1湯目 岡山「小森温泉」



朝ゆっくりめに自宅を出て、阪神高速(第二神明)で姫路に向かいます。山陽
道または中国道を使えば、時間を節約できるかも知れませんが、ドライブを楽
しみたいという気持ちもあります。(高速代も800円とお得です)

姫路からは岡山までは2号線、岡山からは429号線を北上します。神戸を発
ってから5時間30分、15時30分に小森温泉に着きました。

小森温泉は、429号線沿いにあり大きな看板もあったので、すぐに分かりま
した。まずは、手前の小森温泉湯元の方を見に行きます。案内板には、小森温
泉の歴史について書かれています。


「小森温泉の湯元」 何の変哲もない水溜まり場の様子です。
 


小森温泉の湯元は、一羽の鷲がここで傷を癒し飛び去るのを見て発見されたと
言い伝えられている。本格的な開発は、享保17年(1732年)岡山藩主の池田継
政が湯治場の設営に着手するまでさかのぼる。当時は、領内唯一の湯治場とし
て賑わいをみせていたようであるが、湯元に清水が混入し、温度が低くなった
ことから、数年を経たずしてさびれていったようである。現在ではその湯屋は
ないが、強固な石垣が当時の面影を残している。戦後、地元民により温泉復興
運動が興り昭和28〜29年にかけて、湯元のボウリング調査を行った結果、
再び良質多量の温泉の湧出を見るに至り、池田隆政・厚子夫妻の出席の元、小
森温泉復興開発記念式を行い、池田家のゆかりの「いで湯」として再興された。

(以上、案内板より引用しました)

  
「小森温泉の外観と玄関」
 

さて、小森温泉ですが、年季の入った建物です。玄関を入ってみますと、木彫
りの象の置物など色々と置かれています。中でも目を引いたのが、壁にへばり
付いている1メートル以上はありそうなワニの剥製です。ここのご主人が飼わ
れていた物との説明書きがされています。しょっぱなから怪しそうな所に来て
しまいました。今後の展開が楽しみです。
入浴受付という張り紙に従い、これまた年季の入った廊下を進みます。


これは・・・?

お客と思われる中年の女性と若い女性が話されています。どうやら若い女性が
この宿の娘さんの様です。入浴させて貰いたい旨伝えますと、どうぞどうぞと
言う返答、入浴料金520円を払います。貴重品のある場合は、1000円で
ロッカーキーを貸しますという張り紙が。どうも、この宿は全て張り紙で済ま
せようとしている様な感じがします。休憩室には、地元の家族連れが4人と観
光客と思われる若いカップルが1組休まれていました。1000円は帰りに返
して貰えるという事なので、ロッカーキーを借りる事にしました。

男性浴場は階段を下った半地下にありました。脱衣場には、年季の入った数多
くの木の脱衣棚と椅子そして鏡があり、扇風機が回っています。かつては賑わ
ったであろう歴史が感じ取られます。

  
「小森温泉の脱衣場と浴室」

浴室は、白壁に囲まれ湯気でもやっています。下目に設けられた小さな3つの
窓からは明かりが差し込んでいます。中央にある岩組みの湯船は2つに区切ら
れ、片方の湯船にお湯が注がれています。この浴室には、洞窟風呂の様な閉塞
感があります。

先客が一人いましたが、入れ違いで出て行かれました。
まず、手前の湯船に入ります。丁度良いお湯加減で、ほぼ無色透明で少しぬる
っとしていて、湯の花が少し見られます。次にお湯が注がれている湯船に移り
ます。こちらは、少し熱めです。
蛇口のお湯を舐めますと、温泉の様でかるく硫黄臭もしました。
(帰宅後、HPで調べた所、28℃の源泉を加熱し掛け流している様です)

小さな窓から外を眺めますと、小川があり水車が回っていました。時折、緩や
かに風が舞い込んできます。30分程、温めのお湯に浸かり上がりました。

その後、脱衣場で涼んでいると、ウトウトとしてしまいました。時が停まって
いる様な感覚に襲われ、時計を見て我に帰りました。どうも運転の疲れが出た
ようです。確か、入浴は1時間以内となっていたはずですが、誰も入って来な
いので大丈夫でしょう。

着替えてから、休憩室の方で休みました。ここも年代がかっています。開湯当
時(昭和29年)の写真が貼られています。また、当時の観光案内のポスター
も貼られていました。岡山から周遊バスも出ていた様です。そのポスターが結
構おしゃれで、現在の物と間違えかけた程です。これらを見ても、当時は賑わ
っていた事が分かります。

  
「小森温泉の休憩室と開湯当時の写真」

当時は道路も整備されていなかったでしょうから、結構時間もかかったのでは
ないでしょうか。山の中でこんこんと湧き続けているお湯に湯治に来る人々。
旅人が一夜の宿としてお湯に浸かって行く事もあったのでは、と色々と考えて
しまいました。

ここは泊ろうとは思いませんが、シーズンオフの平日にでも来て、一人でゆっ
くりと入りたい温泉です。

詳細は以下の通りです。

温泉名:小森温泉
施設名:小森温泉
所在地:岡山県御津郡加茂川町小森
交通  :JR岡山駅から中鉄バス小森温泉行きバス約1時間30分(一日9本)
照会先:0867・34・0015
泉質  :アルカリ性単純温泉
泉温 :28.1℃
ph :9.4
営業時間:11:00〜20:00(入浴制限あり1時間) 不定休
入浴料金:520円 

HOME2湯目 岡山「湯の瀬温泉」