2湯目【鳥取】三朝温泉 旅館大橋



旅館大橋は、創業が昭和7年の老舗で、木造3階建ての宿は国定有形文化財指定旅館でもあります。
また、三朝温泉での足元湧出の宿の一つとして知られています。

以前から訪れてみたい温泉宿の一つでしたが、なかなか機会がありませんでした。
今回は、自遊人の無料券もありますし、是非訪れてみようと思い、思いが果たせました。

まずは、旅館大橋の手前にある河川敷駐車場(無料)に車を停め、宿に向かいます。歩いて2〜3分でした。
木造の建物は、さすがと思わせる様なしっとりとした落ち着きがあります。

   
   
河川敷駐車場
玄関


玄関を入っていきますと、若女将だと思いますが丁寧な挨拶で迎えてくれました。
温泉巾着しか持っていないので宿泊者でない事は解ると思いますが、その丁寧な言葉遣いに感心しました。
無料券で日帰り入浴したい事を話しましても、態度・言葉遣いは全然変わりません。
さすがに人気のある宿だなあと思いました。

お風呂場は、玄関横の長い廊下の突き当たりにありました。この廊下も光沢がありなかなか味があります。
また、通りかかった宿の人の挨拶も気持ちの良いものでした。

   
   
玄関横の長い廊下
左がふくべの湯、右が露天風呂


旅館大橋のお風呂は、ふくべの湯(内湯)・露天風呂・天然巌窟の湯の3つでした。
この中で天然巌窟の湯が足元湧出なのですが、残念ながら日帰り入浴では入れない様でした。
この日は、女湯がふくべの湯(内湯)で、男湯が露天風呂でした。

露天風呂は、4×6m程の岩風呂で、目隠しの柵があるものの対岸の山並みが眺められ開放感があります。
お湯は無色透明で少し熱めです。左手の湯船の底からお湯が出ており、また右手の岩肌からも少量のお湯が注がれています。
手前の湯船の縁からお湯が溢れていましたので、掛け流しだと思われます。

   
   
脱衣場
岩風呂


   

湯船側面からお湯が出ていました



最初少し熱く感じたお湯も入ったり出たりしている内に身体に馴染んできました。
三朝川のせせらぎを聞きながら、贅沢な時間を過ごせました。
本当にここは良い宿だなあと思いました。是非、今度は泊まりで来たいものです。

帰りに玄関の写真を撮ろうとしますと、番頭さんが気をきかして隠れてくれました。
温泉良し、サービス良し、そしてたぶん料理も良いであろう旅館大橋でした。

入浴後は、三朝温泉街をぶらぶらしました。

三朝温泉には何回か来ていますが、温泉街を歩くのは初めてです。まずは、河原露天風呂の隣りの飲み屋街を歩いて見ます。思ったよりも店が多く、呼び込みのおじさんに呼び止められたりしました。
この通りの突き当たりまで行くと、角に人形館があり通りのウインドウには世界各国のかじか蛙の玩具が飾られたりしています。

   
   
かじか蛙の玩具
キューリー婦人像


この後、キューリー婦人像・広場〜三朝神社(飲泉)〜薬師の湯(足湯、飲泉)〜菩薩の湯(飲泉)と巡り河原露天風呂前に戻ってきました。

   
   
キューリー広場
三朝神社のお清め水


この中では、三朝神社のお清め水が良かったです。最初は普通の水かなと思っていたのですが、高温の飲みやすい温泉でした。源泉名は、神の湯 株湯1号2号混合泉となっていました。

   
   
温泉でした
薬師の湯


   

菩薩の湯



1時間程の散策でお腹も空いてきたので、ちょっと早いのですが夕食にしました。
河原露天風呂を何十年も見下ろしてきた露天隣りにある「五代目茶田屋」に入りました。中に入ってびっくり、もう少し格式の高いお食事処と思っていたのですが、居酒屋と言いますか大衆食堂に近い雰囲気です。
ご飯物が食べたかったのですが、夜は定食はなく結局親子丼にしました。定員さんの「飲み物は何にしますか」という繰り返しの問いかけに我慢ができず、生ビールを注文してしまいました。

もうこの後はどうにでもなれという気持ちです。親子丼はもう一つでしたが、生ビールが冷えていて最高でした。
ここの人気料理は、鉄板焼(お好み焼・焼きそば)と刺身の様です。皆さん、これを注文されていました。

ここでも1時間程のんびりと過ごしました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:三朝温泉
施設名:旅館大橋
所在地:鳥取県東伯郡三朝町三朝302−1
交通 :山陰本線倉吉駅から三朝温泉行きバス約20分、三朝温泉下車
照会先:0858・43・0211
泉質 :含弱放射能・ナトリウム−塩化物泉
泉温 :65℃
湧出量:不明
駐車場:あり
日帰り入浴時間:14:00〜21:00
入浴料金:1000円

HOME1湯目【鳥取】宝喜温泉 宝喜温泉館3湯目【鳥取】三朝温泉 株湯