9湯目【島根】三瓶温泉 湯元旅館



2日目の夜は、宿でゆっくり温泉に入りたくて湯元旅館を予約しました。
ここの温泉は前々から入りたかったのですが、立ち寄り湯では入れない事も多いと聞いていましたから、もうこうなったら泊まるしかないと考えたからです。

1週間程前に電話を入れたのですが、最初は良い返事が貰えませんでした。
登山客と思われたのか、他にも良い宿がありますよという雰囲気が伺えました。

「湯元旅館さんは源泉に近くて良い温泉と聞きましたので」と言いますと、あっさりOKが出ました。
私一人の為に、当日は泊まり客の準備をしてくれました。

約束の17時きっちりに宿に到着しました。宿は、温泉街の道路から山間に200m程入っただけですが、周りは林に囲まれており、この宿だけ孤立しています。
まず、驚いたのは、宿の前の溝です。オレンジ色に染まった溝を大量の温泉が流れています。噂は本当の様です。

玄関を入ると、女将さんが出迎えてくれました。お客さんは、やはり私一人の様です。一番景色の良い所という事で、2階の南側に部屋を取ってくれました。
この様な山間の宿ですから、6畳一間の和室でテレビが付いているだけです。他にも12畳の部屋などがありましたが、同じ様な設備でした。

   

玄関
部屋


まずは、温泉に入る事にします。
浴衣に着替え、1階のお風呂場に向かいます。
脱衣場に入ると、何やら水の流れる音が聞こえてきます。

浴室のドアを開けると・・・。
何とも、豪快な光景が目の前に。
浴室の左半分が岩を配した滝になっています。頂上付近から、湯船に向けて緩やかに溝が出来ていて、そこを温泉が勢い良く流れ落ち、湯船に注がれています。
その溝はオレンジ色に染まり、また湯船のお湯も同色に染まっています。
また、多量のお湯が湯船から溢れ、排水口に流れるのですが、流れきれずに絶えず渦を巻いています。先程の音は排水口に流される温泉の音でした。

   

湯船
湯船に流れ込む源泉


   

排水口



話には聞いていましたが、豪快な湯量です。
湯船のお湯は少し温めでした。しかし、入られない温度ではありません。小屋原温泉と同じぐらいです。
それにしてもこの騒々しさ、小屋原温泉が静かな温泉であるならば、ここ湯元旅館は対極にあります。しかしながら、30分も入っていると、不思議な事にこの騒々しさも慣れてきます。
物思いに耽っていると聞こえなくなるぐらいです。まだまだ十分に入られる時間がありますので、30分程で上がりました。

夕食は1階の食堂の方で戴きました。夕食の準備は娘さんと2人でしてくれた様です。
料理は、家庭料理風ですが、食べきれない程たくさんでました。
山芋の短冊、いかの刺身、海老・烏賊等のフライ、鯵の開き、山菜(ぜんまい等)、肉じゃが、海草サラダ、いなり寿司・カッパ巻き、ざるそば、フルーツ(メロン)等です。
好き嫌いもなく、大抵は残す事もないのですが、今回ばかりは寿司セットは残してしまいました。

食事後、30分程温泉に浸かり、部屋で休んでいると、女将さんがやってきました。
蛍がいるんだけど見ませんかという事で見に行く事にしました。

どこにいるのだろうと思っていると、宿の前の林の中にいました。
宿の前の道には街灯も無く真っ暗闇なので、鮮やかに緑色に光る蛍が良く見えました。

下の方はもっといるという事で、女将さんはずんずんと歩いて行かれます。こちらは慣れてないものだから慌てて女将さんの後を追いました。
確かに、結構な数です。源氏蛍という事で、この辺りではここだけでしか見られないという話です。源氏蛍の宿として売り出そうかしらと、本当とも思えない話をしています。

この後、蛍を見ながらしばらく色々な話をしました。
現在は他の仕事と兼業しているので、予約してもらった方のみ宿泊を受け入れているそうです。また、女将さんとしては源泉でお風呂に入って貰いたいので、熱い温泉や透明な温泉に入りたいお客さんは遠慮してもらっているそうです。

色の付いた温泉とは知らずに来たお客さんに苦情を言われる事も少なくないそうです。
また、なかなか日帰り湯できない理由は、兼業で宿を空ける事が多いからだそうです。また、女将さん自身、基本的には旅館で入浴のみさせるのは違反と考えておられます。

女将さんが言うには、1年後は旅館業に専念する予定だそうで、そのプランについても色々と意見を言わせて貰いました。
現在はほとんど旅館の広告を出していないが、HPで紹介して貰えれば嬉しいという事で、今回長めの報告をさせて貰っています。(^^;

蛍観賞後と就寝前に各30分程、温めの温泉に入りました。いや〜、貸切風呂って良いですね〜。
ちなみに、24時間入浴可能という事でした。また、熱いお風呂が好きな方は、加熱湯を足す事もできます。

夜はとにかく静かです。朝の7時頃まで熟睡しました。

朝風呂は、また夜とは印象が異なります。
湯船のお湯の細かい色の違いも解かりますし、お湯の流れる動きが光に照らされ、よりいっそう迫力を増しています。
女将さんが言うには、朝一番は湯船の底に溜まった成分が浮かび上がってくると言っていましたが、それ程すごくは無かったです。
昨日私が結構拡散させていたからかも知れませんが。
朝風呂は、の〜んびり、ゆっ〜たりと入らせて貰いました。v(^^)

遅めの朝食をとり8時30分頃に宿を出ようと思いましたが、泉源がこの近くにあるという事なので出発を遅らせ見に行く事にしました。

   

集中濾過装置のある建物
源泉タンク(ここで入らないで下さい)(^^;


   

泉源と配管から溢れた温泉



泉源付近は集中濾過の建物や水源装置もあり立ち入り禁止になっています。近くまで行こうか迷っていると、ちょうど係りの人が来られて許可を戴きました。
また、詳しい話まで聞かせてもらいラッキーでした。
泉源は、もうすごいの一言です。配管から溢れている温泉を飲んでみましたが、炭酸味が新鮮でした。

詳細は以下の通りです。

温泉名:三瓶温泉(志学温泉)
施設名:湯元旅館
所在地:島根県太田市三瓶町志学931−5
交通 :山陰本線大田市駅から三瓶行きバス約40分、三瓶温泉下車
照会先:0854・83・2215
泉質 :ナトリウム−塩化物泉(低張性中性温泉)
泉温 :39.2℃〜41℃
湧出量:2600リットル/分
駐車場:あり(4台程)
宿泊料金:9000円(1泊2食)

HOME8湯目【島根】三瓶温泉 さんべ荘10湯目【島根】加田の湯