12湯目【島根】三瓶温泉 湯元旅館



昨年に引き続き、今年も宿泊で訪れました。
(昨年の感想は、
こちらをご覧下さい)

宿は、三瓶温泉街から少し山間に入った所にあります。
宿の横の駐車場に車を止め、玄関先の池の鯉などを見ていると、出かけていた女将さんが帰ってこられました。

まずは、昨年出版した温泉本の取材協力のお礼を言い、近況を色々とお伺いします。
名古屋の80歳の男性が、その温泉本を見て、昨日までが10連泊していたという事。

絵画が趣味で、毎日西の原まで出かけ、定めの松を描かれていたそうです。日展入賞が夢という、良い老後生活を送られています。
女将さんも、温泉通のお客さんが増えたと喜ばれていました。



遠景
部屋


また、2〜3日前から蛍も飛び交っていますよとの事。夜が待ち遠しくなりました。

部屋に荷物を置き、まずは温泉です。
湯滝から豪快に流れ込み、排水溝で渦巻く光景、この豪快さは健在でした。
錆色に濁るお湯に肩まで浸かり、ゆっくりと時間に身をまかせます。



脱衣場
湯船




排水溝で渦巻き
湯滝から豪快に流れ込み




湯縁から溢れています


入浴後しばらくしてから、1階の食堂で夕食を戴きました。
地元の食材を使った料理が中心で、ボリューム的には多いほどです。
献立は、刺身(鯵・鯛他)・鍋・天婦羅・石見蕎麦・小鉢(山菜・山芋)・煮魚・フルーツ(さくらんぼ・キウイ)など。

食事後しばらくしてから、女将さんが蛍が見られますよと声を掛けてくれました。
宿周辺には、十数匹の蛍が飛び交っていました。少し山側に行きますと、全くの暗闇になりますから、源氏蛍の光がより鮮やかに見られます。
しばらく童心に戻り、1時間程見惚れていました。

その後、1時間程、貸し切りの温泉を楽しみ、休みました。

翌日は、朝7時まで寝てから、30分程朝風呂を楽しみ、泉源の見学に行きました。
昨年見た状態と同じで、パイプから大量の温泉が零れ落ちています。
手のひらで源泉を溜め、味わいます。鉄味・塩味・金気臭がほとんどなく、炭酸味が優っている飲みやすい温泉です。



泉源場所




炭酸味が新鮮です
タンク




9時前までゆっくりしてから、女将さんに見送られて、宿を後にしました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:三瓶温泉(志学温泉)
施設名:湯元旅館
所在地:島根県太田市三瓶町志学931−5
交通 :山陰本線大田市駅から三瓶行きバス約40分、三瓶温泉下車
照会先:0854・83・2215

泉質 :ナトリウム−塩化物泉(低張性中性温泉)
    泉水1kgで Na:708.8mg,Cl:1140.9mg,HCO3:395.9mg
    遊離二酸化炭素:348.5mg
       成分総計:2991mg  
泉温 :38.2℃
湧出量:2600リットル/分
pH :不明

駐車場:あり(4台程)
宿泊料金:8700円(1泊2食税込、平日・休前日とも同じ)

日帰り入浴時間:事前に要予約
日帰り入浴料金:500円

HOME11湯目【島根】塩ケ平温泉13湯目【島根】K温泉(個人宅)