13湯目【島根】K温泉(個人宅)



この温泉は、個人宅の温泉なので書こうかどうか迷いました。
しかし、素晴らしい応対を受けましたので感謝の意味も込めて、後々所有者に迷惑が掛からないように注意し書こうと思います。
そのような趣旨なので、温泉名と所在地は匿名にします。

湯元旅館を出てから、旅館の遠景を撮るために、三瓶温泉街の上の方に向かいました。
予定では、その後、三瓶温泉の町外れにでも車を止め、千原温泉までぶらぶらと歩いて行こうと思っていました。

三瓶温泉の入口の赤信号で停まっていると、年配の夫婦がこちらに向かって話しかけてきました。
話を聞くと、大田駅まで送ってほしいという事でした。今回は、そちら方面に行く予定はなく、どうしようかと思ったのですが、どうも困っているご様子。
旅先では私もよく乗せてもらっているし、送ってあげる事にしました。

車の中で話を聞くと、奈良から来たご夫婦で3連泊でさんべ荘に泊る予定だったのですが、全く同じ食事が2日続いたので2連泊にしたという事でした。
朝帰ろうとバスの時刻表を見ると、1時間程待たないとバスが来ないという事でした。1時間ぐらいなら、散歩でもしたらと思ったのですが、今から降りてもらう訳にもいきません。
完全に運転手になりきり、三瓶山周辺の温泉の案内などしながら、大田駅まで送ってあげました。

さて、このまま同じ道で帰るのもおもしろくありません。
昨年訪れた際、時間があれば調査してみようと思っていた温泉が一つあります。

1時間ぐらい掛けて泉源場所でも見つかれば良しと考えて、調査してみようと思います。
手がかりは古い地図帳に載っていた温泉名のみ。HPには何も載っていませんでした。
調査範囲は周囲約3キロ。まずは、車で探してみます。30分程走らせましたが、そのような看板類は見当たりません。

次に、車を止め、歩いて探しました。
ほとんど人に出会いません。昔からやっている酒屋さんや商店があれば聞けるのですが、そのような店もなく1時間が過ぎました。
ふと、先を見ると、郵便局がありました。ここで解らなければ諦らめようと中に入りました。

窓口の人、お客さんに聞いてみたのですが、解りませんでした。
その時、奥にいた局長さんが、そう言えば、昔そのような温泉があったような、と話しかけてくれました。
なんでもお寺の手前辺りにあったという事。お寺の人に聞いてみればという事で、お寺の場所を住宅地図で教えて貰いました。
このお寺は、カーナビにも載っていませんでした。

このお寺は境内を含めて広大な敷地で、急な細い上り坂が続きます。
車で行く事を諦らめ、歩いて行こうと思います。

しばらく行くと立派な民家があり、たまたま庭に男性がおられましたので、温泉の事を聞きました所、その人がこの温泉の所有者でした。
まさかいきなり見つかるとは思ってもなく、驚きました。今から思うと、すごく嬉しそうな顔をしていたのではと思います。

庭先で温泉の事を聞きますと、温泉宿は30年前に廃業し、その後そのままにしていたが、10年前に別荘として建て替え、温泉をお風呂に引いているとの事。
冷鉱泉で温めないと入れないとの事。決して、入らせて下さいとは言っていないのですが、そのような顔をしていたのかも知れません。
入っていく?コーヒーでも入れるから上がって、と。

建物はセンスの良い造りで、もしかしたら建築会社を経営されているのかも知れません。
居間やテラスで、コーヒーを戴きながら、当時の温泉宿の事を色々とお伺いしました。
当時は、この辺りの鉱山の人や漁師らが温泉に入りに来たという事です。お金の代りに魚や米を持ってきて入った者もいたそうです。
泉源地から温泉を樋で引いていたが、すぐに湯の華で詰まるので、掃除をさせられたと、子供の頃の思い出を聞かせて貰いました。



湯船
湯の華が湯船の底に溜まっています


お風呂場は、ユニットバスですが、5〜6人は入れそうな大きさです。
お湯はほとんど無色透明で、オレンジ色の湯の華が湯船の底に溜まっています。蛇口のお湯を味わってみますと、少し金気臭がする程度です。
前面はガラス戸が全開で、天井も太陽光が入るようになっています。
このようなおしゃれなお風呂に、このような温泉があるとは、おもしろい構図です。
30分程入らせて貰いました。



温泉分析表
当時の温泉看板


入浴後は、泉源場所や当時の看板や分析表など見せてもらいながら、話を伺いました。
ご主人はダンディーな男性で、奥さんは控えめで気さくな方でした。
押し入れから探し出した当時のタオルまで戴いて、本当にありがたい御持て成しを受け、良い思い出となりました。



泉源場所
タンクから溢れた源泉


明日、自宅のある東京に戻られるという事で、この別荘にはほとんど居ないとの事。すごくラッキーでした。

詳細は以下の通りです。

泉質  :単純温泉(低張性酸性冷鉱泉)
    泉水1kgで メタケイ酸:62.89mg
       成分総計:241.195mg  
泉温 :不明
湧出量:約10リットル/分(目算)
pH :不明
昭和37年12月 分析者:島根県衛生研究所

HOME12湯目【島根】三瓶温泉 湯元旅館14湯目【島根】千原温泉