13湯目【島根】海潮温泉 ゆとりの里



次に向かったのは、「温泉博士」の無料券対象施設の上記温泉です。

「宮の奥湯」からは、国道314号線で木次まで行き、木次からは県道で海潮温泉に向かいました。

途中、出雲湯村温泉を通ったので、ふと露天風呂に入りたくなり立ち寄りました。
約9ヶ月ぶりですが、温泉街の雰囲気は変わっていません。

肝心の露天風呂ですが、川の水量が多く、水が流れ込んでいました。良く見ると、小さな魚も泳いでいます。
湯温を測った所、25.8℃でした。無理をすれば入られるかも知れませんがパスしました。

   

出雲湯村温泉 河原の露天風呂



「ゆとりの里」までは予想以上に掛かり、到着したのは19時30分。
この時点で、20時30分までに「さぎの湯荘」に行くのは微妙になりました。
露天風呂からの眺めが良いと評判の「さぎの湯荘」は、昼間にゆっくり入りたいと思いパスする事にしました。今回は、「ゆとりの里」でゆっくりする事にします。

   

玄関(初日の昼間撮影)



「ゆとりの里」は、典型的な日帰り温泉施設の様な趣きで、1階にお風呂場・お土産物売り場・休憩室、2階にレストラン・大宴会場・リラックスルームとなっています。

浴室には、バイブラ風呂・寝風呂・漢方薬陽風呂・サウナがありました。

まずは、正面にあるバイブラ風呂に入りますが、カルキ臭が漂い、お湯も循環している様です。
湯温は少し高めで、あまり特色のない温泉です。

露天風呂でもあるのかなと思い、浴室奥のドアを開けるとパイプ椅子があるだけでした。喫煙場所の様です。お兄さんがタバコをふかしていました。

入浴後は、売店で土産物を購入しました。結構、面白い物がたくさん置かれていました。
購入した中では、「にんにくせんべい」が癖になりそうな味で美味しかったです。

この後は、道の駅「蒜山 風の家」までノンストップです。
到着は23時前。好都合な事に、道の駅手前1kmの所に酒屋さんがあり、自動販売機で缶ビールを買いました。

夜食を食べながら缶ビールを戴きますと、すぐに睡魔が襲ってきました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:海潮温泉
施設名:健康ランドゆとりの里
所在地:島根県大原郡大東町大字中湯石222−3
交通 :山陰道松江西ICより、約20キロ
照会先:0854−43−4500
泉質 :カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉
泉温 :2号井 約42℃、3号井 約39℃
湧出量:2号井 約435リットル/分、3号井 約150リットル/分
pH :不明
駐車場:あり
その他:タオル大小無料貸出
入浴時間:10:00〜22:00 毎週木曜日休み
入浴料金:500円

HOME12湯目【広島】比婆山温泉 宮の奥湯14湯目【鳥取】関金温泉 関の湯