3湯目 岡山「湯の瀬温泉」



ここは4月に立ち寄りましたが、今回は宿泊する事にしました。
宿泊する宿の候補としては、郷緑温泉・奥津温泉(奥津荘)などがありました
が、郷緑温泉は予約できなかった為、奥津温泉は湯温が高く長湯できないので
はと思ったので、ここに決めました。その点、ここはぬるま湯で長湯できそう
です。


 湯の瀬温泉の外観

予定通り5時30分頃着き、早速お風呂場に向かいます。
立ち寄り湯の先客が一人入られていましたが、入れ違いで出ていかれました。
早速、源泉とふかし湯の蛇口をオープンにします。そして、湯船へ。
う〜ん、泊まりという事もあり、リラックスできます。
何だか、前回よりもつるつる度が増した様な感じがします。

源泉を口に運びます。ほんのりと玉子の匂い(硫黄臭)がします。
久しぶりに匂いで温泉を感じた様に思います。味覚・視覚・体感などでは感じ
ていましたが、この感覚は忘れかけていたように思います。

ほぼ無色透明で飲みやすいお湯です。湯船には、少し湯の花も見られました。
辺りが薄っすらと暗くなりかけるまでの間、のんびりと入らせてもらいました


 湯の瀬温泉の浴室

入浴後は、部屋の方で夕食を戴きます。
刺身(鯛)・鰻の蒲焼・岩魚の塩焼き・茄子の辛子和え・煮物・酢の物・味噌
汁などです。味の方は、まあまあという所でしょうか。ビールがもう少し冷え
ていたら最高でした。

さて、後は寝る前のお風呂ですが、食事の準備をしてくれたお姐さんに聞きま
すと、何と20時という事でした。あまりに早すぎるので、お願いして21時
迄にして貰いました。

ここは、老夫婦と食事の手伝いをしている女性の計3人しかいませんから、お
風呂場のお湯抜きや掃除などを考えると、遅くまでできないのかも知れません

食事後、少し休み20時前から入りに行きました。
よしよし、後1時間ゆっくり入るぞ、と思っていた所へ、大家族が・・・。
地元の家族連れの様です。小さな男の子が5人とお父さん、女湯の方にも2人
ぐらいの声が。一瞬で運動会の様になりました。がっくし。

それでも、しっかり躾てあるのでしょう。私が入っているので、入ってきませ
ん。まずは身体を洗っています。1時間程入る予定が20分ぐらいになりまし
たが、大家族の微笑ましさ・暖かさが感じられ、良い気持ちでした。


 湯の瀬温泉の部屋

翌日は、6時30分に起き一番風呂へ。予期していましたが、やはりお湯を入
れている途中でした。部屋で30分程待ち、お風呂場へ。

これはこれは。つるっつるします。間違いなく、昨日よりはツルツル度は増し
ています。お湯を入れた直後で、劣化していないからでしょう。これは、立ち
寄り湯でも、午前中に入った方が特ですね。

食事までの30分程、ピュアな温泉を楽しみました。
昨日、今日とぬるま湯の長湯で湯の瀬温泉を堪能しようと思いましたが、まあ
まあ満足しました。


 部屋からの眺め

宿を出る時に、またまた女将さんと長話になってしまいました。
前回の立ち寄り湯の時もそうだったのですが・・・。

ここの宿は、女将さんのご両親が始めたそうで、大正時代との事。温泉は明治
時代から湧出しているとの事です。

その後、温泉が湧出している場所を案内してもらいました。外観は、鉄製の蓋
がしてあり、お湯が湧き出ている所は見られませんでした。


 温泉が湧出している場所

お風呂場のカランにもお湯が使われている所を見ると、結構な良質のお湯が絶
え間なく湧き出ているものと思われます。

宿泊料金は、1万円(税込み)でした。
サービスは、老夫婦がやっているので期待できません。また、設備は、
部屋に洗面・トイレ・電話・冷蔵庫がなく、ドアには鍵がありません。また、
脱衣所は換気が悪く、浴室も狭いです。これで、1万円は高い様な気もします
が、お湯が良いので(私の好みという事もあります)、私的にはトータルで
普通かなと思います。

宿を出る時、また年末にでも寄らせて貰いますと挨拶しますと、鴨鍋をご馳走
しますからと笑顔で見送ってくれました。また、来てしまいそうな気がします

さて、予定よりも30分遅れで、奥津温泉に向かいます。

詳細は以下の通りです。

温泉名:湯の瀬温泉
施設名:湯の瀬温泉旅館
所在地:岡山県御津郡加茂川町豊岡下1538−1
交通  :JR岡山駅から中鉄バス小森温泉行きバス約1時間30分
    湯の瀬温泉下車(一日9本)
照会先:0867・35・0539
泉質  :アルカリ性単純温泉(硫黄鉱泉アルカリ含有)
泉温 :27.1℃
ph :9.3
営業時間:9:00〜21:00 不定休
入浴料金:500円
宿泊料金:10000円(税込み)

HOME2湯目 岡山「大中山温泉」4湯目 岡山「奥津温泉」