1湯目【鳥取】宝喜温泉 宝喜温泉館



鳥取でレンタカーを借り、まず最初に向かったのは宝喜温泉です。
宝喜温泉については以前紹介しましたが、昨年暮れリニューアルしましたので、新たに報告し直します。

旧施設は、どちらかというと地元の人に開放している温泉施設といった感じだったのですが、今回は地元以外の人にも入ってもらいたいという趣旨で、建物を建てられたそうです。
旧施設は現在どのように使用されているかは解りませんが、残っていました。

   
   
隣りに旧施設が残っていました
建物外観


新しい温泉施設は、旧温泉施設の南側に建てられており、駐車場も広々としています。
玄関を入りますと、左手に受付があり、右手奥がお風呂場になっています。
正面にある券売機で入浴券(420円)を購入し、下駄箱のキーと一緒に受付に渡します。そうすると、脱衣箱のキーが貰えます。

   
   
玄関
脱衣場


脱衣場は、まあまあゆったりしたスペースになっています。

お風呂場は、左手が洗い場になっており、左手奥が水風呂、正面がメイン浴槽、右手がジャグジー(寝湯)になっています。
また、右隣りの浴室には温水プールと打たせ湯がありました。

まずは、メイン浴槽(2×5m程)から入ります。
無色透明の新鮮なお湯が満たされています。左側がジャグジーになっており、オーバーフローされたお湯が右手の側溝に流れ込んでいます。
旧施設では熱いお湯の印象があったのですが、少し熱い程度でした。泡付きやつるつる感はあまりありません。以前はもう少し滑らかだった様な気がします。

次にジャグジー(寝湯)に移ります。湯船の泡の匂いでしょうか、変な匂いがしたのですぐに移動しました。
次は、隣室の温泉プール(4×10m程)です。歩行浴をされている方がいましたので、習って私も歩行浴をやってみます。

   
   
メイン浴槽
温泉プール


こちら側は窓が広く取られ田園風景が眺められのどかです、また、窓も開放されているので涼しい風も入ってきて気持ちが良いです。
左手奥から少しお湯が注がれていたので、指に濡らし舐めてみますと微炭酸味・微鉄味がしました。
温度が低かったので加水されていると思われますが、注がれている部分は茶色く変色していました。

この後、メイン浴槽に入り直してから上がりました。
入浴後は、受付で貰った冷水を頂きながらロビーで休憩です。温泉本「まっとうな温泉」の掛け流しシステムのコピーが壁に張られたりしていて、ここの社長の掛け流しへのこだわりが感じられます。

   

「まっとうな温泉」の張り紙



ロビーで休んでいると地元の人達が来られましたので少しお話しました。
地元と言っても、周辺の町村から車で来られている方がほとんどで、隣りの板金屋は知っていましたが、ここが板金屋さんの経営とは知らない人が多かったです。
もうすっかりと地元の日帰り温泉施設となった感のある宝喜温泉館でした。

詳細は以下の通りです。

温泉名:宝喜温泉
施設名:宝喜温泉館
所在地:鳥取県気高郡気高町下光元690
交通 :JR山陰本線宝木駅から日の丸バス(宝木鹿野河内線)で約20分「下光」下車、徒歩5分
    車の場合、国道9号線宝木交差点より南へ2km
照会先:0857・82・6010
泉質 :弱アルカリ単純温泉
泉温 :47℃
湧出量:430リットル/分
駐車場:あり
その他:カラン12ぐらい、身障者用浴室あり
営業時間:10:30〜21:30 毎月第3水曜日休み
入浴料金:420円

HOME2湯目【鳥取】三朝温泉 旅館大橋