2湯目 岡山「湯の瀬温泉」



歴史のある小森温泉(宿も含めて)を楽しんだ後、すぐ近くにある湯の瀬
温泉を確認する為、出かけました。429号線を挟んで、小森温泉とは反
対側にあります。

1〜2分走ったでしょうか、民家の様な建物と「湯の瀬温泉」の看板が見
えました。こんなにすぐだとは思ってもみませんでした。思わず、通り過
ぎてしまいました。Uターンしながら、どうしようか迷いました。小森温
泉の余韻を楽しみたい気もしますし、次いでだから入ってしまいたい気も
します。


「湯の瀬温泉の外観」
 

迷っている内に、車は駐車場へ。(^^;
(本当に好きだなぁと、呆れてしまいます)
玄関を開けると、軽やかな音楽が。学校で良く聞くメロディーです。
すぐに女将さんが現れました。入浴をさせて貰いたい旨伝えますと、良い
ですよという返答をいただき、お風呂場まで案内してくれました。本当に
田舎の親戚の家に来ているかのような造りで、家庭的な雰囲気がします。

脱衣場・浴室共、木を基調とした落ち着いた造りで、4〜5人入れるぐら
いの大きさです。女将さんには、お湯加減まで見てもらいました。家庭の
お風呂場に良くある蛇口は温泉情緒に欠けますが、そこから出ているお湯
は、れっきとした温泉の様です。

脱衣場にはコイン返却式のロッカーが置かれていますが、今日は必要なさ
そうです。浴室の前面はガラス張りになっており、すぐ近くの山並みが見
て取れます。その手前には、簡易なキャンプ場があり、川が流れています

 
「湯の瀬温泉の浴室」
 

あまりにも開放的で、向こうから丸見えではないかと心配になります。前
面のガラスの下3分の1は、一応すりガラスにはなっておりますが。

お湯は小森温泉と良く似ております。なめらかなお湯で、少しぬるっとし
ます。お湯加減は丁度良く、測ってみた所39℃でした。(温度計持参で
す)

蛇口のお湯を口に運びますと、ほんのりと硫黄臭が漂ってきます。これは
、小森温泉より強く感じました。また、湯面には湯の花が漂っていました


横長の湯船で、前面の風景を眺めながら4〜5人が横に並んで入るのが普
通と思われますが、手足を思い切り伸ばし湯船の中央で横たわりました。
丁度、湯船も浅いのでそんなに無理な体勢でもありません。

ひとしきりお湯を楽しみ、そして湯船に腰を掛け、前面の山並みを眺めま
す。あぁ〜、何と幸せな気分でしょう。この後も交互に楽しみ、思いがけ
ず長湯をしてしまいました。

玄関口で声をかけ外に出ました。
裏山の風景・キャンプ場・建物など写真を撮っていると、夕食の準備をし
ていた女将さんが気づかれ、出てこられました。私を雑誌のフリーライタ
ーかなにかと思われたのでしょうか、知り合いに紹介して下さいと名刺を
2枚頂きました。


「裏山の風景」

この後、しばらく女将さんの話をお伺いしました。一人でも泊めて頂ける
という事なので、その内またお伺いしますという事で別れました。家庭的
な感じの良い宿だと思います。
(2002年8月に宿泊した時の感想は、
こちらをご覧下さい)

詳細は以下の通りです。

温泉名:湯の瀬温泉
施設名:湯の瀬温泉旅館
所在地:岡山県御津郡加茂川町豊岡下1538−1
交通  :JR岡山駅から中鉄バス小森温泉行きバス約1時間30分
    湯の瀬温泉下車(一日9本)
照会先:0867・35・0539
泉質  :アルカリ性単純温泉(硫黄鉱泉アルカリ含有)
泉温 :27.1℃
ph :9.3
営業時間:9:00〜21:00 不定休
入浴料金:500円


この後は、429号線を北上し奥津温泉(鍵湯)に向かいました。予定よ
り1時間遅れで、辺りが薄暗くなってきており焦りました。
奥津温泉まで、あと10キロという地点で19時10分を過ぎてしまいま
した。奥津温泉(鍵湯)は20時までなので、間に合うとは思いましたが
断念しました。急いで入っても楽しめないと思いますし、温泉宿に夕食時
訪れるのは気が引けますから。

気持ちを入れ替えて、真賀温泉に向かいます。丁度、近道の県道がありま
したので、そちらを利用します。
少しでも早くという焦りが失敗でした。道は細いし、砂利道もあるし、野
生のキツネやウサギにも遭遇しました。結局、真賀温泉までは40分くら
いかかり、全然近道ではありませんでした。(急がば回れ、ですね)
 

HOME1湯目 岡山「小森温泉」3湯目 岡山「真賀温泉」