4湯目【岡山】湯原温泉/湯原温泉砂湯



三朝温泉の河川敷駐車場で仮眠を取り始めて約4時間、24時すぎに寒さで目が覚め、長袖に着替えて寝ましたが、再び寒さで目が覚めました。
フロントパネルのデジタル表示は2時38分を示しています。

このままでは寒さで眠れそうにありません。身体を温めるには温泉です。河原の露天風呂に入ろうかとも思いましたが、ふと湯原温泉砂湯を思い浮かべました。久しぶりに行ってみようと思います。

三朝温泉から1時間弱、3時30分頃に湯原温泉に着きました。湯原温泉は何十年ぶりかです。
国道から湯原温泉街に入り、ひっそりとする街中を抜け砂湯の方に進みます。
砂湯付近は駐車禁止になっていたので、手前の河川敷の駐車場に停めました。

20〜30台の車が停まっています。エンジン音のする車も何台かあり、真夜中の光景としては異様に思えました。
ここは車上荒らしが多いと聞いていましたので、現金と車のキーを巾着袋に入れ、持ち歩く様にします。

   

砂湯入口



砂湯へは、ここから歩いて5分程でした。
手前の脱衣場で着替え、まずは一番手前の湯船から入ります。
暗闇の中、目が慣れてくると、周りにはカップルやグループなど若者が多いのが解ります。

次に一つ上の湯船に移ります。
こちらは少し熱めです。そのせいか空いていましたので、この後はずっとこちらで浸かっていました。
ふと足元がこそばゆくなり、砂地をよくよく見ますと、小さな気泡と共にお湯が出ているではありませんか。
嬉しくなりました。そう言えば、以前たなかつさんがそんな話を書き込まれていた様に思います。
ここは無料の露天風呂としては最高と思います。
ただし、マナーの悪い人間が多いという事も確かな様です。

帰り際の事なんですが、若い2組のカップルが入ってきて、男性の一方が女性の身体に巻いたタオルを取ろうとしたりお湯を掛け合ったりときゃーきゃー騒いでいました。
注意しても聞くような輩ではなかったのでそのまま上がりましたが、他の人も迷惑そうな顔をしていました。
せっかく良い温泉に入っていたのに、この様な光景に出会うと、気分が悪くなります。

印象が悪くなりましたがすっかり長湯してしまいました。湯原温泉を出たのが6時頃だったので、2時間30分くらいは入っていた事になります。

詳細は以下の通りです。

温泉名:湯原温泉
源泉名:湯原元湯
施設名:湯原温泉砂湯
所在地:岡山県真庭郡湯原町大字居28−4
交通 :JR中国勝山駅から中鉄バス湯原温泉行きで約35分、湯原温泉下車
    車の場合、米子自動車道路湯原ICより、R313で約5キロ
照会先:0867−62−2174(湯原町商工会)
泉質 :単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 :48.5℃
湧出量:1718リットル/分
pH :9.09
駐車場:あり
その他:旭川の河原にある露天風呂。湯温の異なる、美人の湯、子宝の湯、長寿の湯の3つの湯船がある。
入浴時間:24時間
入浴料金:無料

HOME3湯目【鳥取】三朝温泉 株湯5湯目【島根】海潮温泉 かじか荘