似ています。あそ
こ程ではありませんが、舌の先にぴりっとくる感触、苦味と酸味、鉄っぽい後
味。湯温が違うのと、成分的には放射能泉でない事ぐらいでしょうか。主な成
分は近い物がありそうです。

どれどれ、湯温はというと、湯船で36℃、源泉注ぎ口で37℃でした。
待望の小屋原温泉に入れて幸せです。

  
「一番奥の浴室と湯口」
 

食事は、1階の大広間で戴きました。当日は、お客さんは2組で、もう一組の
方はサラリーマン風の男性でした。

食事では、娘さんにビールを注いで貰い、少し話をしました。
建物や部屋は何年か前に改築したそうですが、浴室は昔のままだと言う事でし
た。新しくしてもすぐに湯の華が付くし、このお風呂を好まれている方がたく
さんおられますから、との事でした。この宿は、どうもそういうお客さんを大
事にしている様な所があります。

料理は、猪鍋・卵豆腐・刺身(サーモン、いか、えび)・たけのこの煮込み・
もずく・漬物・フルーツ(りんご)・ご飯で、料理の途中に天ぷら(山菜、椎
茸、えび)・ざる蕎麦がでてきました。

量的には十分で、味の方は天ぷらとざる蕎麦が美味でした。ざる蕎麦などは、
本格的な感じで御代わりしたい程でした。反対に、ここでは刺身は不要ですね


食事後、少し休みお風呂にします。今度は、一番手前に入ります。湯船の位置
が違うのと、こちらの方が広く思えました。

  
「一番手前の浴室」

遠くに川の音が微かに聞こえるだけで静かです。時が停まったかのような感覚
。温泉が淀みなく注がれる様に、時も刻々と過ぎていきますが、この様なぜい
たくな時間の過し方も良いものです。
ここに一日泊れば、仕事のストレスなんか全然無くなる様な気がします。
1時間程入り、部屋に戻りました。

明日の予定など考えながら、30分程過ごし、最後のお風呂に向かいます。
夜は23時までとなっています。

  
「手前から2番目の浴室」

今度は、手前から2番目の浴室に入りました。ここは、湯船が他に比べて狭い
です。入ってみると、いきなり全身に泡が付着します。拭っても拭っても付き
ます。何故でしょうか。湯量が多く勢い良く注がれている様に思えます。
また、ここは排水溝に流れ込むお湯の音が大きく感じました。なんだか落ち着
かなかったのと、3番目が気になり、隣りに移りました。

  
「手前から3番目の浴室と湯口」

こちらは、湯船は広いですが、2番目と同じ様に入ってすぐ泡が付きました。
ただ、今度は拭うと、暫くは付きません。湯量は多く勢い良く注がれています
。2番目と同じく排水溝に流れ込むお湯の音は聞こえます。

泡が付くのは、湯量が多いせいか、それとも時間的なものなのか。気になって
もう一度、一番手前の浴室へ移動しました。私って、何をしているのでしょう
か。(^^;

納得しました。お湯の注ぎ口が一番手前は低いだけです。つまり、湯量は同じ
ものの、注ぎ口が湯面付近にあるため勢いはなくなり泡立たないという事でし
た。急いで其々の浴槽に入りましたが、一番手前が私には合っていそうです。

宿に着いてからトータル4時間あまりの温泉三昧でした。私が上がりかけた頃
には、一番奥の湯船のお湯が抜かれていました。毎日、お湯を入れ替えている
のでしょうか。これだけの湯の華ですから、排水溝や管の手入れも大変だと思
います。

  
「意外や意外。綺麗なお部屋」

ここで、お部屋の紹介をしましょう。8畳一間で、ベランダ、床の間がありま
す。また、トイレ、洗面所、クーラー完備です。部屋はきちんと清掃され綺麗
でした。
逆に付いていない物は、金庫・冷蔵庫・電話(外線用)。私にとっては、あま
り必要ではありませんが。1階の冷蔵庫から缶ビールを1本いただき、湯上が
りの一杯とそました。

  
「一番奥の脱衣場と部屋からの眺め」

朝、6時すぎに起きお風呂場に向かいます。少し迷ったのですが、一番奥に入
りました。朝風呂というのも、夜入るお風呂とは違った趣きがあります。すり
ガラスに当たる朝の光が薄暗い浴室を若干明るくさせます。湯船のお湯も気の
せいか白っぽく見えました。

お湯に入ると、湯面を漂う湯気が静かに移動するのが解ります。身体全体に気
泡が薄っすら付着します。天井の方でうまく換気されているのでしょうか、湯
気がこもっていません。窓を開けると、僅かに風が入ってきます。山肌の緑が
眩しいぐらいです。
1時間があっという間に過ぎて行きました。名残惜しいのですが、仕方ないで
す。これからも1年に一度ぐらいは来たいと思います。
小屋原温泉の湯船考察

朝食は、夕食と同じく大広間で戴きました。料理はごく普通の物でした。会計
は、税別で8000円ちょうどでした。

宿を出発する時、昨日リニューアルされたという三瓶自然館と石見銀山の見所
を教えていただきました。行きたかったのですが、どうしても他に行かなけれ
ばならない所があるのでパスする事にしました。

宿の娘さん、お母さんに見送られながら、向かう先は今回の旅の最大の目的地
「温泉津温泉」です。

詳細は以下の通りです。

温泉名:小屋原温泉
施設名:小屋原温泉 熊谷旅館
所在地:島根県大田市三瓶町小屋原1014−1
交通  :山陰本線大田市駅から三瓶行きバス約30分新池田停留所下車
    徒歩約30分(宿泊の場合、停留所から送迎あり)
照会先:0854・83・2101
泉質  :含塩化土類食塩泉
泉温 :38℃
営業時間:9:00〜19:00
入浴料金:400円

宿泊料金:8000円(1泊2食)
入浴時間:6:00〜23:00
温泉の由来:古文書によると、寛政年間(1789年〜1800年)に発見さ
      れ、大森代官も、たびたび利用した。とある。
 

HOME5湯目 島根「赤来温泉」7湯目 島根「温泉津温泉」