4湯目 岡山「奥津温泉」



奥津温泉は、国道179号線を逸れ、細い道を少し入った所にあります。
奥津橋に差し掛かると、左手に足踏み洗濯で有名な吉井川沿いの露天風呂が見
えて来ました。男性が一人入られています。橋を渡り、右手に車が停められる
スペースがあったので、車を停めます。

まずは、入浴セットを持ち、温泉街をぶらぶらしようと思います。ところが、
メインストリートと思われる通りには、両側に数軒の宿が見られる程度で、お
みやげ物屋も閉まっています。奥津温泉と言えば、美作三湯の一つ。(他は、
湯原と湯郷)湯原の規模には、はるかに及びません。湯量の違いなのでしょう
か。泉質は良いと思うのですが。


 奥津温泉の街並み
 

探索を取りやめ、鍵湯で有名な奥津荘に向います。奥津荘は、メインストリー
トの一番手前、すぐです。建物は重厚のある木造建築で玄関も立派です。
この地方では今の時期、七夕の様で、大きな竹笹が玄関脇に飾られていました

玄関を入り、左手の受付に向います。しっかりした礼儀正しい男性(たぶん、
ご主人)に入浴をお願いしますと、「よろしいですよ」との事。
入浴料金300円を払うと、階下の鍵湯まで案内してくれました。

この鍵湯は、400年程前、美作の藩主・森忠政公が自分専用の湯船を作り鍵
をして、一般の入浴を禁止した事でも知られています。

先客がいなかったので、まずは浴室を観察します。う〜ん、歴史を感じる浴室
です。脱衣場からは数段階段を降りる様になっており、左手に湯船があります
。上から見ると、ごつごつとした湯船の底が、はっきりと分かります。デジカ
メで記念撮影を済ませ、待望の入浴です。


 鍵湯の浴室
 

おおー、少し熱めです。源泉の湯温が高めなのでしょう。お湯は、少しつるつ
るします。さて、湯船の真ん中の方はどうなっているのかと移動します。と、
つるりとやってしまいました。顔まで浸かる羽目に。湯船の底は、滑りやすく
なっており、段差で足を滑らせました。湯船の底の岩は丸みがあり、滑って足
の裏を切ったりする事はありませんが、注意が必要です。


 鍵湯の湯面
 

しばらく浸かった後、いったん上がり、湯船の縁からお湯を眺めます。ここは
、湯船の底から源泉が自然湧出しているはずですが、なかなか分かりません。
もう一度湯船に入り足で探します。ところが、またやってしまいました。
すってんころりん。私も歳でしょうか。ここは、お年寄りや子供には注意が必
要です。隣りに、家族風呂がありましたので、そちらは大丈夫かも知れません
が。結局、お湯が湧出している所は、分かりませんでした。

30分程入浴した後、先程のご主人に挨拶をして玄関へ。履いてきた草履が、
履きやすいように逆向きに揃えられています。なかなか、きっちりとした旅館
だと感心しました。

いったん車に引き返し、今度は洗面器持参で河原の露天風呂に向います。
ここには簡単な脱衣棚が設けられていますが、目隠しの様な物もなく橋の方か
らは丸見えです。丁度露天横の河原には、小さな子供を連れた家族連れが水遊
びをしています。ちょっと気になったのですが、思い切って入る事にしました

洗面器を使い、十分に掛け湯をした後、露天風呂に入ります。
思ったより温めでした。37℃くらいでしょうか。この時期、適温と言えます
。湯船は、5〜6人入れるものが2つあります。片方にお湯が注がれています
が、源泉そのものではなさそうです。それでも、お湯の感じは奥津荘と同じで
少しつるつるします。


 河原の露天風呂
 

ここのシチュエーションは、三朝温泉(鳥取)の河原の湯に似通っています。
橋のたもとにある露天風呂で、横が河原という所がそっくりです。全体的に、
三朝温泉の河原の湯より小振りと言えるでしょうか。三朝温泉ほどの賑やかさ
もありません。反対に、それだから入りやすいとも言えます。
露天からの眺めを十分に楽しんだ後、隣りにある共同浴場に向います。

こちらには、手前から洗濯用の湯船、下湯、上湯と3つの湯船があります。ま
た、脱衣棚もありました。こちらでも着替えられた様です。先客は3人。洗濯
用の湯船には年配の女性、奥の湯船には年配の男性が2人入られていました。
挨拶をして、まずは下湯から入ります。まず最初は下湯からという様な注意書
きがありました。(上湯に源泉が注がれ、下湯に流れ込む様になっています)

皆さん地元の方と思われますが、内一人の男性の方がすごく話し好きで、私が
入るや否や、経済の話を次から次としてきます。ほとんど聞き役でしたが、お
かげで下湯と上湯の観察があまりできませんでした。話の切れ目で逃れる様に
外の露天に戻ります。

すると、先程上湯で入られていた男性が真っ裸で小川に浸かっているではあり
ませんか。なかなか大胆ですね〜。水風呂のかわりでしょうか。近くでは、子
供達が水の中の生き物を網ですくって遊んでいます。若いおかあさんは、全く
気にしてなさそうでしたが。

太陽も雲に隠れる事が多く、ときおり爽やかな風が吹く中、奥津の露天を楽し
みました。

露天横には、「足踏せんたくの由来」についての案内板がありました。

以下、引用します。

「奇習」足踏せんたくの由来
奥津温泉には古くから伝わる風習として「足踏せんたく」があります。
当地にはその昔、熊や狼が多く横行し、川のほとりに湧出している温泉でせん
たくをする婦女子に危害を加えるため、立ったまま見張をしながら又世間話を
しながら踏み洗いをしているうちに奥津温泉独特の風習となったものです。

この足踏せんたくは、現在でも保存会で実演が行われているそうです。
実演期間:3月5日〜12月中旬の日曜、祝祭日
時間:午前8時30分から15分程度
場所:奥津橋のたもとの露天風呂

また、余談ですが、奥津温泉の湯は漂白効果があり、「美人の湯」と呼ばれて
いるそうです。KO○○の「リフトサイン ローション」にも使用されている
様です。


 道の駅から見た奥津温泉街
 

この後、300m程坂を上った所にある「奥津温泉 道の駅」で一休みしまし
た。まずは、ソフトクリーム(200円)を戴きながら、奥津温泉の街並みを
眺めます。少し離れた山手にも2〜3軒大きな建物(旅館)が見られました。
今回の御土産をここで購入し、次の目的地「茅森温泉」に向いました。


 奥津温泉 道の駅
 

詳細は以下の通りです。

温泉名:奥津温泉
施設名:奥津荘
所在地:岡山県苫田郡奥津町奥津
交通  :JR津山線津山駅から中鉄バスで約60分 奥津温泉下車
照会先:0868・52・0021
泉質  :アルカリ性単純温泉
泉温 :42.3℃(河原露天は、37℃ぐらい)
ph :9.2
営業時間:9:00〜20:00(河原露天は、24時間)
入浴料金:300円(河原露天は、無料)

おまけ


 奥津渓谷近くにある大釣温泉


 大釣温泉の飲泉場

HOME3湯目 岡山「湯の瀬温泉」5湯目 岡山「茅森温泉」