九州



極楽温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
宮崎県西諸郡高原町
交通
JR吉都線高原駅よりタクシーで15分
照会先
0984・42・3326
コメント
ここの温泉は、宮崎自動車道を高原インターで降り、高原市内を抜け
国道223号線を10分程走った所にあります。
私は、一軒宿の「極楽温泉旅館」に泊まりました。
ここのお風呂は、20tの石をくり貫いた岩風呂、サウナ風呂、水風呂、
露天風呂の4つです。
岩風呂の方は、小さめで10人も入れない大きさです。お湯は土色で
ちょうど良い湯加減でした。
露天風呂の方も、10人も入れない大きさです。こちらは、小雨が降って
いたせいか、ぬるめでした。
サウナ風呂は、立派なものでテレビが付いていました。
水風呂は、結構大きめです。お風呂全体としては、広々としていますが、
湯量が少ないせいか、湯船が小さく、初日は岩風呂に入れませんでした。
ただ、次の日の朝は、台風の影響でしょうか、別の棟にあるお風呂に行く
人はなく、一人でゆっくり入る事ができました。
 <極楽温泉旅館> おすすめ度 ●●●○○
  料理...どう見ても2人分と思える量の石鯛、車海老、はまぐり等の
刺し身と鍋料理、その他に料理が5品程と小鉢が3品 ひさしぶりに満腹
になりました。
  料金...15000円
  注目...お風呂は、天井の高い茅葺き合掌造りで、火災の際の排煙
機能が付いていたのが目に留まりました。

HOME地域別温泉情報


えびの市営露天風呂
秘湯度
○○○○○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
宮崎県えびの市大字末永
交通
JR吉都線小林駅よりバスで50分
照会先
0984・35・1111
コメント
ここの露天風呂は、えびの高原にあります。ただ、入浴する事ができるのは、
ごく限られた季節と言えそうです。
私は、8/14,15,16と行きましたが、
いずれも「お湯がぬるくて入れません」という事でした。
係りのお兄さんに聞いた所、この台風で、あきませんと言っていました。
地元のお兄さんに聞いた所、わしも一週間来てるけどダメやと言ってました。
このお兄さんによると、7月の台風以来、あまり入れなかった、という事です

一年の中で、5〜6月の梅雨の来る前あたり迄が一番入れるという事でした。
ちなみに、今朝は23度しかなかったそうです。

HOME地域別温泉情報


湯の元温泉
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1995年11月初め
所在地
宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田
交通
JR吉都線高原駅よりタクシーで15分
照会先
0984・42・3701
コメント
湯の元温泉は、宮崎自動車道高原ICで降り、10分ぐらいの所にあります。

私は、一軒宿の「湯の元温泉」に泊りました。

湯の元温泉には、石風呂と言われる内湯(男女別)があります。
泉質は鉄泉(強炭酸)で、加熱している為、赤茶けていました。

宿の方は、造りが古く、部屋も四畳半にこたつといった感じでしたが、その日
は空いていたのか、食事は隣りの部屋で用意してもらい、美人女将にお酌まで
してもらいました。

また、鉱泉で炊いたご飯が、もち米を少しさらりとした様な味わいで、思わず
おかわりしてしまいました。

料理は質・料とも申し分なく、ビールもグラスも非常に冷えていたのが印象に
残っています。
 <湯の元温泉> おすすめ度 ●●●●○
  料金...8000円

HOME地域別温泉情報


新湯温泉
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
鹿児島県姶良郡牧園町
交通
JR肥薩線霧島神宮駅よりタクシーで約30分
照会先
0995・78・2255
コメント
ここの温泉は、霧島温泉郷の国民宿舎新燃荘にあります。
乳白色のお湯で、内風呂(男女別)、治療の湯(混浴)、露天風呂(混浴)
があります。
露天風呂は、白色の温水プールの趣きで、実際子供達がはしゃいでいました。
そうかと思うと、端の方では、若い女性も入っていました。
お湯は、内風呂に比べてぬるめでした。また、深さが1mぐらいあるので、
ゆっくり浸かるという事ができませんでした。

HOME地域別温泉情報