11湯目【広島】沓ヶ原温泉跡地



加田の湯を出た後、建物前の河原で涼みながらこの後の計画を立てます。

加田の湯に入る前までは湯抱温泉と千原温泉の再訪を考えていましたが、昨日から同系統の温泉を堪能してきており、今回はパスする事にしました。
時間があれば行こうと思っていた、上記温泉の調査に出かけたいと思います。

沓ヶ原温泉は、かつて沓ヶ原ダムの近くにあった温泉宿で、現在は建物は残されていないという事です。
その泉質は炭酸成分が多く、泉源場所に行けば確かめる事ができるかも知れません。

詳細場所は解かりませんが、とりあえず沓ヶ原ダムまで向かう事にしました。

途中、君田温泉&道の駅で休憩し、情報収集します。沓ヶ原ダムへは、ここから県道で北上する事になります。
こちら方面にはキャンプ場などがありますが、平日の昼すぎですからそれらしい車は通っていません。

   

君田温泉&道の駅



沓ヶ原ダム付近になると、道もダートになり細くなってきました。おまけに工事のダンプなども通りスムーズに進めません。
仕方が無いので、沓ヶ原ダムの駐車場に車を止め、歩いて探す事にしました。

まずは手前からそれらしいパイプがないか山裾辺りを調べます。
調べだしてすぐにそれらしい黒いパイプが見つかりました。パイプから出ている水は田んぼに落ちていましたが、必要以上に泡立っていました。
もしかと思い少し舐めて見ましたが、微かに炭酸味を感じました。

   

パイプからは源泉?が



この後、30分ぐらい色々と調べてみましたが、それらしい場所は解りませんでした。
先程の水が沓ヶ原温泉の源泉かどうかは不明ですが、今回の調査はここまでにします。
なにせ、梅雨に入ったばかりだと言うのに朝から良い天気でしたから、汗でぐっしょりになりました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:沓ヶ原温泉
施設名:沓ヶ原温泉跡地
所在地:広島県三次市君田町櫃田
交通 :中国自動車道三次ICより、約20キロ
照会先:なし
泉質 :炭酸泉
泉温 :不明
湧出量:不明
pH :不明

HOME10湯目【島根】加田の湯12湯目【広島】比婆山温泉 宮の奥湯