9湯目 兵庫「七釜温泉」



七釜温泉へは、浜坂から湯村温泉方面へ県道を南下します。
県道沿いに大きな看板がありますので、すぐ分かると思います。
温泉街に入ってからも、公衆浴場の案内板があり、夜間でも迷わずに行けま
した。と言いますか、意外にもあっさりと着いてしまったので、七釜温泉のネ
オンを見た時は、ここが七釜温泉って思いました。

HPで昼の建物の写真しか見てなかったので、夜のイメージは持っていません
でした。暖簾の感じから、温泉銭湯のイメージです。

さて、待ちに待った七釜温泉に入ります。
時間は19時30分。脱衣場・浴室共、3〜4人入られています。女湯の方か
ら声も聞こえてきますし、賑やかです。もう少し、寂れた感じで人も少ないの
かなと思っていたのですが、大分イメージと違いました。

内湯のそばを通り過ぎて小さな潜り戸を抜け、まずは釜風呂に一直線です。
こちらは人が入っておりません。足早に階段を駆け上がると、釜風呂へどぶん
!ザザーー、ゴォーー。お湯が勢いよく溢れます。ん〜〜、満足満足。

お湯は温め。しばし、ぼぉ〜〜と浸かります。今回の旅の最後を締めくくる、
ぬるま湯で長湯です。

この後、内湯に移ります。またまた、人が増えております。海水浴帰りのお兄
さんグループが来ていました。熱いので、なかなか入れないでいます。それで
も、水でうめようとしないのは、たいしたものです。

それを横目で見ながらしばらく浸かり、出ようと思いましたが、もう一度釜風
呂へ。今回の温泉の最後を釜風呂で締め、上がりました。

後は、飲泉をするのみです。暗かったので、受付の女性に案内して貰い行きま
した。

流出口のお湯を口に運びます。やはり、湯温は高めです。鉄っぽい味で、少し
後味は甘く感じました。

今度は、明るい内に来たいですね。しかも、貸し切り湯状態で。


「玄関前」ボツ写真ですが、夜になればこんな感じ。
 


詳細は以下の通りです。

温泉名:七釜温泉
施設名:公衆浴場
所在地:兵庫県城崎郡浜坂町七釜
交通  :JR山陰本線浜坂駅から七釜温泉経由湯村温泉行きバス約15分
    七釜温泉下車
照会先:0796・82・4580(浜坂町観光協会)
泉質  :カルシウム−硫酸塩泉
泉温 :48℃
ph :7.5
営業時間:08:00〜21:00 第1・3水曜日休み
入浴料金:200円

以上で、兵庫・岡山・鳥取ぬるま湯の旅の報告を終わらせて戴きます。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

HOME8湯目 鳥取「岩井温泉」