1湯目 兵庫「鍬渓温泉」



小野市にある地元専用的な温泉施設です。JR小野町駅からでも歩いて行ける
距離にあります。

さて、鍬渓温泉ですが、田園風景が眺められるのどかな所にあります。正面に
は休憩所の様なプレハブの建物があり、その右手には掘っ建て小屋の様な建物
があります。こちらがお風呂場で、男女別の脱衣場と浴室があります。

まずは、入浴許可を貰う為にプレハブ小屋の方へ。
お昼時という事もあるのでしょうか、大勢の方が食事をされながら談笑されて
います。15人ぐらいいるでしょうか。皆さん、年配の方で地元の方達の様で
す。

玄関を入って右手に座られていた、恵比寿様の様な笑顔のおじさんに入浴の許
可を得ます。入浴料金500円を渡すと、おもむろに台帳をめくります。
「おお〜、これがあれか!」(^^;
名前とどこから来たのか聞かれました。
「神戸です。」
と言っても、うなずくばかり。
「そんな遠くから」
という言葉を期待していたのですが・・・。(^^;

さて、お風呂場には、先客が一人入られていました。地元の方で、少し話をし
た後、あがられました。
今日はお湯を入れてからそのままだという事で、温くなっているとの事。お湯
の入れ方の説明をしてもらいました。とは言っても、ふかし湯用の蛇口をひね
るだけですが。一度、臼の様な物に注がれ、湯船に流れ落ちる様になっていま
す。隣りに鎮座している布袋さんの置物といい、良い味を出しています。

お湯を口に運びますと、まず鉄っぽい味がします。その後、微かに塩っぽい味
がして、後味は微かに甘く感じました。注がれているお湯は、ほぼ無色透明で
すが、湯船のお湯は薄く緑がかっています。
う〜ん、こんな所にこんな温泉が、という感じです。

少し入っていると、適温(39℃ぐらい)になってきました。すると、心地よ
い風が。先程あがられた方が、脱衣場の扇風機を浴室の方へ向けてくれます。
こうすると涼しい、私も他の人から聞いたとの事。なるほど、周りは塀に囲ま
れており風が入りません。こうすると、少しばかりですが涼しい。地元の人の
心遣いに感謝です。

入浴後、のどかな田園風景の中、一両編成の電車が通り過ぎるのを眺めながら
次の目的地「大中山温泉」に向かいます。

湯小屋の隣りには、「塩の井」と書かれた石碑が建っており、ここの温泉の歴
史について書かれています。

以下、引用します。

冷泉の鉱泉で、天正十年(1582年)に鍬渓神社の神託により湧き出したと
伝えられています。成分は塩鉄で、この水で沐浴をすると病気がまたたくまに
治るとのことで、昔は湯治場として賑わい、軒を連ねる程の宿屋があったそう
です。昭和の初め頃には、この冷泉を使った鍬渓温泉もありました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:鍬渓温泉
施設名:鍬渓温泉
所在地:兵庫県小野市下来住町
交通  :JR小野町駅から徒歩約15分
泉質  :含鉄泉
営業時間:10:00〜17:00 月・水・金曜日休み(祝日は営業)
入浴料金:500円

HOME2湯目 岡山「大中山温泉」