3湯目 岡山「真賀温泉」



悪戦苦闘の末、辿り着いた真賀温泉。
暗闇に赤々と映える「真賀温泉」という文字。
いよいよ、1日目のメインの温泉「真賀温泉」に到着です。

山肌にへばり付く様に建つ温泉宿。急な坂道。立ち昇る湯気。正しくイメ
ージ通りです。
嬉しくなりました。急な坂道が全然苦になりません。とは言っても、そん
なに登る訳ではありませんが。「真賀温泉館」は、すぐに分かりました。


「暗闇に赤々と映える真賀温泉という文字」
 

良い佇まいですね。玄関口まで来ると、子供達が楽しく騒ぐ声が聞こえて
きます。家族連れでしょうか。

玄関を入りますと、地元のおばさんと受付のおじさんが話されていました
。私の方は、受付の上に貼られているお品書の様な料金表をしげしげと見
ていました。入る湯は、既に決まっているのですが。

それを見たおばさんは、「幕湯、深い所、あそこはええ」と勧めてくれま
す。私の方は、「初めてなので・・・」。その後、2〜3会話を交わしま
した。

何気ない会話でしたが、地元の人の温もりが伝わってきました。地元の共
同浴場ではありますが、ここの人達は遠くから来た湯治客や一見さんを大
事に思っているんだなあと感じました。

さて、幕湯ですが、4つ並んだ浴室の真中にあります。先程、子供達の声
が聞こえた所は男女内湯で、地元の人達が多い様です。反対に幕湯は、湯
治客や一般客用という感じでしょうか。

幕湯の暖簾を潜ると、これまたイメージ通りの浴室が。奥に細長い浴室で
手前から脱衣場・洗い場・湯船となっています。

少し薄暗かったので、電灯のスイッチを探したのですが、ありません。
どうもこの明るさが正解の様です。ところで、入口扉は閉めて良いものか
どうか。休憩されていた地元のおじさん達に尋ねた所、一斉に閉めて下さ
いとの返事。ばかな事を聞いてしまいました。

さて、いよいよお湯に入ります。何と言う透明感でしょうか。湯船の底ま
ではっきりと見えるではありませんか。驚きました。そして、予想以上に
深い。温めのお湯は予想通りでしたが。

足元湧出のはずですが。足で感触を探しますが良くわかりません。
湯船の底からは竹筒を通して湯面に温泉が流れて来ています。手のひらで
すくって舐めて見ました。無味無臭です。

一通り確認も済み、ゆっくりと入ろうかなと思った所に、中年の男性が入
って来られました。愛知から来られた湯治客で、60歳前の男性です。
この男性とは、この後1時間30分程ご一緒する事になりました。

男性のプライバシーもあるので、ここでは詳しい事は書けませんが、良い
話だったので少しだけ書きたいと思います。

この男性は、昨年まで一度も病気にかかった事がなかったそうですが、昨年
初めて糖尿病と診断され急激に視力が低下したという事です。藁にも縋る思
いで湯治に来られた様で、話の節々にずいぶん落ち込まれていた事が想像で
きました。

ここへは、2日前の月曜日から来られていて1週間程滞在する予定だという
事でした。昼間は散歩や観光をされ、夜ここへ入って同浴の人と話すのが楽
しみと言って笑います。この話を聞き、私も納得しました。湯治は、温泉に
入ってその効能により病を治すのかも知れませんが、日常から開放され、自
然に触れ、何よりもこの様な知らない者同士が楽しく会話を行なう事が心の
病を治してくれるのではと思いました。

政治の話から芸能ネタ、仕事の話まで色々と話しました。ず〜と入りっぱな
しです。本当は、湯治の入浴方法としては良くないとは思いましたが、私も
専門家ではないので黙っていました。ただ、入りっぱなしよりは、半身浴と
全身浴は繰り返した方が良いと思いましたので、その事だけはアドバイスし
ました。

浴室にある時計が9時30分になりますので、そろそろ上がろうかなと思っ
ていると、6人の団体さんが入って来られました。中年の男女で家族の様で
す。中に若い女性もおられたので、急いで着替えました。そういえば、ここ
は混浴なんですね。もしかしたら、外で大分待ってもらったのかも知れませ
ん。悪い事をしました。

男性とは、お互いもう会う事がないと分かっているのですが、「また会う事
があるかも知れませんね」、「そうですね」という会話で別れました。

この後、クーラーボックスのお水(温泉だろうか?)を頂きながら、休憩し
ました。壁には、昔の新聞記事や東西の温泉番付が貼られています。ちょっ
と気になったのが、日本美人の湯という内容の張り紙です。
川中温泉(群馬)、龍神温泉(和歌山)に並び、ここのお湯は美肌効果があ
ります、といった内容です。日本3大美人湯としては、根拠はありませんが
川中温泉(群馬)、龍神温泉(和歌山)、湯の川温泉(島根)のはずです。
同じ中国地方の温泉を外すとは、ちょっと意外でした。

受付のおじさんに丁寧にお礼を言って、表に出ます。外気が心地よく、玄関
前にある石の腰掛けで休みます。身体がポカポカしています。ずっ〜と入り
っぱなしだったのに、手のひらや指がしわしわになっていません。

目の前に「真賀ホテル」が建っています。
先程の男性の事を思いました。40年程、車を運転されていて、どこに行く
にも車に乗っていた。しかし、今はもう乗れない。今日は、タクシーで少し
周っただけなのに三千円も取られたと言っていたなあ。明日、車で好きな所
に乗せてあげたら喜ぶだろうか・・・。
「真賀ホテル」の灯かりをぼんやり眺めながら、ふとそんな事を考えました


詳細は以下の通りです。

温泉名:真賀温泉
施設名:真賀温泉館
所在地:岡山県真庭郡湯原町仲間
交通  :JR姫新線中国勝山駅から蒜山・湯原行きバス約30分
    真賀温泉下車(一日4本)
照会先:0867・62・2953
泉質  :アルカリ性単純温泉
泉温 :39.2℃
営業時間:7:00〜22:00 無休
入浴料金:内湯150円、幕湯250円、家族風呂1000円

この後、313号線を北上し、蒜山高原道の駅で車中泊しました。外の気温
は2℃と寒いですが、厚めの毛布を用意してあるので大丈夫です。途中で買
った缶ビールを飲みほし、深い眠りにつきました。
 

HOME2湯目 岡山「湯の瀬温泉」4湯目 島根「池田ラヂウム温泉」