6湯目 岡山「郷緑温泉」



田園風景の中にあって、ひと際目立つ建物。朱色の建物で石垣の上に建ってお
り、とてもとても温泉宿とは思えません。

建物の手前にある駐車スペースに車を停め、植木の手入れをしているおじいさ
んに宿の行き方を聞きます。「手前の石の階段を上って行けば良いのですか」
と聞きますと、頷きます。このおじいさん、宿の人と思っていたのですが、違
っていた様です。


 田園風景の中、ぽつんと建つ郷緑温泉
 

玄関を入ると誰もおらず、挨拶をしても誰も出てきません。仕方なく、厨房の
暖簾をくぐり挨拶をして、ようやく宿の人が出てきました。
「入浴させて貰いたいのですが」と聞きますと、「あいにく今入られています
ので待ってもらう事になります」との事。
「15分くらいでしょうか?」と聞きますと、「どうでしょうか」との事。

私は待とうと思ったのですが、この女性(たぶん女将さんでしょう)は強引に
先客の女性と交渉して、混浴する事になってしまいました。
女性と言っても77歳で、私の事をひ孫ぐらいの若い男性だから良いですねと
説得した様です。私が唖然としている間に事態は決まってしまい、もう入るし
かありません。挨拶をして浴室へ。

湯船は2つあり、手前がふかし湯で、奥が源泉の湯船になっています。女性が
奥に入られていたので、私は手前に入ります。ふかし湯は結構熱めでした。私
が躊躇していると、最初は背中を向けていた女性がこちらへどうぞと言ってく
れます。お言葉に甘えて、私も源泉の湯船に入ります。

しかし、ここからが予想外でした。落合から来たと言うこの女性は、見た目
10歳は若く見えます。良くここに来るそうで、言ってみれば常連です。
いつも1時間以上は入り、混浴しておしゃべるするのが楽しいとの事です。
どうりで、女将さんも混浴を勧めた訳です。

孫やひ孫の話から若い頃やっていたキャディの苦労話。キャディでじん帯を痛
めてここのお湯で良くなった話など、延々1時間程、この女性の半生を聞かさ
れました。いや、伺いました。私の母親よりも年齢が上ですが、親孝行をした
様な感じです。

それでも、湯船の底からするすると浮かんでくる泡の感触は楽しみました。
お湯が澄んでおり、湯船の底の青緑の感じが良いですね。お湯もなめらかです

ご主人は、私が先程駐車場で宿の人と間違えた男性でした。
私が「いっしょに入ったら良いのに」と言いますと、ご主人はのぼせるので一
緒に入るのを断っているそうです。ここのお湯でのぼせるとは、ご主人の気持
ちも分からないではありません。

これ以上入ると、この後の予定に影響がでるので、丁寧にお礼を言ってお先に
上がらせて貰いました。それにしても、ご一緒した女性、お肌がつるつるでし
た。これも、ここの湯の効能でしょうか。駐車場では、ご主人が車の中で気持
ち良さそうに寝ておられました。(^^)

奥津・郷緑と長湯してしまったので、この後行く予定であった関金温泉(関の
湯)と東郷温泉(寿湯)はパスする事にしました。

この後、津黒温泉の無料露天風呂と塩釜の冷泉を調査しに行きました。
津黒温泉は、津黒高原荘手前にありましたが、思ったよりきれいでした。
HPなどで見ると、苔が浮いており整備されていない様に書かれていましたが
、水着の女性が入られていました。これでは、裸で飛び込むなんて訳にはいき
ません。

詳細は以下の通りです。

温泉名:郷緑温泉
施設名:郷緑館
所在地:岡山県真庭郡湯原町本庄712
交通  :JR姫新線勝山駅から湯原温泉行きバスで約30分
    禾津下車 徒歩約25分
照会先:0867・62・2261
泉質  :アルカリ性単純温泉
泉温 :34.2℃
ph :8.1
営業時間:11:00〜16:00 不定休
入浴料金:300円

HOME5湯目 岡山「茅森温泉」7湯目 鳥取「宝喜温泉」