3湯目【鳥取】三朝温泉 株湯



河原の露天風呂隣りの居酒屋で食事を取った後、株湯に向かいました。
ここ株湯は、三朝温泉発見の湯と言われています。

メインの通りからは少し逸れた所にあり、標識が出ていなければ解らなかったかも知れません。
ここは、共同湯として紹介されているもののジモ泉といって良いでしょう。
私が訪れた時は、地元の方ばかりでした。

通りすがりの人は、皆さん「おばんです」と挨拶されます。
さすがに私は「こんばんわ」と言いましたが。(^^;

建物は小さいながらも地元の共同湯といった雰囲気があります。
建物横には飲泉所もあり、少し戴きました。無味無臭の飲みやすい温泉です。

入口にある小箱に入浴料金200円を入れ、入口のカーテンを開けます。
2〜3人が着替えられる脱衣場があり、その先が浴室になっています。

浴室には、木の湯船(2×3m程)があり、透明なお湯が満たされています。
先客は2人で、湯船の周りのスペースで身体を洗われていました。

私の方は湯船へ。なかなかの熱さです。最初は我慢が必要かも知れません。
湯船横の塀を挟んで隣りが女湯になっています。この境からお湯が出ていました。
お湯は無色透明の弱放射能泉です。源泉の掛け流しの様で、お湯は綺麗でした。

男湯の方は静かなんですが、女湯の方は賑やかです。
どうも、お子さんを連れた母親が入られている様で、お風呂の入り方について教育されている様でした。
こうやってお風呂の入り方を教えるなんて、今の都会では考えられない事で、自分の小さい頃はどうだったかな・・・。

小さな共同湯なので長湯は禁物です。まあ、お湯も熱いですし、20分程で上がりました。
田んぼ道を帰る中、「おばんです」の声が聞こえてきます。

   
   
三朝川
橋の上の休憩所


入浴後は、駐車場近くの橋の上の休憩所で、オレンジ色の照明で照らされた三朝川を眺めながら休憩しました。
さて、これからどうするか。
とりあえず、仮眠するしかなさそうです。20時とまだまだ寝るには早すぎですが。
ところが、疲れていたのか、アルコールが入っていたのもあるのでしょう、すぐに眠りに付きました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:三朝温泉
源泉名:株湯1号2号混合泉
施設名:株湯
所在地:鳥取県東伯郡三朝町三朝
交通 :山陰本線倉吉駅から三朝温泉行きバス約20分、三朝温泉下車
照会先:0858・43・1111(三朝町役場)
泉質 :単純弱放射能泉(アルカリ性低張性高温泉)
泉温 :45.6℃
湧出量:不明
駐車場:なし
日帰り入浴時間:8:00〜21:30
入浴料金:200円

HOME2湯目【鳥取】三朝温泉 旅館大橋4湯目【岡山】湯原温泉 砂湯