10湯目【島根】加田の湯



湯元旅館を出た後、浮布池などを見学し、加田の湯に向かいました。

加田の湯は、日帰り温泉施設で6月1日にオープンしたばかりです。
同敷地内には、今年3月まで赤来町母子健康センターという入浴も可能な建物が建っていたのですが、老朽化の為取り壊され今は更地になっていました。

   

建物外観



さて、従来の建物と比較する事もないのですが、すごく立派な建物です。
駐車場も広く、入口脇には「加田の湯」と書かれた案内石碑も建っています。

   

玄関
案内用の石碑


玄関を入りますと、右手に靴箱があり、左手に受付があります。
受付の女性に、「オープンおめでとうございます」という言葉を掛けますと、丁寧に挨拶してもらいました。

玄関を入って奥の方にお風呂場があり、手前が男湯で奥が女湯になっていました。
お風呂場入口には青地の暖簾が掛かっており、脱衣場は和風の落ち着いた雰囲気です。(ロッカーは100円の返却式です)

さて、いよいよ浴室に入ります。
旧母子健康センターで使われていた乳白色のお湯か、それとも全く違う新たなお湯でしょうか。

正面にメインの浴槽があり、赤茶けたお湯が満たされています。
うぅ〜ん、やっぱり違っていたかぁ〜。
少し残念な気がしました。

   

脱衣場
湯船


浴室は正面がガラス張りになっていて目隠しの柵があるものの青空も見られます。
右手が洗い場(カラン7)で、左手にサウナ(4人)・水風呂があります。

メインの湯船は2×5m程の岩風呂で、湯船には右手奥からお湯が注がれています。
まずは、その辺りに入っています。
とりあえず、注がれている無色透明なお湯を舐めてみますと、かなりの炭酸味がしました。
湯船のお湯を見ますと、お湯が注がれている周辺が特に濃くなっています。

また、湯船右手には排水口があり、そこにお湯が流れ込んでいます。
次に湯船の左手に移動しますと、若干お湯が熱めです。左手手前からは加熱されたお湯が噴出していました。

浴室は木を豊富に使用した造りで、立派な梁があり天井が高く開放感があります。
お客さんは常時5人程でしたが、地元の方の様でした。

   

湯口からは透明なお湯が
洗い場


インパクトとしては以前の乳白色のお湯には負けますが、これはこれで良い温泉だと思います。
サウナがあって、シャンプー・ボディーソープも使えて、この温泉に入れて入浴料300円はお特ではないでしょうか。

人も少なくゆっくり入られたという事もあって、ついつい長湯してしまいました。
(貸し切り状態の時もあったので、写真撮影というお仕事もしっかりこなしました)(^^;

入浴後は、ごんべい茶屋という広間で休みました。11時すぎの時間帯で食事をされる方もいましたが、私の方は朝食が遅かったので食事には早すぎます。
メニューは、丼物・麺類そして定食が2つ程という感じです。生ビールを飲むわけにはいかず、アイスコーヒーを頼みました。

奥の方には大広間があり、こちらでも休憩・食事ができます。ただ、テーブルが4つしかなく衝立てで区切っているので、これでは4グループしか使えず要検討だと思いました。

   

めずらしい身長計



全体的に見て、ここはお勧めの温泉施設です。雰囲気も明るいですし、接客態度も良いです。
ただ、前のあの温泉が懐かしい〜。

詳細は以下の通りです。

温泉名:加田の湯
施設名:加田の湯
所在地:島根県飯石郡赤来町下来島707番地2
交通 :中国自動車道三次ICより、R54〜R184で約40キロ
照会先:0854・76・3357
泉質 :ナトリウム・カルシウム−炭酸水素塩・塩化物泉(低張性中性冷鉱泉)
    泉水1kgで Na:1100mg, Ca:360mg?, Cl:500mg?, HCO3:3600mg?(モバイルカメラで撮影したので画像が悪く不確かです)
    成分総計:6400mg
泉温 :14.3℃
湧出量:掲示されておらず
pH :6.6
駐車場:あり
その他:カラン7、ボディソープ・シャンプーあり、ドライヤーあり
    男湯は「ごんべえの湯(岩風呂)」、女湯は「さくら姫の湯」
    脱衣場に身長計がありました。(^^;
営業時間:10:00〜20:00(最終受付19:30)毎週月曜日休み
入浴料金:300円

HOME9湯目【島根】三瓶温泉 湯元旅館11湯目【広島】沓ヶ原温泉跡地