12湯目【広島】比婆山温泉 民宿 宮の奥湯



次に向かったのは、「温泉博士」の無料券対象施設の上記温泉です。

ここも加田の湯入浴後に決めました。という事で、どこにあるかも解かりません。
とりあえず、そちら方面に行く事にします。近づいて来たら看板でも出ているでしょう。

三次から国道183号線を北上します。思い描いていた通り、国道314号線と交わる付近で比婆山温泉の標識があり、そちら方面に向かいます。
少し行って、比婆山温泉の周辺案内板があったので車を降り確かめます。

ところが、目的の上記民宿が載っていません。良く見ると、遠く離れた所に「宮の奥湯」という文字が載っていました。
先程の交差点まで戻り、国道314号線を反対方向に走ります。

5分ぐらい車を走らせた所で、右手に「宮の奥湯」の看板がありました。
ただし、右手には田んぼしかありません。本当にこの道であっているのか不安になりながらも細い道を進みますと、ようやく民家らしき建物が見えてきました。

   

案内用の看板



宿の人には失礼ですが、まさかこんな片田舎の民家が温泉民宿とは思いませんでした。看板もなく、家の前で農作業しているおじさんに聞くまでは確信を持てませんでした。

まずは、温泉雑誌「温泉博士」で入浴できるか確認しますと、OKでした。ここは前々から雑誌に掲載されているらしく、今日も2組来られましたよと歓迎してくれました。
雑誌には、食事もできると書いていましたので、入浴後食事もしようと思います。宿のおばさんのお勧めである「だんご汁定食」を注文して、まずはお風呂に入る事にします。

   

脱衣場
半露天風呂の様な岩風呂


お風呂は、屋根付きの半露天風呂の様な岩風呂で無色透明なお湯が満たされていました。
久しぶりの透明なお湯です。掛かり湯をした所、飛び上がりそうになりました。けっこうな熱さです。
ゆっくりと身体を沈め肩まで浸かります。お湯は、そんなに特色はありません。

湯口がなかったので、洗い場のカランの加熱湯を湯船に入れているのでしょう。湯船に一つ蛇口がありましたが、水の蛇口でした。
湯船のお湯の温度を測った所、44.5℃でした。
半身浴と全身浴を繰り返し、30分程入らせて貰いました。

入浴後、広間の方で休んでいると、すぐに「だんご汁定食」を持ってきてくれました。
もち米で作っただんごに人参やタケノコが入ってあっさりとした味わいです。この他にも山菜の小鉢がいくつか出ました。

   

広間
だんご汁定食


   

「いい湯だな」の替え歌 「いい田舎」



食事後は、少しおばさんの話を聞いてから、のどかな片田舎の温泉を後にしました。

途中、パーキングエリアでこの後の計画を立て直します。
時間は16時。今夜は、蒜山辺りで車中泊をするつもりです。
そうすると、あと入れるのは2ヵ所ぐらいです。

どうせなら、無料で入られる温泉にしようと思います。雑誌を調べた所、例の立久恵峡「八光園」、海潮温泉「ゆとりの里」、さぎの湯温泉「さぎの湯荘」、出雲平成温泉が候補になりそうです。
「八光園」は少し遠いし、出雲平成温泉は一度入っているので、「ゆとりの里」と「さぎの湯荘」にしようと思います。

「八光園」の様に断られると予定が狂うので、まず入浴可能か電話で確かめる事にしました。
すると、両方の施設共OKで、お待ちしておりますという丁寧な言葉までいただきました。

まずは、海潮温泉「ゆとりの里」に向かいます。

詳細は以下の通りです。

温泉名:比婆山温泉
施設名:民宿 宮の奥湯
所在地:広島県飛婆郡西城町高尾282
交通 :中国自動車道東城ICより、R314で約20キロ
照会先:0824・84・2017
泉質 :放射能泉
泉温 :不明
湧出量:不明
pH :不明
駐車場:あり
その他:食堂があります。
営業時間:9:00〜21:00
入浴料金:315円

HOME11湯目【広島】沓ヶ原温泉跡地13湯目【島根】海潮温泉 ゆとりの里