九州



深耶馬溪温泉
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
大分県下毛郡耶馬溪町大字深耶馬溪
交通
JR日豊本線中津駅よりバスで1時間20分
照会先
0979・55・2872
コメント
ここの温泉は、中津市から国道212号線−>県道で約1時間程の所にあり
ます。
私は、民宿「えぼしや」に泊まりました。この宿のお風呂は、展望風呂に
なっていて、風呂の真正面に一目八景の耶馬溪を見る事ができます。
入浴時間は、7時から23時となっており、200円で入浴のみ可能です。
私は、次の日の朝、6時に入りに行きましたが、お湯が入っていません
でした。7時まで近くを散歩し、一番風呂に入りました。
風呂の窓を開けっ放しにすると、早朝の静寂の中、時折入り込んでくる風
が心地よく感じました。30分くらい入っていましたが、一人でゆっくり入る
事ができました。今度は、紅葉の季節に入りに来ようと思いました。
 <えぼしや> おすすめ度 ●●○○○
  料理...山菜を中心としたものでした。
  料金...6500円
  注意...県道沿いに宿がある為、夜間に走るトラックの音がうるさくて
        熟睡できませんでした。

HOME地域別温泉情報


かやの木露天風呂
秘湯度
○○○○○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
大分県下毛郡耶馬溪町大字深耶馬溪
交通
JR日豊本線中津駅よりバスで1時間20分
照会先

コメント
ここの露天風呂は、深耶馬溪温泉の近くに、あったと思われます。
というのは、私が行った時には、ずいぶん前からお湯が出なくなっていた様
な感じでした。湯船らしきものはありますが、お湯が入っておらず、周りには
雑草が生い茂っておりました。

HOME地域別温泉情報


宝泉寺温泉石びつの湯 Photograph
秘湯度
●●●○○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
大分県玖珠郡九重町宝泉寺
交通
JR久大本線豊後森駅よりバスで約30分
照会先
09737・6・3150
コメント
ここの露天風呂は、宝泉寺温泉の中心を流れている川沿いにあります。石びつの湯船と、その周りにも露天風呂があります。脱衣所もちゃんとあって、道からは見えない様になっています。残念ながら、私が行った時には、石びつの湯は非常に熱くて入れませんでした。また、周りの露天風呂の湯は、ぬるくて深さも20cm程しかなく 入るのをあきらめました。

HOME地域別温泉情報


壁湯洞窟露天風呂
秘湯度
●●○○○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
大分県玖珠郡九重町大字町田壁湯
交通
JR久大本線豊後森駅よりバスで20分
照会先
09737・8・8754
コメント
ここの露天風呂は、宝泉寺温泉の入口の手前にあります。
福元屋の露天風呂(200円)と共同浴場(100円)があります。私は、
共同浴場の方に入りました。
川沿いにある洞窟風呂で、お湯はぬるめでした。
私が入った時には、地元のおじさんと福岡の市役所に勤めているお兄さんが
入っており、年金の支給の話で盛り上がっていました。
まったく、口を挟む隙がない程でした。私が見たかぎりでは、お兄さんも少し
困っていた様でした。20分程入っていましたが、私もずっと年金の話を
聞かされました。
ここでは、湯船の右端に幅80cm程の通路ができています。最初入る時は、
こちらから入り、身体の汚れを落とした後、真中の湯船に入るようにという事
でした。
ここの露天風呂の印象ですが、はっきり言って期待はずれでした。
洞窟風呂という感じではなく、たんなる岩風呂のような感じで、せっかくの
川のせせらぎも湯船に浸かると見えなくなります。
福元屋さんの洞窟風呂は、違うのかもしれませんが。

HOME地域別温泉情報


川底温泉
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
大分県玖珠郡九重町
交通
JR久大本線豊後森駅よりバスで約30分
照会先

コメント
ここの温泉は、宝泉寺温泉郷にあります。
有名な所では、せせらぎの湯という所がありますが、車がいっぱい停まって
いて、混んでいたので、蛍川荘の方に行きました。
この宿の温泉は、混浴の大浴場と女性用の小浴場があります。
大浴場には、大きめの湯船が3つありました。
底には、片手でちょうど握れる程度の小石が敷き詰められていて、なんとも
いえない感触でした。また、一番奥の湯船の近くにうたせ湯があります。
湯船のお湯は、なめらかで少し熱めでしたが、打たせ湯はぬるめでした。
私が入った時には、小さな子どもを連れた5人家族が入っていました。
私は、一番奥の湯船でゆっくりしました。
ここの温泉の入浴料金は500円です。また、驚いた事に、料金表には
「見るだけ...200円」とも書かれていました。

HOME地域別温泉情報


大岳温泉
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
大分県玖珠郡九重町
交通
JR久大本線豊後中村駅よりバスで約30分
照会先
09737・9・2625
コメント
ここの温泉は、やまなみハイウェイから筋湯温泉に行き、そこから2〜3分
戻った所にあります。私は、一軒宿の「泉水荘」に泊まりました。
ここの風呂は、洞窟風呂と混浴の露天風呂があります。
洞窟風呂は、直径8m・高さ5m程のドーム型です。
私は明かりを付けずに入ったので、かまどか洞穴の中にいるような感じが
しました。
宿の人に洞窟風呂の事を聞いた所、40年程前に地元の人達で相談して、他
にはない風呂をという事で造ったそうです。
夏場は蒸し暑いが、冬場はぽかぽかしてとってもあったまるそうです。
露天風呂の方は、3m四方の木の湯船に少し熱めのお湯です。
常に水が注がれており温度調整できます。ここで、おもしろかったのは、
うたせ湯です。スイッチがあってONにすると、ちょうど両肩にかかる様に少
し熱めのお湯が勢いよく落ちてきます。5分ぐらいでも、結構効きました。
また、次の日の朝、一番風呂に入りに行ったのですが、朝方霧雨が降って
いた事もあって菅笠というのでしょうか、本当は冬場の雪よけの笠が置いて
ありました。
露天風呂で菅笠というもの風流な感じがします。
是非、冬場にもう一度、来たいと思いました。
 <泉水荘> おすすめ度 ●●●●○
  料理...山菜と川魚料理
  料金...7500円
  注目...食事は別の離れに用意してくれたり、チェックアウト時には
缶コー ヒーをくれたり、とにかく一人一人のお客さんを大事にしているの
が伝わってきました。料金も高くないので、家族連れでの旅行で予算を
かけずに家庭的な旅館をさがしている人には、特におすすめです。
  周辺...近くに小松地獄という所があります。長崎の雲仙地獄ほど
ではあり ませんが、あちらこちらから噴煙が上がっていました。
ぐるり一周すると15分くらいかかります。
ここの入り口の標識が消えかかっていたので、誤まって通り過ぎてしまう事
も多いと思います。私は写真を取ったりして30分程いましたが、
お客さんは私一人でした。

HOME地域別温泉情報


筌の口温泉
秘湯度
●●●●○
取材時期 : 1996年8月中旬
所在地
大分県玖珠郡九重町
交通
JR久大本線豊後中村駅よりバスで約30分
照会先
09737・9・2413
コメント
ここの温泉は、大分自動車道の九重インターを降り左折し、国道210号線
を1km程走ると信号機があります。ここを右折し、九重登山口を目指して
登って行くと15分程で着きます。県道から脇道に少し入った所で、とても
静かな所です。
私が泊まった宿は、「御宿小野屋」です。
ここのお風呂は、2人入るのが精一杯といった大きさの湯船で、温泉の鉄分
のせいで錆色に変色していました。温泉としては、この宿の隣りに共同浴場
があります。
ここは、24時間入浴可能で料金は100円を料金箱に入れるようになって
います。私は、次の日の早朝、この共同浴場に入りましたが、5〜6人の
地元のおじちゃんが入っておりました。私が入っていくと気軽に声をかけて
くれて温泉の話などしましたが、とても嬉しく思いました。
風呂上がりに、げたを鳴らしながら近くを散歩しましたが、小川のせせらぎが
聞こえる程静かで、夏とは思えない程涼しく、自然のすばらしさというものを
改めて感じました。

 <御宿小野屋> おすすめ度 ●●●●●
  料理...山家料理 川たけ・ふきのおかし、うどのかすづけ、かわぜり
・みょうがとしそのぽんずがけ、とうふ・たまごのみそづけ 他 とにかく一
品一品、丹念に作っているのがわかります。
後で聞いた話ですが、大きいたにしの炭火焼きが出ていたのですが、
フランス料理のエスカルゴの代わりだと言っていました。つまり、山家料理
のフルコースを頂いたという事です。
朝食は、この宿の昔の玄関だった所で一席設けて頂きました。玄関脇には
番傘が並べてあり、壁にはここの宿の昔の主人と川端康成氏の写った写真
が飾られてありました。
この歴史を感じる部屋では、これまた夕食に負けない程、一品一品凝った
朝食を頂きました。
そして、今度は大女将から料理の説明や川端康成氏が訪れた頃の話を聞き
ながら頂きました。
夕食では山菜のどびんむし、朝食では最近この辺りでは取れなくなったとい
うぼけのみが美味でした。
  料金...16000円
  注目1..川端康成氏が好んで宿泊した歴史のある宿です。
ガイドブックに載っていた宿の外観から、昔ながらの温泉情緒をそのまま
大切に今迄保っている事が判断できたので、是非泊まってみたいと思って
いま した。
部屋数は、10部屋しかなく大女将によると、なくなった主人から一人客は
泊めないように言われていたという事でした。
私の場合、予約が早かったのと、8/11〜16の中で空いてる日があれば
、なんとか泊まりたいとお願いしたので、ラッキーだったのか も知れません

  注目2..ここの宿帳は、住所・氏名を書くだけではなく、旅行中の思い
出など、各人の感じた事が書かれていました。過去に泊まられた人達の
コメントなど読ませて頂きましたが、改めて旅行の良さがわかりま した。

HOME地域別温泉情報