6湯目【島根】出雲須佐温泉 潮の井荘



海潮温泉で1時間程過ごし、次に向かったのは出雲須佐温泉です。
ここの温泉は一昨日まで名前さえも聞いた事がありませんでした。旅行に出る前日、何気なく地図帳を見ていたらこの温泉が載っていて、どの様な温泉だろうとHPで調べました。
紹介しているHPもあまりなく興味を持った次第です。

須佐神社の近くという事までは解っていましたので、まずは須佐神社を目指します。
県道から逸れ細い道を入ってすぐに須佐神社はありました。
須佐神社専用の駐車場に車を停めます。鳥取ナンバーは珍しいのでしょうか、駐車場の近くにいた地元の人達がこちらを見ています。
とりあえず、まず神社の参拝を行なう事にします。(^^;

普通の神社でしたが、境内に「塩井」という井戸がありました。
社記には次の様に書かれていました。

塩井
須佐神社七不思議の一つです。
須佐之男命がこの潮を汲み、この地を清められたという。
この塩井は日本海に続いており、湧出に間渇があるのは潮の干満と関係があるという。
満潮の時には付近の地面に潮の花をふく。浴用、飲用に用いれば万病に効果があり、産湯に少し用いれば、健康に育つという。
わずかに塩味を感じる。

日本海に続いているとは、ロマンがありますね。
お水が飲める様になっていたので飲んでみましたが、塩分は感じませんでした。

   

塩井



さて、温泉施設がどこにあるのか全く解りません。
いつもはなるべく自分の足と目で探すようにしているのですが、ここは全く情報がありません。
仕方がないので、酒屋さんに聞いてみる事にしました。

この酒屋のおばさんが親切な方でした。
「この辺りで温泉に入れる所をご存知ないですか?」
って聞いた所、
「この前にある建物ですよ。「ゆかり館」と言います」
と教えてくれました。
ただし、私が探しているのはこの日帰り温泉施設ではありません。
そこでもう一度、
「他にもう一つあると思うのですが・・・」
って聞いた所、少し考えて
「この先に「潮の井荘」がありますよ。「ゆかり館」が料金500円で、「潮の井荘」は100円です。お好きな方をどうぞ。」
と笑顔で教えてくれました。

正しく、この潮の井荘が私が探していた温泉施設です。
丁寧にお礼を言い、一度駐車場に引き返し、教えてもらった方向に車を進めます。
「潮の井荘」は駐車場から500m程の所にありました。

   

建物外観



地域の健康センターの様な所で、別室の方からはお年寄りの方や子供たちの声が聞こえてきます。
受付の女性に入浴したい旨を伝え、入浴料金100円を渡します。

ここに温泉にだけ入りに来る人はあまりいないかも知れません。
この健康センターのお風呂場という感じです。
脱衣場も脱衣棚があるだけです。浴室も3〜4人が入れる湯船とカランが2つと言った感じです。

   

脱衣場
湯船


さて、温泉は言うと、カルキ臭が漂っています。
ここは密かに期待していたのですが、残念です。
お湯は無色透明でほんの少し黄色がかっており、少し熱めです。循環していますが、カランから温泉を足す事もできます。
湯船の岩肌には温泉の成分が付着していて茶色く変色している部分もありました。

窓からは山並みも眺められ、30分程でしたがのんびりと入らせて貰いました。

入浴後、受付の女性に温泉の事を伺いましたが、温泉については詳しくなく分析表は置いてなさそうでした。
お昼休みなのに、それでも色々と探してくれて、ここの人達には感謝しています。

この後は、雑誌「温泉博士」の無料券の対象施設になっている立久恵峡「八光園」に行きましたが、掃除中という事で断られました。
ここは食事付き日帰り湯もやっている温泉宿なのに、そのお昼時に清掃中とは信じられませんが仕方がありません。
何時頃が入られるか伺った所、16時だったら大丈夫かも知れないという話でした。

詳細は以下の通りです。

温泉名:須佐温泉
施設名:潮の井荘
所在地:島根県簸川郡佐田町宮内749−5
交通 :JR出雲市駅より約20キロ
照会先:0853−84−0925
   < 以下、ゆかり館の温泉分析表データ >
泉質 :ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)
泉温 :41℃
湧出量:200リットル/分

駐車場:あり
入浴時間:10:30〜16:30
入浴料金:100円

HOME5湯目【島根】海潮温泉 かじか荘7湯目【島根】小屋原温泉 熊谷旅館