4湯目 島根「池田ラヂウム鉱泉」



朝5時に「蒜山高原道の駅」を発ち、大山を目指しました。

無人の駐車場に車を止め、大山寺の参道を登ります。朝早いので、他に参
拝者は見かけませんでした。いつものコースで、日本一長い石積みの階段
と言われている参道を登り、大神山神社に向かいました。途中の金門から
の大山は爽快で、ここは一見の価値ありです。

  
「石積みの階段と金門から見る大山」
 

大神山神社付近では、満開の桜もちらほら眺められ、何とか間に合ったか
なという感じです。大山寺では、願いを込めて鐘を鳴らしました。

  
「満開の桜と大山寺の鐘」

この後、出雲大社〜日御碕と巡りました。
出雲大社では、天空にそびえる巨大神殿出雲大社のポスターが目を引きま
した。日御碕では、日御碕灯台に昇りました。ラセン階段が163段あり
、年配の方には厳しいかも知れません。

少し早いですが、土産物屋でお昼にしました。こういう所は、結構海の物
が美味しかったりします。刺身と蕎麦が食べたいのですが、刺身定食が
1800円で、割子蕎麦が600円です。お昼から2400円では、豪勢
すぎますので、女将さんと交渉します。刺身定食からつぼ焼とご飯を抜き
、割子蕎麦(3段重ね)を2段にしてもらい、計1500円で交渉成立で
す。途中で御土産を買ったので、割子蕎麦は結局3段に。お味の方は普通
でした。(^^;

  
「出雲大社と日御碕」

さて、前置きが長くなりました。見るものは見たし、腹ごしらえも終わっ
たので、いよいよ温泉です。
大田市から、県道30号線を三瓶山方面へ10キロ程走りますと、右手に
「池田ラジウム鉱泉」と書かれた黄色い看板が見えます。その枝道を2〜
3分走った所にありました。

  
「池田ラヂウム鉱泉の案内板と外観」

民家の様な建物で、立派な門構えです。池田ラジウム鉱泉と彫られた石の
表札は、ここが何かの研究施設ではと思わせます。ここの温泉は、ご存知
だと思いますが、日本で最もラドン含有量の多い温泉と言われています。
8号泉は、6640マッヘ/kgという事です。

玄関を入り、チャイムを鳴らしますと、すぐに宿の人が出てこられました
。少しお待ち下さいという事で、入浴料金300円を払い、2〜3分待ち
ました。お風呂の準備をしていただいた様です。

  
「温泉分析表と浴室」

宿の人に案内されて、お風呂場に向かいました。民家にあるお風呂場とい
った感じです。浴槽には木の蓋がされていたので、とりあえず外し中を見
てみます。薄く黄色に濁ったお湯が張られおり、湯面が微妙に揺らめき、
いかにも効きそうな感じです。窓のカーテンを開けると田舎の風景が目に
入ってきました。

  
「池田ラヂウム鉱泉の湯船」

お湯は少し熱めでしょうか。源泉らしき物のレバーがあったので、開きま
すと、冷たい源泉が勢い良く注がれました。その量は半端ではありません
。湯温が急激に下がるのが分ります。そして、湯船からはお湯が溢れます
。少し緩めて、源泉を口に運びます。

口に運んだ瞬間、舌の先がピリッとしました。この様な感覚は初めてです
。すっぱくもあり苦くもあります。鉄っぽい味が残ります。あまり飲めた
物ではありません。右端の窓が一面開放されていました。閉め切っては良
くないのでしょう。注がれる湯量を調整し、しばらくぼんやりと入らせて
貰いました。ほととぎすの鳴き声が微かに聞こえてきました。


「源泉が注がれる湯船」

1時間程入らせて貰いましたが、他に訪れる人はおりませんでした。確認
はしませんでしたが、ここは貸切湯という事ではないと思います。

ラジウム泉としては三朝温泉(鳥取)にも入りましたが、同じ放射能泉で
も含有する成分によって、これ程受ける印象が変わるとは思ってもいませ
んでした。


「池田ラヂウム鉱泉から見た風景」

詳細は以下の通りです。

温泉名:池田ラジウム鉱泉8号泉
施設名:池田ラジウム鉱泉「放泉閣」
所在地:島根県大田市三瓶町池田堂原上2661−2
交通  :JR山陰本線大田市駅よりバス三瓶温泉方面行き20分
    一丁田下車 徒歩20分
照会先:08548・3・2833
泉質  :含土類食塩泉放射能泉
泉温 :16.0℃
ph :6.0
営業時間:9:00〜19:00 不定休
入浴料金:300円
 

HOME3湯目 岡山「真賀温泉」5湯目 島根「赤来温泉」