11湯目【島根】塩ケ平(しおがひら)温泉/掛合まめなかセンター



同温泉は、掛合町の国道54号線沿いにあります。
温泉マークとまめなかセンターの看板が目印です。

建物はそんなに大きくないのですが、ここの地階にはトレーニングルームもあり意外でした。
日帰り入浴の営業時間(15時)の10分前に到着してしましたが、早めに入らせて貰いました。

受付の男性は親切な方で、チラシでここの温泉について詳しく説明してくれます。
11日と22日は夫婦の日で、入浴料金300円が200円になります。また、26日は200円になります。



外観
脱衣場


お風呂は、地階にあり、案内してくれました。
こじんまりとした脱衣場と浴室ですが、湯船は赤茶色をしており、なかなか良さそうです。
お湯を出して、湯船のお湯をかき混ぜてくれました。小さなサウナも付いています。

おじさんにお礼を言って、入らせて貰います。

赤茶色の湯船(1.5×2m)には、無色透明の高温のお湯がカランから注がれています。
味を確かめようにも熱すぎます。それでも、なんとか味と匂いを確かめました。
弱い塩味と甘み、そして苦味を感じ、匂いは微かに金気臭がしました。



湯船
湯船


湯船のお湯は、薄いオレンジ色に見えます。
湯船へのカランは3つ。湯、源泉、水と書かれています。しかし、蛇口がない。
ここのお湯は、どのように湯加減調整するのでしょう?

湯船のお湯は、どんどん熱くなってきます。全身浴と半身浴を繰り返し、30分程で上がりました。

分析表を見ると、泉質はナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉、弱甘味は炭酸成分がぬけたせいかも知れません。
泉温18℃、成分総計は6.57g/kgですから、湯船のお湯の感じからみて、加熱掛け流しと思います。
源泉と書かれたカランから注がれていたお湯は、加熱された温泉のようです。

湯量44.3リットル/分はそんなに多くありません。こじんまりとした湯船で、源泉を大切に使われていて好感が持てます。
欲を言えば、源泉のカランを設け、飲泉できるようにしてほしいですね。



トレーニングルーム



この後は、頓原温泉に入る予定でしたが、さすがに湯疲れしてきました。
場所確認をして、女将さんに挨拶だけして、三瓶山に向かいました。
西の原で、爽やかな風の中リフレッシュして、本日宿泊予定の三瓶温泉湯元旅館に向かいました。

詳細は以下の通りです。

温泉名:塩ケ平(しおがひら)温泉
施設名:掛合まめなかセンター
所在地:島根県雲南市掛合町掛合821−1
交通  :JR木次線木次駅から雲南市広域路線バス「吉田大東線」で約35分。(三刀屋バスターミナル乗り換え、平日一日7便)掛合下車
バス時刻表:
http://www.city.unnan.shimane.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AC020000&WIT_oid=icityv2::Contents::1182
照会先:0854・62・0231
泉質  :ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(低張性中性冷鉱泉)
    泉水1kgで Na:1420mg,Ca:278mg,Cl:1610mg,HCO3:1550mg,SO4:727mg
       ラドン(Rn)含有量 5.09×10-10キュリー/kg (1.40マッヘ単位/kg)
    溶存物質総計:5840mg,遊離二酸化炭素:722mg
       成分総計:6570mg  
泉温 :18.0℃
湧出量:44.3リットル/分
pH :6.3
駐車場:あり(10台程)

日帰り入浴時間:15:00〜20:00 毎週月曜日休み
入浴料金:300円

その他:毎月11日・22日は、いい夫婦の日ということで夫婦で400円
       10日・20日は、60歳以上の方は200円
       26日は200円

HOME10湯目【広島】ひばごん郷温泉 すずらんの湯12湯目【島根】三瓶温泉 湯元旅館